パパとムスメの7日間 第2話

今後は
ムスメになったパパ⇒ムスパパ
パパになったムスメ⇒パパムスで(; ̄∀ ̄)ゞ


双眼鏡でムスパパをチェックするパパムス。


で選んだ映画館が渋すぎるわぁ。

あの年代は自分もあれは知らんです(; ̄∀ ̄)ゞ

それにしてもムスパパは学生時代
映画同好会に入っていたらしくバリバリにウンチクを披露。

で、パパムスは妄想全快。




ドレス姿の舘さんサイコー≧∇≦


女性と会う時どうすればいいか
分からなかったという先輩につい彼の弁護をしたムスパパ

ムスパパもかつて同じような経験をしたらしいですね。

ちなみに自分も時々「勿の論だよ」ってフレーズを使います(; ̄∀ ̄)ゞ



で話題は二人が好きな読書に。
司馬遼太郎かぁ。

最近の高校生はそんなん読むんかぁ。
ちなみに自分が学生時代に読んでいたのは
池波正太郎の「剣客商売」に藤沢周平σ(゚∀゚;


まずパパムスには縁のない世界です(笑)


それから食事に誘われるムスパパ

断固反対なパパムスだったけど

これで先輩との関係も終わるかもしれないよぉ~っていう
駆け引きにパパムス撃沈_| ̄|○


でもって食事を摂るレストランでムスパパの作戦が始動。


たらふく食って無視することで先輩との仲を壊したいらしい。


当然、ムスパパの作戦に気付いているパパムスだけれども
なんとか阻止しようにもどんどんレストランで孤立状態。


「許せ小梅。全てはおまえのためなんだ(-人-)スマヌ」



でも、先輩にとってはムスパパのそんな行動が良かったらしい。


ムスパパの作戦は全て裏目(;・∀・)


パパムス(≧∇≦)b ガッツポーズ




そして先輩がパパムスに告白しようとしてる。

半年前からずっとずっと先輩を思ってきたのに。

でも・・・でも・・・

それが自分だけど自分じゃない。



そしてパパムス介入ε≡≡ヘ(;゚∀゚)ノ


ムスメの恋人を受け入れるパパムス。
でもって先輩の肩なんか抱いて歩いたりして。

完全有頂天状態。


そうしてムスパパの思惑とは違って先輩とのデートは大成功


パパムスに「上手くやってくれてありがとう」って言われて
ムスパパ感動(T▽T)




さて、一方のパパムスは日曜出勤。
パパんとこでやってる新規プロジェクト
スーパービューティーシリーズ

パパムス曰く「欲しい気が全然しない」

パパ達の会社ではそれは皆が思っていえなかった事らしい(; ̄∀ ̄)

パパムスの会社では社運をかけたプロジェクトを立ち上げたけど
新規分野と言う事で誰もやりたがらない。

何せリスクが高いって感じで。

たらい回しのように回された泥船がパパに回ってきたらしい。

そんな事はパパムスには言えないなぁ。

父の威厳ってものもあるけれど。



でもってパパがママを避けてるみたいだと思ってるようなんで
ちゃんとコミュニケーションをとるように行ったら
パパムスはハグまでやってます。
「愛してるよ♪」



ムスパパ「・・・やりすぎだ(; ̄∀ ̄)」




で、パパムスは会社に着いたものの
やることなしでつまんな~い


すると部下がアンケートのデータを消してしまったらしい。

誰のせい?誰のせい?誰のせい?
といううちに全てがパパムスのせいσ(゚∀゚;エー




このままだとパパ、リストラ
  ↓
お金がなくなる
  ↓
ムスメ、学校を辞めないといけなくなる
  ↓
先輩とも友達とも別れてしまう事になる
  ↓
それは嫌だ(; ̄Д ̄)


という事でパパムスはムスパパの携帯経由で
各友達にアンケートをやってもらうようにお願い。


でも、メールは一通り送ったものの
アンケート結果に応答がない。


すると6時を過ぎた途端にたくさんのアンケート回答が入ってくる。


どうも、みんなちびまる子ちゃんを見てるらしい(笑)


そんな次第で
どうにかアンケートも間に合って仕事をやり遂げたパパムス。



その帰りに西野さんから今晩付き合ってって。


二人が一緒に帰るとこを見かけたムスパパは尾行。



西野さんのいつにない表情に何だか嫌~~~な予感を感じるムスパパ。

パパムスは全然気付いてな~~~い



いやぁ今回も笑わしてくれます。


ムスパパが「勿の論」だよっていうやつ。
私は「論の外」だよとか「Out Of 眼中」とか
言うんですけど、これって自分もパパに近いんかなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ


でもってパパムスは異性との会話はやっぱお手の物みたいですね。


そんな中、今回グッときたのは
パパムスとムスパパが共同でピンチを乗り越えた事ですね。

パパが働いているからムスメは学校に行ける。
パパが働けなければムスメは学校に行けない。


家族は運命共同体


なんかいい言葉ですね。


自分の事ばかりでなく
皆で協力してやろうっていう姿勢はいいですね。

また、ちょっと二人の距離が近付いたようです。

"パパとムスメの7日間 第2話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント