おんな城主直虎 小野但馬守政次の描き方

井伊家が生き残るには誰かが憎まれ役を買ってでなければならない

それが小野家としての役目なのだ


そう言っていた政次の真意として
実は自分が忌み嫌っていた父も今の自分と同じように

井伊家の中でわざと嫌われ役を買って出ていたのではないか

そうする事で自分がわざと井伊家が敵になれば
井伊家は常に結束する事ができるのだと

井伊や井伊谷が団結できるのであれば
甘んじて悪名を受ける

という事なのでしょう



ちなみに憎らしい役をやってる近藤康用

後に彼の子が井伊直政に仕えるのですが
直政の性格があわず、徳川家の直臣として
取り立ててくれるようにお願いしようとしたら
直政にその工作を妨害され、更には暗殺まで
謀られたため出奔したとも言われています


そんな事も描かれるのはわかりませんが

親のした因果は子が報いを受ける


ドラマとしての根底にあるのはそんなところでしょうか


ともあれこの作品で
小野但馬を第二の原田甲斐にしたかったとこがあるやもしれませんね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック