カーネーション 第22週-1

昭和45年
直子が結婚しました

直子は「サイケの女王」と呼ばれ
マスコミにも注目されました

ただ、源太は出席しなかった

パリでファッションショーを開催していたからだ


じゃがいもに先を越されて腹立つ

そう言って、直子は悔しがった


直子の夫・大輔はほんと
気が優しい青年でした


さて、直子の店はというと
話題性は抜群で評判は上々
だが、内情はぼろぼろでした


サイケ
ヒッピー
モッツルック

衣装というより仮装でした


新進女優やら新鋭歌手が直子の店にやってくる

ジョニーとか

白川ナナ子とか

そんな方の愚痴を聞いてあげたりするのが
直子の店に手伝いにくる糸子の役目になってたりしました



でもって月末になると優子と直子の店から
売れ残りが糸子の店に届きます



糸子にとって、その品物の良さはわからんですが
若い人はこんなんでもほしがるらしい

事実、糸子がこれは6千円でも売れんだろうと
思っていたものが、聡子が一万円で勝手に値をつけ
それが売れました


この商売、いつまで経っても難しいもんです(; ̄∇ ̄)ゞ





どんどん娘達は活躍していく中で
最近の流行にはなっかなかに難しいと感じる糸子

また、直子の結婚相手の方は
とってもいい性格の方のようなんですが
一体直子のどこを気に入ったのやら

という件については


かつて糸子を好きになった勝さんを
思い出させますね

あの糸子を好きになるなんて
なんて奇特な方だろうと

でもって、この縁は逃したらあかんと
お父ちゃんやおばあちゃんが言ってましたが

正にそんな感じですよね



直子の結婚の流れは
なんか、糸子の結婚を思い出させてくれます


そういう意味では
直子の人生が一番糸子に似てるのかもしれませんね


でもって、直子の作る服に興味を示す
若き芸能人達

その人の愚痴とかを聞いてあげる糸子は
母親そっくりになってきたってところですかね


さて、この回のラストで
北村が誰かの葬儀に行ってきたようですが
果たして誰が亡くなったのか

次回が気になりますね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【カーネーション】第122回

    Excerpt: 直子が結婚した。 もはや結婚が雑誌の記事になるほど有名人の直子。 糸子も、直子のブランドご用達の芸能人とは友達のような間柄なのだった。 そんなある夜、北村がただならぬ様子で訪ねてくる。 .. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-02-28 14:08