輪舞曲 第1話

しょっぱなから2時間かぁ。
面白かったよ。やっぱ竹野内さんのみならず脇を固める役者さん達がまたいいんだな。
ただ、それにしてもいやぁな予感がするなぁ。
画面構成というか、この映像の演出。


あの「逃亡者」のスタッフだろ?(汗)


とりあえず今回は自己紹介等を兼ねたというのもあったんで
見れてはいるが、この先、どんどん酷くなってくるような予感がする。
できればこの不安を払拭させてほしいな。
映像にばかり力を入れず、内容を練っていってほしいね。


あの「逃亡者」の二の舞は止めてくれ(大汗)


しかし、なんだなぁ。
刑事役の一人が光石研さん。
「食いタン」では1話きりなんだろうけど犯人役。
「時効警察」では怪しい鑑識官。

よっく出てるよなぁ。

これって韓国でも放映するんだろうか?
なんか韓国の風土に合わせたようなシナリオって感じがする。

「逃亡者」の時でもそうだったんだが、アクションシーンでのカメラのパーンが頻繁でバンバン揺れるのは気持ち悪い。
ああいうカメラワークがいいと思っているんだろうか?

個人的にはダメ。

酔いそうです。(大涙)

"輪舞曲 第1話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント