ドン★キホーテ 第1話

いやぁ面白かったですねぇ

松田翔太さんと高橋克実さんのコンビ
いいじゃないですかぁ≧∇≦b

映像を見るまで思い出せませんでしたが
「なんじゃこりゃ(゚Д゚)」

これでああ、そうだそうだと

高橋克実さんは松田優作さんの大ファンで
松田優作さんに憧れて役者になったそうなんですよね

で、このドラマで
その憧れの松田優作さんの息子さんと共演ですからねぇ


自分が
身体が入れ替わる作品ですぐに思い出すのが「転校生」

と、くればすぐに思い浮かぶのが小林聡美さんですね ̄▽ ̄


この辺はキチンと押さえていますねぇ


さてさて
松田翔太さんの元々の役柄は
職業:児童相談所の児童福祉司
性格:几帳面で繊細でお洒落で理論派(頭でっかち)
体質:肉、タバコ、お酒が苦手で野菜が大好き
体力:貧弱



高橋克実さんの元々の役柄は
職業:ヤクザの組長
性格:短気でプライド高く結構人情に厚く後先考えず行動する
体質:肉、タバコ、お酒が大好き
体力:武闘派


この二人が入れ替わったってところでのやりとりが実にいい≧∇≦b


髪のあるなしのギャップとかだけでも十分面白いですしねぇ


どうも、普段は本で読んだ知識だけで行動する
理屈っぽい主人公・城田の身体に乗り移った

鯖島さんが型破りの方法で解決していくんですが

身体が城田なんで、力づくでやろうともあまりにも貧弱で
すぐにヤラれてしまう

それを鯖島の身体に入った城田がカバーするって寸法ですな


それから今回のゲストで
DV夫を演じたのが石垣佑磨さん
その妻を演じたのが岩佐真悠子さん

ほほー、これはイケパラ出演者ですなぁ


ともあれ、こういうカタチで互いの立場や環境がガラリと変わることで
城田と鯖島がそれぞれ成長してくって感じなんでしょう

ドラマでは結構やってる形式ですが
この二人のやりとりは面白いですねぇ


これは何も考えずに楽しむことが出来る作品です
視聴決定≧∇≦b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2011年07月10日 00:09
克実さんが、松田優作さんに憧れて……という
話は知らなかったので、そう思うと、何だか、
感慨深いですね。

それと……え。
入れ替わりで有名なアレって、小林聡美さんだったんですか?

……調べてみたら、相手役は尾美としのりさんだったんですね。
全然まったく知りませんでしたー。(^^;
SFurrow
2011年07月10日 00:36
デカワンコ枠だし、まぁ初回だけ見てみるかという感じで、あまり期待しないで見始めましたが、面白かったです。
この手のシチュエーション元祖は「転校生」だったなぁと思いながら見ていたんですが、小林聡美さんのことはすっかり忘れてた! 日本テレビってオマージュ作品がうまいのかな~~尾美としのりさんも最終回とかに出てきそうですね♪
あくまでも人格だけが入れ替わっているので、体力とかは元のままな所が笑えますよね~
あと、虐待される役の子役が異常に上手でびっくりした(@_@)
ヤクザの人格がけっこう児童福祉に役立っていくというのも予想路線ながら、なかなか説得力ありますが、逆に城田くんの人格は、ヤクザの仁義なき闘いにどう役立っていくんだろう(笑)
松重さんの出演も嬉しいです。出番が多いといいな~
2011年07月10日 10:50
>高橋克実さんは松田優作さんの大ファンで
>松田優作さんに憧れて役者になったそうなんですよね
へぇ~そうだったんですねっ!
だとしたら、克美さん的には感慨深いものが
あるでしょうねぇ。

そういえば入れ替わりというのは
珍しくはないけど、、男女が入れ替わる
パターンは多いけど、男性同士って
パターンが新鮮かもです!
体質や立場が大きく違う二人が入れ替わった事で
起こるあれこれがおかしかった~!!!
内田有紀さんのハジケた演技も結構ツボ(笑)
2011年07月10日 11:11
いや~楽しかったですね。
しっかりした構成とキャスティングだから安心して見ていられました。
>で、このドラマで
その憧れの松田優作さんの息子さんと共演ですからねぇ
そうなんだ~!そりゃ嬉しかったでしょうね。緊張しなかったのかな(笑
このお二人の入れ替わり演技が楽しくて楽しくて、魅せてくれますよね~
>と、くればすぐに思い浮かぶのが小林聡美さんですね ̄▽ ̄
やっぱりそういうアレですか(笑
でも、小林聡美さんが出てるだけで嬉しくて、ドラマに対する信頼度も高まっちゃいますよ。
なんにしても、続きがみたいですね。
夏ドラマでもどうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック