遅咲きのヒマワリ 第3話

きっかけはふとしたことだった

お手伝いしている先のおじいさんが祭りの事を口にした

それを聞いた子供たちは祭りがしたいと言い出した


その言葉に俺は飛びついた


祭りをやろう


どことなく分かっていた
目の前に頑張ることがあれば
先の見えない不安から目をそらせることを

だから目の前の事に必死になれる

いつも
自分が望む場所にいられるとは限らない
でも誰だってその場所で頑張っている

誰かに認めてもらいたくて
誰かに必要とされたくて
誰かに愛されたくて





目の前の事に一生懸命になれる
誰かに認めてもらいたい
誰かに必要とされたい

だからこそ周りに溶け込むこともできるのでしょうな


一方で、ここが自分の居場所じゃないと
思っていると仕事とかキチンと出来ずミスをして

それで自分の陰口を叩かれる

そして思う

こんなはずじゃなかった


周りから見れば医者ってすごいと思うけれど


ずっと研究ばかりしてたので
今の自分がやってる事は研修医と同じようなもの

勉強が足りないだの
どうせ腰掛けだろうと
看護師らに見下されるし


でも、急患の方を診察してその患者に感謝された

初めて自分を認めてもらえた

それが泣きたいくらいに嬉しかった


今回はかほりの回でしたね


この流れでいくと
順一、春菜、彩花、さよりといった感じで
それぞれが抱える鬱屈した思いが描かれるようですかな


それにしてもかほりの父親役の佐戸井けん太さん

月9と火9と連チャンお疲れ様です ̄∇ ̄ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~】第3話 感想

    Excerpt: 自分が望む場所にいられるとは限らない。 でも誰だってその場所で頑張っている。 誰かに認めてもらいたくて。 誰かに必要とされたくて。 誰かに愛されたくて。 遅咲きのヒマワリ~ボクの.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-11-07 04:54
  • 遅咲きのヒマワリ元気に 四万十市

    Excerpt: 放映中の連続テレビドラマ「遅咲きのヒマワリ」(高知さんさんテレビ)の舞台、四万十市観光協会横の植え込みで遅咲きのヒマワリが咲き誇っている。 Weblog: ローカルニュースの旅 racked: 2012-11-19 16:21