軍師官兵衛 第31話 「天下人への道」



清州会議
滝川一益攻め
織田信孝攻め
静ヶ岳の戦い
勝家自害

超特急でしたねぇ

一番驚いたのは
茶の席に招かれた中川清秀さん

荒木とのからみもなく
戦死の描画もナレーションもなく
そのまま終了した事ですかね

なんか急に色々と端折ってきましたかね



とりあえず
天下という魔力に信長は狂った

そして秀吉もそうなる


これまで信長を描いたのは
このためなんだ!


みたいな感じでしたが

どこのどういうところが
信長が狂ったのかというのは

あまりピンと来なかったのは私だけでしょうかね


元々大分狂ってたから
あまりねぇ; ̄∇ ̄ゞ



こっからどうなっていくか楽しみにしましょうか


今週はちょっと東京出張とかで
ばたばたしてたのでイラストはおやすみです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

キッド
2014年08月04日 05:24
ikasama4様、東京出張お疲れ様でございました。
週末は晴天に恵まれ、なかなかの晴男でしたな。
さぞかし、お暑うございましたことでしょう。
そして・・・今、流行の超高速大河・・・。
狭い日本そんなに急いでどこへ行く・・・でございます。
この大河、ワンポイントゲストに命かけてる感じですな。
しょこたんとか・・・山本學とか・・・
今回はうっちーか・・・。
一瞬の輝きを見せて去って行くお市の方・・・。
なんともはや・・・でございますなあ。
七本槍見たかったなあ・・・。
転んじゃう佐吉とかも・・・。
ikasama4
2014年09月15日 18:22
キッド様
こんばんはです
最近の大河の主流はナレーションなんでしょうかねというくらい
ナレーションが話の大半を閉めてた感じですね

官兵衛の活躍が描ければ中川清秀の戦死や七本槍なんて
どうでもよいみたいな感じですな

この記事へのトラックバック

  • 【 軍師官兵衛 】第31回 「天下人への道」感想

    Excerpt: 信長のあだ討ちを果たした秀吉(竹中直人)は、織田家の後継者を決める 清洲会議で柴田勝家(近藤芳正)を論破、優位に立つ。 秀吉包囲網を画策する勝家を官兵衛(岡田准一)は各個撃破で孤立させる策に出.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2014-08-04 02:42