家族 第6話

そうきましたか。

ぶっちゃけ、ビックリしました(笑)




森田さやかは佐伯さんの奥さんが養子に考えていた子やったんやね。






実は二人の間にはもう一人娘がいるとか
もしかしたら佐伯さんが広島に転勤してた時に
浮気して出来た子だとか色々と考えてきたのですが
・・・わし、完全勇み足(; ̄Д ̄)





それにしても、スーパーでいわしハンバーグを売ってた亮平が
前触れもなくフランスへ出張Σ(゚д゚;ノ)ノ







・・・何ですか?その展開(; ̄Д ̄)
唐突ですねぇ(苦笑)

亮平はフランス語が堪能だったんですね(゚Д゚≡゚Д゚)ソンナ設定アッタ?






そうして離婚調停の最中、
上司・須永慶さんよりフランスへ2年行ってくれないかって。
海外赴任ってやつですね。



・・・何ですか?その展開(; ̄Д ̄)
いくら何でも早過ぎだよ(苦笑)




家族は大事。
できれば一緒に暮らしたい。


でも、裁判になれば、どちらかが勝つまで
戦わなければならない。

その終わりには互いが憎しみ合うようになっている。


そんな状態を見て一番傷つく人=悠斗。


亮平が一番守りたいと思っている人。



そうして彼は離婚を決意するんでしょうね。
たとえ、別々に暮らす事になっても
お父さんは悠斗の事、大好きだから。

そう息子に言って。



さて、一方の理美もなんだかフラフラしてきましたね。


離婚調停で自分を守ってくれた亮平。

そして、親友との亀裂。

また、仕事では自分の仕事が認められたと思っていたのに
結局のところ、自分は踊らされていた事に。

その事が亮平と住んでいた時と「また同じ」という
思いがあったのでしょうね。



その時、理美は悠斗が描いたりんごの絵を思い出す。



あの場所には理美がなくしたものを取り戻すかもしれない
思い出が詰まっているようですね。





ただし、ちゃんとお断りを入れないと
勝手にりんごを取ったら、お百姓さんに怒られるよ(; ̄Д ̄)




何か展開的に
「やっぱり亮平と一緒にいたい(_ _(--;(_ _(--; 許して」
家族三人フランスに行くっていう感じがしてきたんだけど
どうだろうねぇ。
この予想通りに行くのになんとなく釈然とせんなぁ。
全てが理美のわがままにしか見えないからなぁ。


どうなるんかなぁ(; ̄Д ̄)

"家族 第6話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント