江~姫たちの戦国~ 第23話

今回の大河は
いきなり利休に人望が集まることに不信を抱く三成と
その利休が天下人である秀吉に屈することなく
秀吉好みの茶ではなくあくまでも自分好みの茶を
立てる利休に腹を立てる秀吉の構図

更には利休に近付く家康の存在とか

その辺の見せ方がいつになく大河らしい大河でした


まぁ今までがあまりにも中身のないドラマでしたから
余計によく見えるかもしれませんが



さて、例によって「こんな大河は嫌だ」はというと



・ほぼ初対面の人に自分の思いをペラペラ喋る江

・例によって29歳の向井さんに9歳を演じさせる

・設定上、江が年上のはずなのに全然年上に見えない演出
  子役使えよ(゚Д゚)

・一夜城完成→小田原城落城(゚Д゚)アゼン

・何故か小田原にまでやってくる江

・何故か小田原にまでやってくる秀忠

・どうしても少女漫画のような恋愛部分を見せる演出



ま、こんなとこかな


今回の脚本について

江、秀勝、秀忠のかけあい→田渕さんの脚本

秀吉、家康、利休、三成のかけあい→田渕さんのお兄さんの脚本


これでよろしいか ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年06月20日 02:03
私は、江と秀忠の会話部分を脳内で志田未来ちゃんと加藤清史郎くんに
変換して鑑賞してみましたw
大人びたセリフを舌ったらずに喋る秀忠は面白すぎです( ̄∇ ̄;)

大河ドラマ「利休」も来週でお終いです。
今後、一体どんなドラマになってくれるのか・・・
ikasama4
2011年06月25日 12:31
くう様
脳内変換が必要なドラマってのも
どんなもんでしょう

まぁ江が秀忠を見上げる時点で
私的にはOUTです(; ̄∀ ̄)ゞ

来週で大河ドラマ「利休」も終わりだと
今度からの主人公は誰なんでしょうね(オイ)
rino
2011年06月25日 14:03
こんにちは。
今回、ありえね~と思ったこと(ありすぎだけど)。
「竹千代殿」と呼びかける本多正信に対して「秀忠じゃ」と訂正を促し、改めて「秀忠殿」と呼ばせるシーン。
明治以前、実名を呼んでいいのは親や主君など限られた人間だけで、それ以外の人間が実名を呼ぶのは大変無礼のはず。
秀忠にとっては、実父の家康、烏帽子親でもあり服従している以上主君にあたる秀吉だけが「秀忠」と呼んでもいいのであって、自家の家臣にあえて呼ばせるなんてありえない~~~。

江が秀吉を「秀吉殿(様)」と呼んだり、義兄である京極高次を「高次様」と呼びかけるのもありえないけど、まあ、史実に従って官位で呼べば、視聴者には誰のことかわからないだろうと、そこは目をつぶってましたが・・・。
自ら家臣に「秀忠じゃ」は、あまりにもひどいです。
それとも、あんなに皮肉たっぷり諦めモードで、百姓あがりの秀吉に一字を授かったのは実は照れ隠しのポーズで、ほんとは「やった! やった!! 秀吉様から一字もらった! 誰かに呼んでもらいたい♪」というのが本音で、領地に戻った今、父親しか秀忠と呼んでくれる人がいないのでは物足りなくて、本多正信にも呼ばせたのでしょうか(苦笑)
ikasama4
2011年07月01日 22:02
rino様
以前から気にはなってたんですよね
信長しかり秀吉しかり家康しかり

誰も官位で呼ばないですからね

まぁ竹千代(自分としては長丸がいいんですが)としては
ようやく元服したのに幼名で呼ばれるのが気に入らず
反射的にああいう反応をしたのかもしれませんが
個人的にはこの辺の変わり目については呼び方が
どうなるのか興味があるので、できればキッチリと
やってほしかったものです

それから10歳にして反抗期の秀忠さん

徳川家って結構な無骨者揃いだと思うんですが
あんなに秀忠が口が達者だったのかが不思議です

あの展開を見るに秀忠が江に尻に敷かれるようには
思えないんですけどねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

個人的に父親が嫌いなのであれば
父親から名を一文字も貰わなかったことで
喜んでるのかなとかいうとこもあるのかなと
思ったりして(; ̄∀ ̄)ゞ

この記事へのトラックバック

  • 【江~姫たちの戦国~】第二十三回

    Excerpt: 江(上野樹里)は、後に夫となる徳川竹千代(秀忠/向井理)と初めての出会いを果たす。 しかし、すべてに冷めた皮肉屋で、江とぶつかり、2人の初対面はケンカ別れとなってしまう。 一方、三成(萩原聖人.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-06-19 21:02
  • 江 -姫たちの戦国- 第23回「人質秀忠」

    Excerpt: 前回さわりだけ登場した秀忠が今回は全面に登場します。前回も感じたことではありますが、向井理を見ているととても戦国の世の中に存在するような感じしないのが不思議です。しかし、それを演技の面で今回は完全にカ.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-06-23 15:37