軍師官兵衛 第24話 「帰ってきた軍師」


今回は半兵衛の後を引き継いだ官兵衛が
秀吉の軍師として振る舞うも
非情になりきれませんでした、という話か

一方で
たいして戦功をあげる事ができなかった
織田家家臣・佐久間信盛は追放されるという

物語としては悪くないと思うんだけど

なんかBGMがやたらやかましい

「盛り上げるぞ」みたいな

あれやこれや金使ってるのはわかってるけど

見せたいものがバラバラで何を見せたいのかが
全く伝わってこない悲しい事になってますな


今週のイラスト





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

キッド
2014年06月16日 03:51
ikasama4様、おはようございます。
憐れ・・・夢か幻か・・・信長とだしの接点なんて・・・
このドラマにあったっけ・・・ですな。
まあ・・・吉野の娘説では・・・
義理の娘になるわけですが・・・。
それにしても・・・父親を殺した弟の死んだ城に
住んでいたお濃・・・まあ、いいか。
じっとりとお濃を見つめる光秀とか。
どの大河の続きだよ・・・でございます。
しかし・・・大迫力の信長様・・・。
そして渾身の新・官兵衛。
御苦労様でございました。
ドラマの方もキャスト一新で・・・
少しは面白くなるとよろしいですなあ。
次は茶々の登場が待ち遠しい今日この頃でございまする。
ikasama4
2014年06月16日 07:27
キッド様
おはようございます

先週で終わりだと思ってただしの再登場

うーん
だしって信長と会った事ないよねぇと
ふと思ったりしたのですがねぇ

信長と官兵衛
ビジュアルと迫力はバッチシなんですよねぇ
なのでイラストも気合いれたんですよねぇ

それだけにねぇ・・・物語がねぇ

茶々の登場は後10話くらい先でしょうかねぇ

この記事へのトラックバック

  • 【 軍師官兵衛 】第24回 「帰ってきた軍師」感想

    Excerpt: 播磨の反織田勢力は勢いを失い、残るは御着城の小寺政職(片岡鶴太郎)と 三木城の別所氏のみとなった。 官兵衛(岡田准一)は見事に三木城を開城させるが、その人が変わったような 冷徹さに秀吉(竹中.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2014-06-16 13:49