四十九日のレシピ 第2話

いやぁ今回も面白かったですね


序盤は新たに登場した渡部豪太さん演じる「ハルミ」に大笑い≧∇≦

でもって、演じるのは日系ブラジル人

渡部豪太さんは
以前カナダに留学していた際に現地の方に
「カナダのどこで生まれたんだ?」と聞かれるほど
その環境に溶け込んでいたというエピソードがあるそうで

なるほど、そう聞かれるのも納得がいくくらい
全然違和感がなかったです≧∇≦b


今回は彼のキャラによる笑いが前面に押し出されてました


それからフラメンコをするお父さんに合わせて
衾を開けるイモさんのタイミングが実にいいですね


ただ、そういう笑いだけではなく見せるところは見せてくれました


子供達のために自分の足跡を書いてあげたおっか

でも、自分の足跡はほとんど真っ白


これが百合子の手帳にも重なってくるんですね


来る日も来る日も不妊治療で
投薬や通院の日をただただ書き綴っていた

でも、不妊治療を止めてからは
真っ白な手帳

おっかと同じ

それが子供を生まなかったおっかと
子供を産めなかった自分の境遇が重なって

おっかの心境が今の自分の心境と同じではないかと思うと
悲しくなる百合子の見せ方


で、ここから父がおっかとのなりそめを語り
そういう経緯があって、今がある

だから、絶対に

「子供を産まなかったからと言って
 母さんの人生が真っ白だったなんてことあるか?
 そんな事はない」

―――――それは百合子の人生も同じだ


と言ってるかのような父の言葉に
百合子もイモちゃんも癒されるんですねぇ




それから「何かあったら川に行けばいい」
その言葉の真意はあの世とこの世が繋がるから

そこに百合子と亡きおっかとそして亡き母
三人を並べて映すシーンも素晴らしかったです



それと、かつて夫がミカンの木を植えて
その頃は青い実で美味しくなかったから
今度はキチンとキレイなオレンジ色になったのを
食べようと約束した


夫はその約束を果たすためにミカンを持ってきた


その辺りの夫の行動が切ないですねぇ


それからこのドラマはホント、間というものを大切とします

百合子と夫との電話のシーン

抜群のタイミングで列車の到着



そして、父とおっかとの回想シーン

バスに乗るおっかに
ふと、思い立ってデートの約束をしようとするも
言葉を告げた次の瞬間にはおっかの乗ったバスは閉まると


あの映像の切替もまた実に見事でした





この作品、映画みたいだし

何より、クオリティの高さが今期のドラマの中では段違い

こんなのを見せられるとはっきり言って
もう民放は太刀打ちできませんね┐(´ー`)┌

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年02月24日 14:41
2回目もじっくり見せてくれましたね。
見終わったあと、しん・・となって余韻にひたりたくなるドラマです。
渡部豪太さんは子供のように無邪気な表情かと思えば、寂しげなとこもあり、
イモと同じように気になる存在ですね。
でも、深追いして描かないところがいいんですよね。
>そこに百合子と亡きおっかとそして亡き母
三人を並べて映すシーンも素晴らしかったです
川を通して3人が繋がってるというのがね・・・
万里子も乙美も川に報告にくるのが日常だったんでしょうね。
百合子と雅彦の別れの場面も、そしてイモが最後に届けてくれたみかんも、
見事でした。

通りすがりですが
2011年02月25日 00:45
本当に間がいいですよね!こちらは沈黙の間に考えさせられ、涙してしまう…。
それでいて笑いの要素も忘れてない。


中央以外をぼやけさせた映像の演出も雰囲気があって綺麗ですし、本当に映画のようなドラマですね。。
ikasama4
2011年02月27日 12:25
きこり様
2話目も素晴らしかったです
渡部さんのキャラはハマリすぎですね≧∇≦b

でもって、元気なイモと同様
陽気さで自分の孤独や寂しさを
隠しているような気がします

二人とも、おっかに会うまでは人を
信じられない性格だったのかもしれませんね

どのシーンをとっても、この作品は素晴らしいです
ikasama4
2011年02月27日 12:25
通りすがりですが様
ですねぇ。
あの間がこちらにそう思わせる時間を与え
それがこちらの感情をあれこれ呼び起こしてくれます

そうそう、この笑いの要素も見事です
この作品は何を見せようとしているのかが
はっきりしてていいですね

こういうのが映画館ではなく
お茶の間のテレビで見れるのが幸せだと思う今日のこの頃です

この記事へのトラックバック

  • 「四十九日のレシピ」 第2回 二人のあしあと

    Excerpt:  (ρ_;) 今回もじんわりと泣かされちまっただよ・・・ オッカに背中を押されて歩き出した百合子を応援したい気持ちになりましたわ~ HPはこちら。レシピカードも見られますよん ... Weblog: トリ猫家族 racked: 2011-02-24 14:42