たったひとつの恋 第8話

今回に関する想定外

・棚田さん、自分のした事をとっても後悔していた。
・棚田さん、弘人の工場に戻ってくる。
・阿南さん、登場せず。



今回に関する想定内

・父親は池内さんを菜緒の結婚相手にしようとした。
・アユタは菜緒が好きだった。



今回に関する疑問点

・母親の借金、どうなった(゚Д゚)?







とりあえず、このドラマでは二十歳を取り上げる事で
挫折、ショック、等々

「思いだけで生きていける」

そう考えていた自分の価値観が崩れていく。
大人に一歩ずつ近付いていくという事なんでしょうかね。

なもんで、親が自分の思いに反対するという事に強く反発してしまう。

自分もそういう時期はあった。



何でそんな風に勝手に決め付けるんだろうってね。



いつになったら、この呪縛から解放されるんだろうともね。





今から考えれば、結局のとこ自分の事しか見えていないという事なんやろうね。

人生を甘くみていたという事なんやろうね。

そこが伝えたい事なんやろうねぇ。














このドラマはもしかしたらこれだけなんかもしれん(; ̄Д ̄)









そうそう。
先程、公式HP次回のあらすじが書いてあった。




・・・( ゚д゚)え?




・・・・・・・なんだかなぁ。
この展開だと今回の想定外も今回の疑問点もうやむやになる可能性大だな。





次回の予告によるこのドラマの推察。

「たったひとつの恋」=
「あすなろ白書」+「ビューティフルライフ」


結末はどっちになるんかなぁ(苦笑)

"たったひとつの恋 第8話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント