SP 警視庁警備部警護課第四係 第4話

あっれ~~~書いたはずの感想が消えちゃったヽ(;´Д`)ノ


まぁいいや。




今回もまたツッコミドコロ満載でしたねぇ。



1.2階でのテロリストとの攻防

これってどうでしょうね。
除細動器と食塩水でもってテロリストを電気ショックで撃退する。

まぁわからんでもない手段ですが、ドラマでも描かれていたように
テロリストが食塩水を素手で触らん事には意味がないですからねぇ。

普通にテロリストが階段を上がった時にはどうするつもりだったんでしょう。


しかも、井上達は3階近くの階段で待ち構えている。
3階のテロリストはどうしたつもりなんでしょう。

また、病院の階段はなっかなかに足音を消すのが難しいタイプのフローリング。

仮にSPの二人が大丈夫だったとしても
婦長さんがいるんですからねぇ。

まぁ婦長さんがSP並の隠密行動能力があるんなら別でしょうけど(苦笑)



2.大人しい人質

トイレはどうしたんでしょう(笑)



3.1階にボスを誘い出す井上の作戦

「SPを捕まえたから1階に来てくれ」

・・・私なら誰か部下に行かせますけど(; ̄∀ ̄)

なんだかねぇ。

これはどうしたものかねぇ。

このボスが

「人に向けて銃を撃ってみたかった」

これだけのために
それが罠であろうとも、引き金を引いたのであれば
まぁそれはそれで構いませんが

巻き込まれた人たちは人質、メンバー共々迷惑な話です(苦笑)



しかし、婦長さんはあの浴槽に何を注いでいたんでしょうか。
あまりよく見てなかったので

これについては湯川准教授に解説願いたいものです。


それと、病室に青い鍵らしきものをかけていたシーンがありましたが
あれは全く触れられていませんでしたねぇ。

結局、あれは何だったのでしょうかね(; ̄∀ ̄)




さて、ドラマとしてのアクションシーンの一番の見せ場は

4階での攻防


この時のテロリスト・赤城を演じたのが西冬彦さん。


もうバリバリのアクション派で

コンクリートの床を思いっきり殴っていましたね。



公式HPの逮捕者リストに書かれている内容を見ると
ではそれを3回もやって赤く腫れたそうです。

本人は全く気にしてなかったらしいですけどね。


後、岡田さんの膝蹴りは西さんの顔面に入っていたそうです。
でも、西さんは大丈夫。


理由:顔面を安全に蹴られる技術を習得した唯一の俳優だから


それはスゴ~~~イ(; ̄∀ ̄)


でもって彼の役名は元々「清水」だったそうなんですが
西さんの希望で「赤城」に変更したそうです。



理由:今まで演じた役名がずっと「赤城」だから


それもスゴ~~~イ(; ̄∀ ̄)


今度、映画「少林少女」にも出演するそうです。

もちろん、「赤城」って役名だそうです(笑)





それから現総理が今回の事件のイニシアチブを取ると
SPの強行突入を決行しようとしたようですね。

どうも嫌なものを感じます。

また、尾形もあの時
井上と同じようにあの現総理の笑いを見てしまったようですね。


彼もまた現総理に対して少なからず
違和感を感じているようですね。



さてさて、次回の警護対象はシルバー証券・大橋正次
今回、株でもってテロリストが儲けようとしていましたので
もしかしたらその絡みでしょうかね。

ちなみに大橋を演じるのはラーメンズの人。

チョット前にMacのCMで
かたっくるしいWindowsを演じていたあの人です(笑)


でもって次回襲ってくるのは今回清掃車に乗っていた4人組。


さてさて、どうなる事やら。

"SP 警視庁警備部警護課第四係 第4話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント