JIN-仁- 完結編 第10話

龍馬さんが斬られた

斬ったのは東さんだった

何故、東さんが龍馬さんを斬ったのか?

それは龍馬さんが東さんの兄を殺した仇だったからだ


そして、もうひとつ

幕府の人間が龍馬を殺害した事実が公になれば
龍馬の夢が無に帰してしまうかもしれない

だから、東は龍馬の夢を守るために
「仇討」というカタチで龍馬を斬ったのかもしれない


ま、今となっては誰もそれを確かめる術はないが


ただ今は龍馬を救う



俺はきっと、このためにここに来たんだ
この時のために

坂本龍馬を蘇らせるために―――――






序盤から怒涛の展開でしたね

龍馬の手術を終え、無事に成功したが
数日後に龍馬は亡くなった


でも、心のどこかでは

それが歴史だから仕方ないと思っていたとこもあったようですね


それにしても今回はただ頭蓋骨に穴を開けるのではなく
頭蓋骨を開いて、脳内にある髄液を排出するとはね


それにしても龍馬が最後まで気にしていたのは


この国の未来


先生の優しくて、バカ正直なもんが生きていける国を作れたかの


これまで国を変えようとして無念の死を遂げた者達が
生まれ変わりたいと思える国をつくることが出来たのか


その一点だったみたいですね


それが分かれば、後は吉原か島原に
行ってみたかったみたいですが ̄▽ ̄b



その後、東は己のした事を悔いて自刃


それから江戸では南方を罪に陥れようとした三隅が捕縛

色々な事がありましたが

南方はそれを
自分が関わったことで皆の運命を狂わしたのではないかと

それで南方は自分が皆にとって疫病神になると思い

自分の頭にガンがある事を告白すると友に
仁友堂を閉めて、皆との距離を置こうとしたんですが

これまで南方についてきた者達は皆、南方を信じてついてきた
それはこれからも変わらない

皆、誰も南方と出会ったことを後悔したことなど、一瞬たりとも思っておりません


そして、南方のもつ医術をもっともっと学びたい

国のため 道のため


それは亡き緒方先生の言葉

もうここでヤラれますよね



それから、咲が野風に龍馬が野風のために買っていたお土産を渡すんですが
それが雪の結晶をかたどったような簪(かんざし)


龍馬はずっと覚えていた訳ですね


以前、野風が龍馬に言った言葉



雪になりとうありんす
雪になれば、いつなんどきでも
先生の肩に落ちてゆけるでありんしょ




この言葉をずっと龍馬は覚えていたんでしょうね


こういうところが龍馬の人たらし・女たらしなところですね




それにしても、なんですねぇ



次回はいよいよ最終回

2時間SP 最終回の後編で ̄▽ ̄


咲が病床にいたり
なにか色々とありますが
どういう展開になるか非常に楽しみですね

ちなみに私は原作を読んでるのでなんですが
今のところ、結構原作と違いますので; ̄▽ ̄ゞ

そんな日に私は東京に出張して
東京で最終回を迎えることになります; ̄▽ ̄ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みのむし
2011年06月20日 15:06
ええ。原作は違うんですか?
それはちょっとショックだなぁ。
未来さんが原作にはいないキャラだってことは
知ってるんですけど・・・
どうなっちゃうんでしょうね。
でもでも楽しみです~。
SFurrow
2011年06月22日 23:33
やっぱり「歴史の修正力」は強大だったか…
でもJIN先生とその仲間たちが必死の思いでずらした一週間にどんな意味があったのか、それが明らかになる最終回が期待されます。

「遺留捜査」も終わっちゃいましたね~~なんとなくシーズン2もありそうな予感ですが。テレビ朝日の水曜9時は【春】遺留捜査・【夏】9係(これと「おみやさん」の区別がつかないんだけど…なんか予告に米沢さんが出てませんでした?)・【秋】【冬】相棒という流れみたいですが、春夏編のほうが「相棒」に比べてどうも出演者への依存度が高く脚本が薄いな~という感は否めませんね。
デカワンコのスペシャルはいつやるんだろう?
ikasama4
2011年06月25日 12:40
みのむし様
そうなんですよねぇ
原作とはかなり違います

まぁドラマの内容は大分圧縮してるので
結構登場してない人物もいるんですけどね

それはそれとして次週が楽しみです

ただ、一方で
「ハガネ」では原作とは違う内容で
原作者ともめたとこがあり

その辺はちと気になりますね
ikasama4
2011年06月25日 12:40
SFurrow様
そうですねぇ
ただその1週間で龍馬は
以前の歴史では見ることができなかった
未来を見聞きすることが出来て

それはそれで意味があったのではないかと
思ったりしております

「慰留捜査」終わりましたね
なんとなく、御嬢が糸村に惹かれてくとこが
感じられる展開があり、続編は楽しみですね

その時に主題歌がどうなるのかが
気になるところですが(; ̄∀ ̄)ゞ

ああ、渡瀬さんのドラマはねぇ
イマイチ、ぴんとこないですねぇ

デカワンコSPは気長に待つとします♪

この記事へのトラックバック

  • 『JIN-仁-完結編』 第10話

    Excerpt: 仁が必死に助けようと頑張っても、龍馬を一週間延命させただけ。。。歴史の修正力にはやはり逆らえず。それでも史実よりも良かったと思える。最期の日に軍鶏鍋も食べられたし。チガウカしかし今回のしゅじゅちゅも.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2011-06-20 00:53
  • 【JIN-仁-】第10話

    Excerpt: 俺はきっと、このためにここに来たのだ。 このときのために 坂本龍馬を蘇らせるために。 東に額を切り裂かれた龍馬は、意識がなくなる前に東の声を聞いた。 私の兄は・・・ .. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-06-20 02:08
  • JIN 仁 完結編 第10話 感想

    Excerpt: TBS系ドラマ「JIN 仁 完結編」第10話の感想など。さすがに最終回の直前だけあって緊張感がありましたね。坂本龍馬(内野聖陽さん)が、東修介(佐藤隆太さん)から受けた額の刀傷は頭蓋骨も貫通していまし.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2011-06-20 06:20
  • JIN―仁― 第10話

    Excerpt: JIN―仁―の第10話を見ました。 「私の兄はあなたに斬られたんです。あなたが日下さんと会った帰りに。あなたは私の敵なんですよ、初めからこのつもりで近づいたんです。ずっと、こうしようと….. Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2011-06-20 06:58
  • 「JIN -仁-」完結編 第10話~人望が厚い仁(大沢たかお)に、皆が辞めないでと願う。

    Excerpt: 「JIN -仁-」第10話 額を斬られた龍馬(内野聖陽)は瀕死の重症で頭蓋骨がどうとか硬膜下出血やら脳みそがこぼれそうだとか・・・。 仁先生は(大沢たかお)、咲(綾瀬はるか)と佐分利(桐谷健太.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2011-06-20 13:40
  • JIN-仁- 第10話:最終章前編~タイムスリップの結末…

    Excerpt: 龍馬さん・・・・゚・(ノД`;)・゚・ウワァン やはり龍馬が生き続けるという未来は夢だった・・・ そして斬った東も敵討ちとか言いつつも、本当は龍馬をかばう為の 行動だったらしい そんな東のおかげで.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2011-06-20 15:11
  • 「JIN-仁- 完結編」 第10話 最終章前編~タイムスリップの結末・・・

    Excerpt:  あぁ・・・やっぱり仁は未来に帰ってしまうのね・・・(ノω・、) 仁の命を救うためには、未来に帰すしかない。でも、どうやって・・? 仁が江戸で持てる医学知識を全て伝えたか ... Weblog: トリ猫家族 racked: 2011-06-20 15:19
  • JIN -仁- 10話

    Excerpt: やっぱり。龍馬さんを助けることはできませんでしたね。 そして東さん、お兄さんのかたき討ちだったとは・・・。 でも彼は今回龍馬さんを敵として討ったのではなく 仁先生が助けてくれるのではないか? と思い.. Weblog: Simple*Life ドラマ感 racked: 2011-06-20 15:39
  • 内野龍馬が逝く(JIN-仁- 完結編#10)

    Excerpt: 『JIN-仁- 完結編』東修介@佐藤隆太が内野龍馬を斬ったのは、兄の仇だったのか!!!ずっと機を待っていたと。。。  そして自害w開放性頭蓋骨陥没骨折・脳挫傷・急性硬膜下血腫 ... Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2011-06-20 21:22
  • 《JIN-仁ー》★2-10

    Excerpt: 龍馬が、東に切られた・・・ 「東・・・」 「私の兄は、あなたにきられたんです。 あなたが、久坂さんと会った夜に。 あなたは私の敵なんですよ。 初めからこのつもりで近づいたんです。 ずっとこうしようと.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2011-06-20 22:31