江~姫たちの戦国~ 第21話

こんな大河は嫌だ


・男に身体を許した瞬間、今までの理論を反転させる姉達

・側室ではなく妻だと無茶苦茶な理論を展開する

・家康と比べて全く貫禄の「か」の文字さえ感じない秀吉

・人のいる前で子作り宣言をするはしたない妻

・延々と姉妹喧嘩で1話をつかってしまう展開



他に気付いたことがあれば
どんどんコメント下さい


待っております( ̄ー ̄)/~~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【江~姫たちの戦国~】第二十一回

    Excerpt: 江(上野樹里)は、茶々(宮沢りえ)と秀吉(岸谷五朗)が結ばれたことを知り ショックを受け、茶々を避ける日々が続く。 初(水川あさみ)が仲裁にやってくるが、江の心はかたくなだった。 さらに茶々.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-06-05 21:04
  • 江 -姫たちの戦国- 第21回「豊臣の妻」

    Excerpt: 前回、やっとの思いで秀吉は茶々の心を手に入れることになり、浮かれ気分に拍車がかかります。茶室で秀吉は家康と一服するのですが、その際にも終始ご満悦な状況に思わず家康と千利休は江のことが心配だとアドバイス.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-06-05 22:43