おんな城主直虎 第9話 「桶狭間に死す」

織田相手に圧勝すると思っていた

だが今川家は織田に破れ
今川義元は討たれた

これに松平家・井伊家は混乱を極めた

この運命の別れ道は
松平家は今川家本隊の側にいなくて
井伊家は今川家本隊の側にいた事になった


これによって
直盛はじめ小野玄蕃など
井伊家の一門の多くは討たれる事となった


更に直親が家臣に遺言を託していた

それは井伊家の跡目を
中野直由に任せるというものであった


それは今川義元が討たれた事で
井伊谷周辺が混沌とする状況は直親には荷が重すぎると考えた
直盛の判断だったのだが

それに快く思わない者がいた
直親の舅・奥山である

彼は直親が当主となれば
舅として井伊家を掌握する事ができた

だが中野直由が当主となればそれができない

それは小野但馬が直盛に吹聴したからではないか・・・

そう考えた時
奥山は小野但馬に殺意を向けた・・・



その夜
次郎法師の下を小野但馬が訪れた

「奥山殿を殺してしまった」




ここんところ、体調を崩し気味で申し訳ありません

近日、精密検査も受けないといけないようなので(;´Д`)


さて、物語としては

井伊家の当主がいなくなった事で
跡目に関して、誰が権力を持つかでの争いが密かにあり

当の本人はその意図がなくても
そう思われてしまう

更に弟もなくしてる訳ですから
なんとも小野但馬が不憫ですね


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キッド
2017年03月13日 02:14
ikasama4様、おはようございます。

お加減いかがでございますか。
あくまでマイペースでお願いします。
桶狭間に信長の影なし・・・にショックで寝込みそうになりました。
十年は一昔と申しますが・・・
自分のリンクから風林火山の桶狭間の画伯のプログに飛翔しますと
「歳月」というものを感じざるをえません。
http://ikasama4.at.webry.info/200711/article_11.html
井伊直虎の登場を予言なされておいででしたねえ。
とにかく更新するのが「大変」に感じられる今日この頃です。
ドラマとしてはまずまずだと思う序盤戦なのですが・・・
四月以後の更新についてはただいま考慮中であることを
取り急ぎご報告させていただきます。
画伯の体調が好転いたしますように心より願っております。

この記事へのトラックバック

  • 【おんな城主 直虎】第9回「桶狭間に死す」 感想

    Excerpt: 今川義元(春風亭昇太)に従い、尾張の織田攻めへと向かった直盛(杉本哲太)。 父の無事を祈る次郎法師(柴咲コウ)の元に思わぬ悲報がとびこむ。 桶狭 Weblog: ドラマ@見とり八段 racked: 2017-03-06 05:09
  • 『おんな城主直虎』、しのが面倒くさい(第6~10回)

    Excerpt: 皆さんこんばんは。今回は、大人気大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズ第2弾です。第6~10回について取り扱います。あらすじ井伊谷に還った井伊直親(三浦春馬)は次郎法師(柴崎コウ)との結婚を望み、.. Weblog: Coffee, Cigarettes & Music racked: 2017-10-27 19:02