江~姫たちの戦国~ 第22話

こんな大河はいやだ

・なんでもかんでも謀略なしの純愛にしたいドラマ

・秀吉の身分を哂った落首も茶々絡みに摩り替えてしまうドラマ

・10歳なのに27歳にしか見えない秀忠

・相変わらず主人公が空気



なんだかなぁヽ(;´Д`)ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年06月24日 12:14
毎度ikasama4さんの簡潔レビューに大ウケ。
ドラマを見るより分かりやすいわヾ(゚∇゚*)オイ
チラッと登場人物を見るぐらいなので、
向井君が10歳には驚きました。
いや、お江がずっとそうなので驚いても仕方ないですかね。
それでも…
今更ながらでも…
「子役使えよ」には笑ったし(笑)
ikasama4
2011年06月25日 12:26
mana様
毎度毎度
書くことがこれくらいしかないドラマですからね

それにしても10歳なのに
江よりも身長が高い秀忠って・・・orz

この記事へのトラックバック

  • 【江~姫たちの戦国~】第二十二回

    Excerpt: 天正17年正月。 秀吉(岸谷五朗)の子を懐妊した茶々(宮沢りえ)は「男子を産む」と宣言。 “その代わり、かなえてほしい願いがある”という。やがて男子を出産。 秀吉は鶴松と名づけ、でき愛する。.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-06-12 19:48