LIAR GAME 第3話

2回戦に進んだ直。
そこに現れた秋山。

彼はタカダと名乗る女性の代わりに参加したという。
タカダは1億円の小切手を返しにゲームから手を引こうとしたのだが
返した相手=Xが事務局の人間と偽り、タカダから
1億円を騙し取った訳でタカダは参加を余儀なくされていた。

それで秋山が彼女の代理として参加したという。


ゲームは少数決。

22人で参加する。


このゲームのリハーサルで出された質問


「貴方は女ですか?」


参加者のうち、女性は9人。

直は「Yes」と答えた。


しかし、結果として「Yes」は多数派となってしまった。



このゲームは質問に対して真実であろうと嘘であろうと
どちらでもかまわない。
だから、男性が「Yes」と答えてもかまわない。


要は答えた数が少ない方になればいいという事だ。



制限時間は6時間。



ここで秋山が考えた必勝法。

それは仲間を作る。

8人でチームを作る。
そこで均等に「Yes」と「No」に人数を割り振っていく。





○○○○○○○○●●●●●●●●●●●●

○:秋山のチームである人間
●:秋山のチームでない人間



全部で人数は22人だから
1回戦は一番多くても10人になる


○○○○●●●●●●


2回戦は一番多くても4人になる。


○○●●


3回戦は1対3で勝負が決するからチームから一人が残る。


ただし、これには前提条件があって
このチームを組んだ8人が仲間割れをしない限り
延々と2対2で続く可能性もある。

それに元々口約束だからね。


1位になって21億円を手にしたら
3回戦に進まない代わりに賞金の半額を返金。
そこから残りの10億5千万円を7人の敗者の借金分、計7億円を差し引く。

残り3億5千万円を8人で分ければいい。

一人当たり4375万円。



ただ、問題はこの8人が裏切らないって事が前提条件。

この中にはタカダから小切手を奪い取ったヤツ=Xがゲームに参加している。

そいつはもう借金が怖くないから
簡単にこちらを裏切ってくる可能性が高い。

だからそのXを8人の中に入れてはいけないという。


タカダの情報からXは女性らしいという。


そこで、その情報を基に直はイシダという女性が怪しいと感じる。



そうして8人のチームは直を除いて全員男性となった。




そうして本番が始まった。


「海と山なら海がいい」



「Yes」10人
「No」 12人


―――何かおかしい。

秋山が漏らした。

次が6対4に分かれるようなら、
俺の想像している最悪のシナリオで動いてる可能性がある―――。




なるほどですねぇ。



たしかにこれは怪しいですね。



おそらく秋山の最悪のシナリオ。
10対12で次が4対6になるのであれば
考えられる可能性は


(以降私の予想ですがネタバレになるのかもしれんので文字反転↓ )

相手も同様にチームを組んでいるという事。


しかも、「こちらよりも多い人数という場合で」と
考えたのかもしれませんね。


じゃないとこんな人数になるって事は早々偶然でもならないでしょうね。



そしてXですが、たしかに鈴木浩介さん演じるツカハラは怪しいですねぇ。

彼ならば顔を隠しさえすれば
体型と髪型からして女性と勘違いされても違和感はないかもしれません。


そして、もうひとつの問題は
ツカハラが実は相手チームと繋がっているとすればという場合です。


つまり、3回戦参加時で

○○●●
↑↑
アツ
キカ
ヤハ
マラ


だったのが実は



○●●●



だったという展開です。

こうなると少数派で競っているのにいつのまにか多数派が勝利するという展開になりますね。


それなら、賞金の山分けとか
敗者に対する弁済は?
14人だと次の試合をキャンセルすると賞金の半額戻さないといけないし
それだと敗者の弁済は無理だよ

とかを考えてしまいますが



・・・結局、クチ約束ですからね(笑)


それにXが勝ち残らなくてもいいんですからね。


まぁ残り14人が全員グルだったという予想をしましたが
別段14人全員という訳でもなくても・・・・・いいのかなぁ(;・∀・)


まぁとりあえずそこまでの考えはパッと浮かばないので
14人全員がグルという前提でいくとして

2回戦の勝者となった者は3回戦に進ませて
賞金から14人分の借金を差し引けば残りは7億円。
この前提は15人なので

一人辺り4666万円。

こっちの方がまだおいしいですからね。
それにXにはタカダから奪い取った1億円があるのですからね。




さぁ来週は
自分の予想がどこまで当たっているか楽しみにしたいですね(;・∀・)ドキドキ

"LIAR GAME 第3話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント