ヒミツの花園 第8話

イメージアップのために編集長がリークしたようなんだけど
どう考えてもイメージダウンとなって
売上が減少してしまう可能性が大のようですねぇ。

イメージアップのためには形振り構わぬ編集長。


インタビューを受けてイメージアップを図るべき。


そこでやってきた強力助っ人の元・編集長。
ガンガンに仕切ってますねぇ。
流石は元・ファッション雑誌の編集長。


何故か修は紋付袴(笑)


「片岡修の時代が来るねぇ。」(ナイナイ)
すっかりノセられてる修ちゃんです( ^▽^)




まぁみんなどことなく笑顔が固いんですけどね。



そういえば4兄弟はちゃんとした写真がないらしい。




なんか一郎くんと亮子ちゃんはイイ感じです。


この7年間、花園ゆり子を守ってきたはずだったのに。


あいつは上手くやってんじゃないの?
(本当かなぁ(;・∀・))




インタビューもキッチリされているようだし
これでまた元の生活に戻れる・・・・・と思いきや


どうやらそうでもなかったらしい。


売上アップになって編集長はすっかり舞い上がって
「花園ゆり子」との約束も速攻で破るようですね。

ホント、信用のできない輩です(苦笑)




皆さんモミクチャです。

修にとってはチヤホヤされてすっかり浮かれてます。

でも、航は注目される事でいずれ敵をつくる事になるという。



「龍二くんへ」で(-人-)します。


よろしくお願いします。(by謎の男)





修が喜んで取材に応じたのは


日本妖怪協会略してNYK





そんなんあるんかいなぁ~と思って検索してみたけど
全然見つからへんかった。


















でもね。


















世界妖怪協会はあったよ(≧∇≦)b




世界妖怪協会公認ポータルサイトってのもあったし。

それがこちら



世界と名がついていますが
主要メンバーは水木しげる先生に京極夏彦さん、荒俣宏さんと
この辺りは大御所の方々が勢揃いしてますね。

世界だけどみ~んな日本人ですが何か?(笑)


鬼や河童とかの話でも盛り上がるんだろうなぁ。




まぁそれはそれで(つ´∀`)つおいといて



そうして修と智はNYKの対談。
完全に浮かれてしまってます。


取り残される航と陽。



注目されるのが嬉しかった修。
認められたい。
片岡修として認められたい。


今は何ともない。
15年前の話、誰も覚えているはずがない。


ああいう事辞めてもらえませんか?

僕達の仕事はマンガを描く事です。


これ以上あいつらを煽るような事は止めて下さい。

僕らはずっとたった1つの事を大事に生きてたんです。

それをあなたが無茶苦茶にした。




私はわかりたいんです。



そんな事、簡単に口に出すのは止めて下さい。迷惑です。







なんとなくわかってきたぞ。4兄弟の秘密。
そーゆー事か。



たしか設定では陽は18歳。
15年間隠してた秘密とこれが符号するのかってのも気になるとこかな。




それにしてもガッサンは航の事が気になるみたいですね。

航の胸を借りて泣く事ができたのに
智の胸を借りる事はなかったですからね。



ちなみに亮子ちゃんは智と一郎ちゃん、最後にはどっちを選ぶのでしょうかね(笑)

"ヒミツの花園 第8話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント