軍師官兵衛 第25話 「栄華の極み」

宇喜多直家は息子の後を任せるため
秀吉に自分の側女を側女にさせた

これ
まぁ秀吉と家康の伏線になるかもしれんが
淀殿を家康の側女に・・・なんてのは

まぁたしかに無理な話だろうな


それから信長と弥助とのシーン

信長は弥助の肌の黒さを信じずに
目の前で洗わせたという逸話もあるようだが

明智さんと朝廷の絡みと
信長さんと朝廷に対する考え方

ここを本能寺のきっかけとするようだが


・・・官兵衛
別にこれじゃあいらなくないかな?

官兵衛のとこだけホームドラマで
歴史と全然関係ないんだもん┐(´ー`)┌


とやっぱり思ってしまうよねぇ



今週のイラスト



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

キッド
2014年06月23日 05:40
ikasama4様、おはようございます。

母さん・・・大河ドラマの戦国絵巻はどこへいったんでしょうね。
あの、ゾクゾクするのうな風林火山の展開ですよ・・・
とひたすら遠い目の今回。
えええええっ鳥取城攻めスルーなのかいっ。
でございます。
お倫もなんだか
次のシーンでウッチャンに救助されてもおかしくない
唐突な出現でした。
しょこたん展開かっと叫びましたぞ。
とにかく・・・軍師官兵衛の人畜無害ぶりは
いつまで続くのですかなあああああっ。
ああ・・・こんなところで愚痴ってしまい申し訳ございませぬ~。
とにかくエレクトリカルパレードのBGMが
木霊する大河なんて・・・絶句、絶句、また絶句でございます。
若武者がイケメンならそれでいいのか・・・でございまする~。
ikasama4
2014年07月08日 23:28
キッド様
ばんはです
風林火山のような世界観はもうどこかに行ってしまいました
見せ場のひとつであったであろう鳥取城は華麗にスルー
こうなってくると黄金の日日が懐かしいですな

なんだかんだでイケメンばっかの大河というのは
スッカスカですなぁ

この記事へのトラックバック

  • 【 軍師官兵衛 】第25回 「栄華の極み」感想

    Excerpt: 毛利との決戦を前に秀吉(竹中直人)の命で、官兵衛(岡田准一)は織田家の出世頭と なった光秀(春風亭小朝)と会う。 光秀からは軍師になれと誘われるが断る。 朝廷は光秀に接近を図り、力を増す信長.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2014-06-23 02:00