華麗なる一族 最終話

管財人が決まった。
帝国製鉄の和島所長。

管財人となった彼は取締役の解任を行った。


そうして解任を免れたのは一ノ瀬工場長一人だった。



あなたはもう当社の社員ではありません。
管財人であるこの私です。


これも父の差し金ですか。


ご確認頂けたようですから失礼致します。

彼は笑った。




このように阪神特殊製鋼の非が大々的に報道され
大介の名誉が認められた。



・・・わずか10分でこの急展開か(苦笑)




さて、父と息子の最期の会話。


祖父は私ではなく鉄平の才能を買っていた。

もし、おまえが私の息子だったら、こんな戦いはなかった。


おまえもつらかったろう。
でも、私もつらかった。

理性的におまえを自分の息子だと思おうとした。

でも駄目だった。

そのとき、思った。

―――おまえが生まれてこなければ。


おまえが生まれてきた時からこういう宿命だった。







僕の思いが父に届かないと知った時

自分がしてあげれる事。



―――おまえが生まれてこなければ。





あの山の麓で彼は右足の靴を脱いだ。



鉄平を太陽が照らす。





合併による都市銀行の記者発表の最中、
鉄平が猟銃自殺をしたとの連絡を受けた。


ご子息の死亡診断書


・・・どういう事だ。
B型だと。


鑑識の調べですからB型に間違いありません。


銀平は言う。
「兄さんを殺したのは僕とお父さんです。」


早苗は泣きながら父に手紙を渡した。



思えば僕の人生の中心にはいつも父がいた。
父に愛されたかった。
父にかまって欲しかった。
父に認められて欲しかった。

もしかすると必死に夢を追いかけたのも
満たされない思いを埋めるためだったのかもしれない。

もしかすると父が生まれた事で受けた傷を


全ての不幸は僕が生まれた事だ。

それに関わる周囲の人々を傷つけてきたかと思うと

僕は生まれてきてはいけない人間だったんだ。

なのに母は僕を生んでくれた。
感謝の思いで一杯だった。
夢を追ったこの2年は僕の誇りだ。
支えてくれた全ての人に心から感謝する。
そして迷惑をかけたすべての人に心から詫びる。
これを機に父にも母にも楽になって欲しい。

これで万俵家全ての忌まわしいものから消し去って欲しい。


憎み合っていても
僕の父親は万俵大介だった。

せめて一度、お父さんに微笑みかけて欲しかった。





神戸特殊製鋼にまた火が灯る。



あなたは新銀行と引き換えに大きなものを失った。


息子である鉄平
そして銀行家としての夢―――。






まず、見終わった後に思った率直な感想として






泣けなかった事に泣けた(TДT)

これを言うことになってしもうたなぁ(; ̄∀ ̄)ゞ

見事に大河で流した涙が乾きました(; ̄∀ ̄)ゞ


おそらく
泣きたくても泣けない同盟が成立しそうな気がします(; ̄∀ ̄)ゞ




まず全体的に大介サイドの動きが終盤に来て唐突な印象を受けたのだが
この辺りはあまり描くと誰が主人公なのかわからなくなるからかもしれないという
とこが考えられますね。


己の死でもってしか万俵家を救う事が出来ないと考えるようになってしまった鉄平。

ずっと祖父の息子だと思っていた鉄平が本当は自分の息子だったと知る。
運命は残酷だ。




・・・その残酷さがあまり伝わらないんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ





自分が生まれてこなければ良かった。

自分がいればそれだけで周囲の人を傷つけてしまう。

そうして結論を自分の死に見出した訳ですが、なんとも悲しい結論ですね。

そして一番の彼の不幸は

自分が父・大介の子ではないと最期まで思って亡くなった事ですね。


あまり異論を挟む余地がない感じになりましたがあるとすれば




石を投げても逃げる事のない将軍。

・・・鉄平と同じで逃げる事を知りません(笑)



それと息子の事で申し訳ない気持ちで一杯だった大介ですが
その割りには後日談でのその苦悩が見えなかったとこくらいですかね。



思わず笑ってしまった事については
金田さんらが三雲頭取を追い落とすシーンに
先程の大河ドラマのワンシーンを思い出して
ちょっと目がウルウルした事くらいなもんで(苦笑)


後、警官役に前田吟さんが出てましたね。
個人的には武田さんもその横にいて欲しかったかな(笑)



ドラマの内容としてはそんなものですが
一番の原因は




予告



これに尽きます(苦笑)
やっぱ見せ過ぎはよくない。
大体想定の範囲内の内容でしたからね。

やはり見せない事も必要だと思うんですよね。







余韻を含んだエンディングになりました。
特に大介サイドにとっては。

個人的にはあの後が見たかったかなって思うのですがね。

まぁ原作通りといえばそれまでなんですけど。
最後はとりあえずキレイにまとまりました。



風の噂ではこの作品の映画化の話もあるんですがね。
もしかしたら続編って感じなのでしょうか。

そうだとしたらちょっと気になります。

ほんのちょっとだけ(笑)



最後に以前描いたやつを手直ししてみました。
散々手を尽くしましたがこれが限界(; ̄∀ ̄)ゞ







全然似てないなぁと思いつつ
消しては描いて消しては描いてと繰り返した結果がコレ。




まぁ一言言うとしたら
敬介の肖像画よりはマシかな(; ̄∀ ̄)ゞ

華麗なる一族 [DVD]

"華麗なる一族 最終話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント