クロサギ 第6話




ここんとこ期待していたドラマが中だるみしているのかイマイチだったので
特に期待していたクロサギを応援するという事でトップ画面を変えてみました。
ちょっと画像補正して暗くしたりしてね。
それと、前回の氷柱が描いた?黒崎のイラストをちぃとばかしアレンジしてみました。
今回のお話ですが、率直に言って
哀川翔!
私の山P
ナンテコトしてくれんのよ(#゜Д゜)!!
カオはヤメテぇ~~~~~(;´Д`)!!!

というかりんさんの声が聞こえてきそうでした。(笑)

それと氷柱がコーヒー豆を持って歩いている時、
梯子から人が落ちてたけど、あれ大丈夫だったのかなぁ。(;・∀・)


さてと、まずは今回のターゲット・佐多について。
共済で1万円預かり最初に誰かを紹介すれば2000円戻ってくる。
後は入会した人がいれば500円ずつ戻ってくるという謳い文句。
一応運用はするとはいっているけど、運用は全くしてない。
つまりマルチ商法紛いの詐欺という事なんだな。
このドラマでは市内の会長さんはおろか警察署の署長まで加入しているというのが
なんとも滑稽な話ですな。




う~ん、やっぱどこか違うねぇ。(;・∀・)
もう一回描き直そうかなぁ。

では、黒崎の手口を簡単に。

1.黒崎は営業できなくなった西木更津信用金庫の社長の坊や(一応役員)に
  ファンドマネージャーとして近付く。

2.父親の印鑑を委任状に押してもらえれば1000万を渡すと言って父親(社長)の委任状を得る。
  ちなみに委任状の名前は「神海宗太郎」

3.佐多に近付き、西木更津信用金庫の買収を持ち掛ける。
  一応の目的は外資関連企業の融資だと言っておく。
  佐多としても西木更津信用金庫を買収すれば、詐欺で得た金を融資だと言って
  貯金する事ができるためにおいしい話なので、買収を了承する。

4.佐多に改築中だと言って西木更津信用金庫の建物を見せる。
  佐多は改装中という事で満足するが、実際は改装中ではなく解体中

5.佐多に西木更津信用金庫の買収金として
  「神海宗太郎」の口座に6億円振り込ませる。
  ここがミソなんだが、同姓同名でも口座は持てるんよね。
  黒崎は自分で「神海宗太郎」を口座を作ったのだから、
  佐多に振り込ませた「神海宗太郎」の口座を管理しているのは黒崎。
  つまり黒崎は佐多の手によってまんまと6億円を手に入れたという訳やな。

そして佐多が西木更津信用金庫に着いた時には解体されて野ざらしの更地があるのみ。
恋愛に時間をさかずに、詐欺の手法の点をもうちょっと描いてくれるといいと思うんですがねぇ。


そしてもうひとつ、神志名将の過去。



まぁ雰囲気がなんとなく似てるからいいやぁ(;・∀・)

さてさて、35年前、野添将は野添進一郎の子として生まれた。
しかし、父は詐欺師だった。

野添将が2歳の時、父は逮捕された。
彼の将来を心配した母はある一計を立てた。

野添将を2歳で死んだ事にして
神志名家は将を実の子として届け出た。

だから実際の年齢とは2歳の差がある。
野添将は抹殺された。
そして神志名将としてまったく別の人生を歩いてきた。
彼もまたシロサギによって人生を狂わされた男だった。

彼が佐多を追っているのは彼の手口が自分の父親と同じものだったから。

そこで佐多を逮捕するために
佐多は西木更津市の住人を対象にした無認可共済なので
西木更津市の住民ではない人を勧誘して共済を加入させた場合、
保険業違反として逮捕する。
つまり詐欺ではなく別の容疑で逮捕する別件逮捕。
そして神志名は西木更津市周辺の町を歩き、遂に
西木更津市以外の住人が佐多の共済に加入している事実を掴む―――。


なるほどねぇ。
しかし個人的なツボは戸籍にあった住所が鹿児島だったという事かな。
哀川さんも鹿児島出身だからね。


そして神志名と黒崎。
互いの過去を知った二人。
いつものように黒崎が「法学部の教授になりなよ」と
すかした対応をしていると・・・


。・゜・(Д`(⊂(゜Д゜ 

。・゜・(Д`(⊂(゜Д゜ 

。・゜・(Д`(⊂(゜Д゜ 

。・゜・(Д`(○=(゜Д゜ 

。・゜・(Д`(○=(゜Д゜ 

。・゜・(Д`(○=(゜Д゜ 



神志名の逆鱗に触れたようですね。


ゴスゴスボコボコです。(;・∀・)
山Pファンの悲鳴が聞こえてきそうだなぁ。
あんなにお顔を腫らしてねぇ。

あそこで氷柱が現れてなかったらどうなっていた事か。


しかし・・・やっぱ哀川さんはこうでないと(笑)
ああ、哀川さんのヤクザもんよく観てたからなぁ(;・∀・)


一方、桂木はというと心臓が悪そうだねぇ。
早瀬にお薬をとってこさせたりしてね。

「もっと楽しませてくれ。そしたらこの心臓をくれてやる」かぁ。
相変わらずええとこもってくわぁ。
何も知らない振りしてしっかり知ってるんだからなぁ。
早瀬も彼の事を心配してるようですねぇ。


さて、次回のターゲットはというとインチキ霊能力者。
そして黒崎のクロサギの始まりが見れるようですね。
ちょっとだけ気分が盛り上がったかなぁ。

"クロサギ 第6話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント