ホタルノヒカリ 第8話

今回の流れとして
冒頭の蛍の元気の良さから

まず腹肉は受け入れられたようですね(笑)


でもって、蛍とマコトの関係は

手嶋さん→マコトさん→マコト君

とイイ感じで進んできて
電話でもその雰囲気が伝わっていましたねぇ。




幸せな姿勢(笑)










もう一緒に暮らそうまで話が進んでましたねぇ。

最近はヘリを使って花火を上から見るコースとかがあるんですねぇ。

あんなデートなら二人の愛も深まりそうです(笑)



こうやって愛を築いていけば
二人ならきっと大丈夫・・・って











そう思ってたはずなのにねぇ。













ここに新たな登場人物。




でも、そーゆーもんらしい。

人と人が付き合うのは元々メンドクサイもの。

だから自分の嫌なとことか見せて
言いたい事とか言い合って
いっぱいケンカしないと分かり合えないから。

メンドクサイからと言って
相手と深く付き合わないと取り返しのつかない事になる。


かつての私のように。



この事に気付いただけで部長もたしかに成長したようです(笑)
それを蛍が言うのはお門違いかもしれんですけど(; ̄∀ ̄)














って事で自分の本当の姿を告白する爆弾を投げた蛍(笑)






でもマコト君はそんな自分を受け入れてくれた。
















だけどこの自分に会った途端












何も言わず去っていくマコト君。








残された蛍、ああ無残
















今回の教訓
百聞は一見にしかず








冒頭で部長がどんな干物男であっても
私は受け入れられる自信があるって言ったけど
その部長を見た途端NOでしたからね(笑)





マコトが何も言わず去っていったのも
自分の姿を見てしまったからだって思いが蛍には
あったのかもしれませんがね。


ただマコトの場合
蛍と高野部長が仲良くしてる姿を見てしまって
中盤の蛍のように束縛君と不信感君が「コンニチハ」してたのかもしれませんね。

自分はこっちの可能性の方が高い気がします。


まぁどちらにしてもマコトのあの態度はちょっとナイですねぇ(; ̄∀ ̄)


自分で決め付けてしまうよりも
まずは話し合う必要がありますね。

互いに二人で何でも乗り越えていけると言ったのであれば尚更です(苦笑)




今回は全体的にまとまりがついてない感じでした。


蛍とマコトの関係が上手くいってるようで
どうもギコチナイというか互いにいいとこしか見せていない関係に対して
高野部長が意見を述べる展開がひとつの流れになっていましたが

それがわかるようでわかりづらいような
とても微妙な描写だったように思います。

要ははっきりしないという事で(; ̄∀ ̄)ゞ


微妙な描写といえば神宮司と優華との関係もそのひとつですかね。
結局、どっちなんだよって感じですね。



一貫してるといえば
いつまでも元カノとの行動パターンに頼る田所君。

今度は「サイテー男」から「サイアク男」だそーです(大笑)



それと休日は仕事でしか時間の埋め合わせる事が出来ない男達。



次回は蛍が失踪するみたいで
山田姐さんも高野部長と蛍との関係を知るみたいですね。


まぁ蛍の場合、失踪と言っても
近くのコンビニで立ち読みしてるか
もしくは実家に帰ってひきこもりしてるのか
どっちかのような気もしますけどね(笑)



ただ二ツ木も言っていましたが、
部長は蛍にもしかしたらもしかするかもしれません。

だから次回はもしかしたらもしかするかもしれませんね。




後、こんなのも描いてみました。




う~ん、これはまだまだ修練が足りんかなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ


とりあえず、よく見てる方に判断してもらいましょう(; ̄∀ ̄)

"ホタルノヒカリ 第8話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント