風林火山 番外編 今川家の興りと桶狭間以降の今川家

毎度毎度イヤ~~~な雰囲気を醸し出す今川義元さんです。
今川家は名門とか言ってるけど
一体どういう名門?ってのがよくわからんと思います。

また今川義元と言えば桶狭間の戦いで戦死した人として有名ですが
その義元が亡くなった後、今川家がどうなったかってのは
あまり知られてはないところです。


で、今回はその辺りをちょいちょいとまとめてみました。




話は室町時代に遡ります(笑)

この時代は代々足利氏が将軍になっていました。
吉良氏は元々足利氏の血を引く人たちで
三河国の吉良という場所に住んだ事から吉良氏を名乗っています。

今川家はこの吉良家の分家になります。


この時代
「御所が絶えれば吉良が継ぎ、吉良が絶えれば今川が継ぐ」
と言われていた程、吉良家も今川家も由緒ある家柄だったという事です。

今川義元の武田家に対する見下し方はここからきているようですね。



この戦国時代の最中
吉良家と今川家は戦いになり、一時期吉良家は今川家の家臣となっていましたが
今川義元が桶狭間にて亡くなると三河に戻り、後に徳川家康に仕えます。

一方の義元の後を継いだ氏真は武田と徳川の侵攻を受けて大名としての今川家は滅びます。

その後、江戸幕府が開かれた折には徳川家の家臣として仕えます。


吉良家と今川家は名門の家柄という事で
幕府ができた時につくられた高家という役職に就きます。

高家というのは簡単にいうと
朝廷の使者とか接待とか幕府での儀式とかの
礼儀作法一切を取り仕切る役職と考えたのでいいです。


ここである時期までの今川家と吉良家の家系図をまとめてみました。



             今
             川
             義
             元
             │
             │
             氏
             真
             │
   ┌──────┬──┴──┐
   │      │     │
   │      │     今
   │  吉   │     川
   品  良   │     範
   川  義━┯━娘     以
   高  定 │       │
   久    吉   ┌───┤
   │    良   │   │
   │    義━┯━娘   今
   │    弥 │     川
   │      │     直
   │   ┌──┤     房
   │   │  │
   │   岡  吉
   │   山  良
   娘━┯━弥  義
     │ 清  冬
     │    │
     │    │
     今    吉
     川    良
     氏    義
     堯    央





この家系図からも分かるかもしれませんが
直房は子が早世したために岡山家から養子をもらい今川家を存続させています。

これは今川家とかに限った話ではないです。

この吉良家は代々上野介を名乗ります。


上野介といえば忠臣蔵というのが浮かぶと思います。

この家系図の吉良義央(きらよしひさ)がその吉良上野介です。


つまり、吉良上野介義央は今川義元の孫の孫の子って事になります。



大抵の忠臣蔵関連の作品では吉良義央はどこか相手を見下すとこがあって
意地悪かつ嫌みったらしい感じで描かれていました。




それは多分、今川家の血が濃いからなんでしょう(笑)







ちなみにご存知の方もいるかとは思いますが、
吉良義央は出羽国米沢藩から藩主の妹を妻に迎えています。

で、米沢藩の藩主が亡くなった折に吉良義央は妻との間に生まれた息子を
米沢藩主の後継ぎにしました。

この米沢藩の藩主というのが上杉家。


                        ┌───┐   長
                        │   │   尾
             今          上   桃━┯━政
             川          杉   姫 │ 景
             義          謙     │
             元          信     │
             │          ┌─────┘
             │          │
             氏          上
             真          杉
             │          景
   ┌──────┬──┴──┐       勝
   │      │     │       │
   │      │     今       │
   │  吉   │     川       │
   品  良   │     範       定
   川  義━┯━娘     以       勝
   高  定 │       │       │
   久    吉   ┌───┤       │
   │    良   │   │       │
   │    義━┯━娘   今   ┌───┴─┐
   │    弥 │     川   │     │
   │      │     直   │     │
   │   ┌──┤     房   │     │
   │   │  │         │     綱
   │   岡  吉         │     勝
   │   山  良         │      
   娘━┯━弥  義         │ ┌───┐ 
     │ 清  冬         │ │   │
     │    │         │ │   │
     │    │         │ │   │
     今    吉         │ │   上 
     川    良         │ │   杉
     氏    義━━━━┯━━━━娘 │   綱
     堯    央    │      │   憲
               └──────┘




上杉謙信の子孫って事になります。
上杉綱憲は上杉家の当主としては当然の事ながら
吉良家、今川家共に縁がある人物という事になります。

つまり今川義元の孫の孫の孫です(笑)


大名家に限らず武家はこうして他家と婚姻の繋がりを作る事で
もし、一方の家の後継ぎが絶えた場合に婚姻関係である家から
そこのお子さんを養子として後を継がせる事が出来ていました。




こうして見ると人の縁ってやつは妙なとこで繋がってくるようです。

"風林火山 番外編 今川家の興りと桶狭間以降の今川家" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント