軍師官兵衛 第23話 「半兵衛の遺言」


今回は救出された官兵衛が
亡き半兵衛によって色々と守られていた

というところと
官兵衛が裏切らなかった事で
全部信長に許された

でもってここから信長のターン

みたいな感じで展開していく

というところですかね


なんか村重が身勝手キャラになってもうた感じでしたかね

それから官兵衛がPTSD状態ですが
これはしばらく続くのでしょうかね


今週のイラスト








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キッド
2014年06月09日 06:23
ikasama4様、おはようございます。

とにかく・・・だしという荒木村重の美人妻が
大河ドラマで描かれたことは・・・よかったと思う今日この頃です。
最後に及んで見せる桐谷美玲の表情の数々。
キッドは女優・桐谷美玲を高く評価しているので面目躍如という気がいたしました。
それはさておき・・・怨霊化した村重。
清盛のあの方を思わず思い出してしまいました。
イケメン生存率の高い・・・大河ですよねえ。
高山右近の今後の活躍が期待されますな。
とにかく半分近くを・・・過ぎましたので
後は何を描いてくるのか・・・全く予想ができません。
冒頭に戻るパターンだと北条攻めで終わる気なのかとも
思いますし・・・。
このスタッフに朝鮮の役描写は期待できませんしねえ。
だしも見収めと思っているとあの予告編。
誰の夢枕に立つのか・・・ものすごく楽しみです。
rino
2014年06月09日 13:00
ずいぶん前にコメントさせていただいたモノです。
ごぶさたしております。

松寿の表情がだれかに似ているように感じていたのですが
宮崎あおいの表情に似ているのでは? と、昨日感じました。

それにしても、薄っぺらい感がぬぐえませんね・・・。
織田パートをぐっと割愛して、黒田八虎の経歴や人となり、
官兵衛が囚われている間の黒田の動きなんかをもっと描けば
松寿生存に驚き喜ぶ姿や、足萎えになっている殿に平伏する姿が
もっと感動できただろうに・・・と思えてなりません。

信長の非情なまでの革新思想やうまく立ち回る秀吉なんてのは
大河を見る多くの視聴者にとっては周知のはずだし、
これから先は中央の歴史にどっぷり漬かることになるのだから
前半パートはあまり知られていない地方の情勢を描いてほしかったな・・・と。
ikasama4
2014年06月16日 07:16
キッド様
おはようございます

村重が怨霊になってましたねぇ

このまま四国に逃れたのでしょうかね

場所的にもありえなくもないですな

イケメンを保護するのは
女性視聴者層を確保したいという
制作サイドの下心が見え見えすぎて
なんですが

この先の描き方も
これまでの描き方を見ると
たしかに期待はできませんねぇ
ikasama4
2014年06月16日 07:17
rino様
お久しぶりです

松寿丸が宮崎あおいさんですかぁ

ああ、ちょっと若い頃だと似てる感じがしますね

さてこの大河に関しては
本当にうすっぺらいです

主人公の存在感のなさが半端ないです
主人公の周りの方々ばっかり描いてもうてね

なんかもう・・・これはいかんですわな┐(´ー`)┌

この記事へのトラックバック