江~姫たちの戦国~ 第19話

やっぱりねぇ

どこまでも少女漫画ですな(; ̄∀ ̄)ゞ

「女性は言葉じゃないと気持ちが伝わらない」とか
よく現代ドラマとかではあるんですが

それがそのまんま大河に適用するってねぇ

その時代の女性の嗜みとかわからんですが
なんかねぇ

このドラマの内容は
なんか違う気がする(; ̄∀ ̄)ゞ


それと秀吉と江の物語を主体にしてるようなんだが




このドラマの主人公って誰よ(゚Д゚)?



と思ってしまうのは自分だけでしょうかね

江を主人公にするって
やっぱり無理だったんじゃないのかな

この記事へのコメント

rino
2011年05月23日 19:16
こんにちは。
いやはや・・・。
2週間か3週間前に、くうさんを憤慨させた情報「おね と 茶々 2人側室」の伏線セリフがありましたねえ。
「側室は嫌」って、すごいですね。
確かに出自は おね より上だろうけど、信長の姪というより、本当は滅亡した浅井の遺児なのに、このプライド。

先週のコメントに書いた「ゴーストライター疑惑」に対してお返事いただいたように、もうお兄さんが書いた方がまだましかも・・・。
というか、今のこの脚本なら、その辺のシナリオライター候補生が書いても、まだましなものになるような気が。

初も、「政治の道具」と聞いてあの狼狽。
秀吉の姉妹のともや旭なら、農民出身だから驚いてもおかしくないけど、戦国武将の家に生まれ育って、何を今更ですよね。
敬愛するお市だって政治の道具として浅井や柴田に嫁いだ(まあ、当時の政略結婚は女性が人質の役割だけでなく、スパイや外交官的意味合いもあったとする説もありますが)し、ほとんどの大名家で当たり前なのに。
う~ん、これが脚本家の言う「現代女性の共感を呼ぶように描く」なのでしょうか。
taira
2011年05月27日 22:01
ikasama4さん  お久しぶりです
私も今年は大河、、、ハズレ?になりつつあります。
正直、最近全然見てません   
好きな役者が出てたし、篤姫の脚本家だったので期待はしていましたが・・・
どうやら二匹目のドジョウはいなかったようで。
今、時代劇チャンネルの北条時宗にはまっています。
リアルタイムでは見逃した口なので。
期待以上に面白く、役者陣も奮闘してるように思います。
陰謀渦巻く暗闘、内外の圧力に心身tも擦り切れてしまう主人公
タブロイドを書かれた脚本家だけに引き込まれるものがあります。

特にこの作品でブレークした北村の平頼綱 別名 狂犬ポチ とギバちゃん安達泰盛の戦いは見ものです。
この頃の大河は良かったなぁ〜とまたまた愚痴モード


ikasama4
2011年05月28日 18:50
rino様
どうもです
病み上がり&療養中につき、かなりコメが遅れてます(; ̄∀ ̄)ゞ

家格としては断然浅井家は下なんですけどねぇ
なぜかしら母方の血筋が優先されるようですねぇ

それもこれも美人だからってことでしょうかね

ゴーストライターかどうか
色々と議論してる方もいるようですが

まぁ何にしても今年の大河はダメダメなのは
明白でございます

戦国の時代では当たり前のことをさぞ
今知ったかのような説明口調ばかりのオンパレード

その辺、どうにかしてほしかったんですけどねぇ
ikasama4
2011年05月28日 18:51
taira様
お久しぶりです
病み上がり&療養中につき、かなりコメが遅れてます(; ̄∀ ̄)ゞ

今年の大河はハズレ確定です

私も時代劇専門チャンネルの北条時宗
がっつり見ておりますよ

リアルタイムでも見ていたのでなんですが
この時代の死亡=謀殺にまとめてくる辺り

あれは何度見てもいいですねぇ

この作品でブレイクした北村さんと
山口馬木也さん、そして宮迫さん

この作品を期にステップアップしていきましたからね

それにしても去年に龍馬伝とか
風林火山を作ったあのNHKが

今年はよくもまぁこんな大河を作ったことに
ただただ唖然とする今日この頃でございます

この記事へのトラックバック

  • 【江~姫たちの戦国~】第十九回

    Excerpt: 天正15年晩夏。 初(水川あさみ)の京極高次(斎藤工)への恋心は募るばかり。 だが、信長のめいである三姉妹は、秀吉(岸谷五朗)にとって政略結婚最大の駒。 望む相手との結婚など無理だと龍子(鈴.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2011-05-22 20:56
  • 江 -姫たちの戦国- 第19回「初の縁談」

    Excerpt: 浅井三姉妹の恋物語第2弾、前回は茶々でしたが今回は初です。これで一通り三姉妹全部に恋バナが展開されることとなりました。この時代の結婚は政略結婚が一般的であり、そおういった流れをおしとめ自分の好きな人と.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2011-05-22 22:54