花燃ゆ 第49話 「二人の再婚」

年賀状15枚ようやく描き上げて一息ついて
このブログを書いてる今日この頃

美和と楫取素彦が結婚するまでを1話つかって描きましたが
久坂の登場がなんか唐突でしたかね

途中で不義密通だったり
久米次郎の話とかが出てきて

久坂の描写がちと唐突だったようにも思えましたが

ま、これもこの作品の仕様なのでしょうね


すっかり諦め模様です

この作品が始まった頃は楽しみだったのにいつからこうなってしまったのやら(苦笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キッド
2015年12月07日 05:47
ikasama4様、おはようございます。

いよいよ、画伯も走る季節でございますね。
キッドも・・・一年、一年といろいろなことが
雑になっていくので・・・老化は走るなと肝に銘じております。
まあ・・・どんな大河でも面白みはないわけではないですよねえ。
吉田松陰に与えられた時間はたっぷりあったし・・・。
高杉晋作とその嫁には少し萌えましたし・・・。
しかし・・・とにかく・・・後半は
天地人の呪いがかかり
「明治といえば鹿鳴館」的な・・・最終回へ。
この支配から解放されるかと思えば
来週が待ち遠しい・・・。

この記事へのトラックバック