神はサイコロを振らない 第5話

何故なんだ~ノーマージーン~俺の事~♪
いやあバービーボーイズのCD買っちゃいました。
懐かしいですねぇ。
10代の頃はよく聴いてましたねぇ。
あの頃はたくさん夢がありました。
さて、今回は「十年前の情熱を今も持ち続けていますか」
私はハイですね。
未だにこうして絵を描いているのが何よりの証ですから。

今回は珍しくテツと別れた直後の夜から描かれてました。
理性と感情の間で右往左往するヤッチ。
その行動にイライラした加藤先生がヤッチを捕まえて説教しましたね。
もっと感情だせよと。

黛ヤスコの言葉に
『泣いたり喚いたりできたらどんなに楽だろう』

これはもう切実にわかるなぁ。
悲しい出来事のはずなのにどこか冷めた自分。

そうこうしてるうちに弟君から電話。
「覆水盆に還らず」
テツが黛家を出てくと言ってひっちゃかめっちゃか。
そして
テツVS菊坊の対決?!
結果は菊坊 WIN!

そして故事成語ですね。
燕雀 ( えんじゃく ) いずくんぞ 鴻鵠 ( こうこく ) の志を知らんや
(意味) 小さな人間には、大きな人間の志がわかるはずがない。
by 史記


この夜遅くにリョウくんのお父さんを探す事にしたヤッチ。
そこにテツとアッチも参戦。
ああだこうだと二人が言い争った後、アッチのまとめ。

テツはダーッバーッ、アッチはクドクド。

ちょいとアッチにトゲがあるよね。

2006年のヤッチはどうも理屈ばかりコネている。

そして長崎のモモコはお父さんにお母さんのいる東京へ自分の貯金を使って行く事を提案。
お父さん「モモコ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ッ!!!!」
感動して泣いたのか、交通費の大半(ほぼ100%)を自分が出すから泣いたのかはわかりませんが。(苦笑

そうしてヤッチとテツは二人してリョウくんのお父さんの捜索。

大声を出すテツにヤッチが一喝。
オマエは山男かと。
テツ、言ってやれ。おれは世界的に有名なクライマーだと。

Σ(゚д゚)オイオイドラマが違うがな。

張り切ってリョウくんのお父さんを探そうとするテツに
ヤッチ「リョウくんのお父さんの顔知ってんの?」
テツ 「・・・・・(;・∀・)」
テツ 「フッフッフッフ」
ヤッチ「何よ」
テツ 「持ってきたんだよ~」

ええわ、この掛け合い。

そうこうして二人は公園でリョウくんのお父さんがいたと思われる場所を発見。
ここからだと飛行機が見えるんだよねぇと感慨深く語るヤッチに
テツはふと、もしかしたらヤッチもこうして飛行機を見ていたんじゃないかと思う。

そうしてリョウくんのお父さんを発見!!!
そこでヤッチはしがみつき。凄いですね。

一緒に風呂に入ったテツが絶叫?していたようだから、よっぽど凄かったんでしょうね。

今の自分の不甲斐なさに息子に会う気持ちが削がれている父に
同じ境遇の立場としてヤッチが
「後悔して欲しくない。会いたいという気持ち以外は欲しくない」
その言葉にテツも応える。
「どうにもならない事に負けないで下さい」

皆、リョウくんのお父さんを通して自分の気持ちを伝え合っているという空気がいいねぇ。

こうしてリョウくんは無事お父さんとご対面。

そこにヤッチは瑠璃子をお父さんの前に連れて行く。

「絶望のどん底の中、私を救ってくれたのはあなたのお母さんから貰ったCDでした」

これでお母さんを見る眼が変わった瑠璃子。互いのわだかまりが解けて良かった良かった。

その夜、3人での帰り道。

Q.ヤッチは絶望のどん底を救ってくれたものは何ですか?
A.テツから誕生日に貰った指輪。

アッチは聞く。どうしてそんなに理屈っぽくなるのかと。
昔なら100個の事をやってやると思っていた。
でも今は自分ができるのはそのうちの10個。
自分の限界。自分をわかってきた。そうやって年をとってきたと納得しているヤッチ。
でもね。やっぱりどうしようもない事には負けたくない。
諦めたくない。
なかなか情熱ってのは消えたと思っていても消えないね。

そしてアッチがテツとヤッチに送ったのは東京ワンダーランドのチケット。

ヤッチの封筒にだけもう1枚、コメントがあった。

「観覧車でチューしておいで」


前回のアッチの妄想フルパワーが伏線となって今回はそこでしっかりオチがついたな。


さて、柚子と愉快な仲間達、瑠璃子、ショウくんと甲斐くんの弟さんのお話は大分落ち着いたのかな。
後はあのバカップル?とベンガル夫妻。
どちらもなんか秘密を抱えてるようですねぇ。

次回はヤッチ&テツの漫才が見れるようです。


神はサイコロを振らない 第4話
神はサイコロを振らない 第3話
神はサイコロを振らない 第2話
神はサイコロを振らない 第1話

"神はサイコロを振らない 第5話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント