大切なことはすべて君が教えてくれた 第8話

う~ん
今時、教育者としてのあり方かぁ



生徒に白い目で見られ

教師に白い目で見られ

トドメは

社会に白い目で見られ


辞めるのも辞めないのもいいけれど

教師とはいえ
人のプライベートにそんなに口を出す事でもないと思う


というか


最近の人はそこまで関心は持ってないと思うなぁ


それに普通だったら休職取るだろうし

修二のことを好きだったら尚更


それなのに
ここに出てくる女たちは好きな修二に
とことん振り回して傷つけて迷惑をかけて

彼の築き上げたものを奪って

そんな彼の姿を見て

初めて自分が本当に好きな人に気付いた



痛い

痛すぎる


自分のせいで相手が痛めつけられている
でも、相手はそれを自分のせいにしない


そうしないと自分が愛されてると気付かない

これがゆとりか(; ̄∀ ̄)


ただただ、苦笑するしかないドラマですな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年03月08日 01:28
>自分のせいで相手が痛めつけられている
でも、相手はそれを自分のせいにしない

なんか、どっちもどっちで、好きなようにやってと言う感じ。。。
ただテレビの中の人たちの感情があっちこっちに動くのを
見せられてるイラっと感を感じますわ。

でも、子供の事だけは、もっとちゃんと考えて欲しい。
生まれてくる命を第一に考えて行動せんかい(~_~;)
。。。三浦くんって、そんな風に思うドラマばっかり( ̄∇ ̄;)
2011年03月10日 13:33
ほんとどんどん痛い方向にいっちゃってますねぇ。
こんな内容でも、ゆとり世代の若い人達には
共感出来ちゃうのかなぁ。
退職するならクビにしてくれ・・・
そんな修二の真っ直ぐさも、
バカだなぁ、そう言わずに退職金もらっちゃえばいいのにと
思うってしまう汚れた大人には、不向きなドラマですわぁ。
現実問題、生活に困るじゃん・・・
ikasama4
2011年03月17日 20:53
くう様
なんかねぇ
自分の不幸に酔いしれているというか
自分の不幸を見せびらかせて

自分の不幸自慢をしているようにしか
思えてこないんですよねぇ

まぁ分からんでもないですが
そーゆーのは十代で止めてほしい

ホント、三浦さんは
ちょっと残念な感じになってますね(; ̄∀ ̄)
ikasama4
2011年03月17日 20:53
まこ様
ホントですよねぇ

どーしてこーゆー方向になったんでしょうね

なんかねぇ
不幸にすれば、それで盛り上がるのかと
思わず問い詰めたくなりますね

中盤まであんなに面白かったのになぁ

理想を追うのはいいですけど
いい大人なんだから、教師として
社会の人間として、家族にどうあるべきかとか
考えてほしいものですね(; ̄∀ ̄)

この記事へのトラックバック

  • 大切なことは何なのか、どうでも良くなってきた(大切なことはすべて君が教えてくれた#8)

    Excerpt: 『大切なことはすべて君が教えてくれた』私を女として見て!しかし、柏木修二@三浦春馬はこれを拒否!!!佐伯ひかり@武井咲をただの生徒としてしか見れないってさ・・・ちゃん ... Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2011-03-08 01:01
  • 【大切なことはすべて君が教えてくれた】第8話

    Excerpt: すいません。。。今回、あらすじとセリフ拾いやめてもいいすか。。。スマスマで堤さん見てる最中だから、忙しいんで。。。後で、ここに追記する。。。。。。。かも。(しないかも) ... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2011-03-08 01:16
  • 大切なことはすべて君が教えてくれた 第8話 感想

    Excerpt: フジテレビ系ドラマ(月9)「大切なことはすべて君が教えてくれた」の第8話を見ましたので感想など。前回の次回予告では、柏木修二(三浦春馬さん)が「私は辞めません」と宣言している場面があったので、辞表を撤.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2011-03-08 06:20
  • ≪大切なことはすべて君が教えてくれた≫#08

    Excerpt: 修二の失態を、両親が謝りに行った。それを兄から聞いた。 ついでになつみが付き合っている人がいる事も聞かされた。 夏実の親たちは、できれば、その人と、と言う気持ちになっている。それでいいのかと孝一は聞い.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2011-03-08 22:55