泥の街

今日
よその部署のお仕事の応援ということで

安佐南区緑井に行ってきました



あくまでも私が聞いた事や見た事を
ただただ思ったまま書いてるので不愉快になった方
申し訳ありませんがご容赦をば



私が行った場所では
住人の方がいつものように
土砂を土のうに詰めてまとめていました

木材や廃鉄などの大きなゴミは
トラックに積んで運搬されていきました

土砂が下の方まで流れていました


街が泥にまみれて真っ白になってました



出会った方々は
この地域に住んでる住民の方の他には
いろんなとこから来たボランティア

NHKや中国新聞などの記者の方々

他の市町村からの消防隊の方

いろんな地域の警察官の方

今回の災害を調査する大学の先生の方と
会いました


こういう災害がなければ
目にしない方々ばかりでした



緑井の隣の八木地区はまだ手付かずだと聞きました


住宅地が密集してる地域で
重機が搬入できるほどのスペースがないらしいとの事です


これから先
この地域はどうなっていくのか

見通しの見えないまま

これが日常として進んでいきます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

まこ
2014年08月29日 17:12
泥の街・・・まさにそう。
雨が降ればドロドロ。晴れれば土ぼこり。
今は、トラックが土砂を積んでどこかに運搬してるのか
先日まで綺麗だった川内方面の道路にも泥が・・・

>こういう災害がなければ
>目にしない方々ばかりでした

画伯自身も、災害が無ければこの地を訪れる事も
無かったのではと思いつつ、このような事が起きた際に
各地から色んな方が駆け付けて下さり、
救助活動に復旧や復興の協力をして下さる姿見ると、
あたし自身被災者では無いけど、ほんとありがたいし、
涙出そうになりますです。

まだまだ先は見えないし、泥との戦いは続きそうだけど
少しずつ前に向かっている・・・のかな。
ikasama4
2014年10月20日 21:59
まこ様
大変返事が遅くなりすみませんでした

あれからもう2ヶ月が経ちました
報道される事もほとんどなくなりました

しかし、現実はずっと続いています
いつ癒えるかもわからない傷を抱えて

先は長いです

この記事へのトラックバック