四十九日のレシピ 第1話

33年前、父は乙美さんという女性と再婚した

私は彼女を「おっか」と呼んだ


その「おっか」が亡くなった


その頃、私は夫が別の女性と浮気を知り
病に臥せった義母を置いて実家に帰ることに決めた


そして数年ぶりに帰った実家には父と
見知らぬ若い女性がいた


その女性は井本と言った

「おっか」は生前、少年少女達がいる更正施設でボランティアをしてた

彼女はそこで「おっか」に会い、人を信じられるようになったらしい

彼女は「おっか」に頼まれ事をしていた

『もし自分が亡くなったら四十九日まで夫の世話をして「暮らしのレシピ」を渡して欲しい
そして、四十九日には法要ではなく大宴会をして欲しい』

その頼まれた事を実行するためにここに来た


そうして四十九日まで三人の生活が始まる―――――。







いやぁ意表を突かれましたわな≧∇≦b


最初はあの風吹さんのカツラに笑ってしまいましたし

和久井さんが夫に不倫される役と聞いて
若い頃は不倫する役ばかりだったのに、もう逆の役を演じる立場になったんだなとか
序盤は別の事ばかり考えてましたが



途中からそんなの、どうでもよくなったし


また、びっくりするくらい映像がいいし
また、物語の展開が静かで淡々としている中に
ズンズンと胸を打つようなとこがあって、これが実にいいです


母が亡くなった事で、初めて母の大切さを知る父と娘の見せ方もいいんですが


この作品の一番のポイントはやはり井本さんですねぇ

この彼女を演じる徳永えりさんが実にいい≧∇≦b


まるで、「おっか」がいるかのように父娘に接してくるところが
実に面白いとこですね

お父さんは69歳
娘は38歳

そして井本は20歳なんですからねぇ


年齢はこんなにも違うのに井本の方が逆にすごいと思えてくる訳で


それは井本はそうやって「おっか」に教えられてきたから
今の井本があるって事なんでしょうけどね


それから、この作品でのもうひとつのポイントは『暮らしのレシピ』


料理を作るのであれば「パトカー+信号でOK」の法則

料理を作るのであれば
パトカーの白や黒、青(緑)、黄色、赤といった具材を使うのがいいとか


不健康なんだけど、やめられない塩バターラーメンとか

この辺の見せ方も実にいいですね

こちらで見ることができますが、これはドラマを見終わった後に
見ることをオススメ致します↓
http://www.nhk.or.jp/drama/49nichi/recipe/index.html


いやぁこれは完全にしてヤラれたわなぁ



この時点で言うのもなんですが


今期はこの作品が
イチオシであり、かつオススメ致します ̄▽ ̄b




だって他のドラマが・・・・・ねぇ; ̄▽ ̄ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2011年02月16日 18:58
いや~何かホントに最後になって、ドカンとやられちゃいました。
私も最初は、「おばあちゃんの知恵袋」みたいにそういうのを紹介するアレなのかな~と思ったら、乙美さんのレシピと3人の心がうまく繋がってました。
塩バターラーメン美味しそうだった~!
北海道では、てか我が家だけかもしれませんが、結構最後にバターってのをよくやります。
雑煮にバターのトッピング、オムレツにもバターとか・・
身体には悪いかもしれないけど、やめられないんですよね~(笑
ikasama4
2011年02月21日 20:52
きこり様
予想外の面白さに
実にヤラれたって感じです

風吹さんのカツラに騙されました≧∇≦

これは実に次回が楽しみですねぇ

塩バターラーメン
あれを見て、翌日私はラーメンを食べにきました

ホント、おいしいもんって
身体に悪いもんが多かったりするんですよねぇ(; ̄∀ ̄)ゞ

この記事へのトラックバック

  • 熱田家の食卓

    Excerpt: 成り行きまかせの恋に落ち時には誰かを傷つけたとしてもその度心痛める様な時代じゃない♪和久井映見と風吹ジュンって「ピュア」思い出す伊吹有喜の小説を原作に「東京タワーオカン... Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... racked: 2011-02-16 09:30
  • 「四十九日のレシピ」 第1回 思い出の味

    Excerpt:  「迷ったら川に行くといいよ。答えが見つかるから」オッカ やっぱり、見つかった。 何か、泣かされちまったわ・・(ノω・、) HPはこちら。レシピも見ることができるよう・・  母 ... Weblog: トリ猫家族 racked: 2011-02-16 19:00