Q10 第5話

今回は自分がほしいものとか、なりたいものとか
「自分が求めるもの」

ここでしたね。


それは人によって色々と異なる

藤丘は貧乏な家庭から脱却したいと思い

影山の場合、河合といる事よりも自分の夢を優先したいと思い

河合の場合、影山と一緒にいる事を何よりも大事にしたいと思い

中尾はロボットと分かってQ10を自分のものにしたいと思い

山本の場合、自分が自分であること、自分という存在を認めて欲しいと思い

そして、平太はQ10をモノではなく生きている者としてほしいと思う



「求めるものがある」


平太のお父さんが言ってましたね


ほしいもんがあるってのは生きてる証拠だよ

入院してる時は何もほしくないって言ったのに
突然トマトがほしいって言い出してさ

お前が欲しいっていっただけで
いつもと全然違うんだ

死ぬほど欲しいってことは
生きてるって証なんだ




そして、時にそれは人を狂わせるのでしょうね。



民子はネットでの言われもない誹謗中傷が気になって仕方がない

否定したくても誰も自分に聞いてくれない


そんな彼女を救ってくれたのは久保の言葉


ネットの悪口、勝手に言わせておけばいい

そのこと、私に面と向かって言ったの、久保君だけ
声出していってくれないから違うって言えない

いえないのに嘘の私がどんどん作られてきて

私、どこで言えばいいんだろ?
誰に向かって言えばいいんだろ



じゃあ、俺に聞かせてよ

この言葉で民子は救われたんでしょうね。




それから、どうしてもQ10というロボットが欲しい中尾

そこに富士野が登場


力って持った途端、自分の思い通りにしたくなる
それは今ある世界が壊れるってこと

壊すつもりでしょ?
今ある世界を

本当に壊していい世界か
壊してはいけない世界か
それが分からなければ使ってはならない


そして、中尾は屋上に身を乗り出し
自分の命を懸けるつもりで必死のアピール



人間の命とロボット、どっちが大事だよ


Q10だ


そして、もつれあって平太が屋上から落ちてしまう

その時、中尾が富士野から渡された「大変なもの」が割れてしまう



あ~あ、割っちゃったんだ

あんたはこれから自分が壊した世界を行き続けなければならない

力を使うということはつまりそういうこと





そして、気が付くと再び場面はあの屋上に身を乗り出した時に戻っていた

デジャヴのような展開


あの富士野がもっていたものは何なのか

それに彼女が持つ力とは何なのか

とっても謎ですね。




Q10と一緒の帰り道
あの瞬間、何もかも失いたくないと思った

そして、中尾にQ10をあげようとしたその時
ふと、自分を見つめるQ10の姿に自分がこれからしている事を
責められているようで悲しくなった

あのQ10の目が切なさをかきたてくれました



そして、平太は中尾に自分の思いを話すんですね。

そして、心臓に疾患があることで
中尾からその事で世の中を怨んだ事がなかったのかと


怨んだよ
でも、怨んでもいいこと、ひとつもなかった
この世は不公平だ
そう思う事にした

そうしたら、そんな目に遭ってるのは自分だけじゃないと思った
恨みとかそういうろくでもないものを少しずつ小さく折りたたんでいったんだ

小さくはなるんだけど、なくならない
きっと俺の中にあるんだと思う

同じだよ、俺とお前
同じなんだよ





意外とそういう言葉ひとつで
世界が変わってしまうもんです ̄▽ ̄



小さくたたんで閉まっていた筈のものがすこし開いた気がした
俺のろくでもないものがまた大きくなってしまったら

でも、それでもいいと思ったんでしょうね。





そして、自分がこの世の中で不幸だと思ってた

でも、自分よりも不幸だという人がいっぱいいる
でも、その人は自分を不幸だとは思っていない


それって、不幸もまた、貧乏と同じで
シールみたいなもんなんでしょうね。

その気になったら剥がせるって
だからシール貼ってても全然平気

自分が自分を信じてるのなら―――――



自分も平太と同じように考えてた時期がありました

高校の時に

その時、友人が言ってくれた言葉があります

人間、みな他人が思うよりも不幸なんだ
皆、同じ「どん底」は味わっている

ただ、不幸の底が人によって違うんだ

みんな同じなんだって





その答えが平太にとってはあの鉄塔だったんでしょうね。




あの鉄塔だ
Q10が「世界が生まれました」と言ったあの鉄塔だ

Q10とどこまでもいけたらいいのにと思えたあの鉄塔だ

あの鉄塔が俺なら、あれは久保だろうか
あっちは影山


どれも空に向かって立っている
それは空に向かって声にならない声で叫んでいるみたいで
言葉にならない気持ちで
頼りない電線だけで繋がっていて
ぽつんと一人、でも地面にせいいっぱい踏ん張って

俺はここにいると立っている

―――――ああ、そうだ

俺たちはここにいる



この時、改めて平太は自分が「生きている」という事を感じたんでしょうね。


一方でこれまでに平太は久保と同じ体験をしてきたみたいですね。




毎日、死の恐怖に打ち震え、不安でたまらない日々
でも、気が付くといつのまにか久保とは別の世界に足を踏み込んでいた平太

ですが、日々薬を飲んでる姿を見ると
もしかしたら、また久保と同じ世界に―――――なんてこともあるのかもしれません。




それから「平太の音」


あれは平太が心臓に疾患があるという事から
家族がじっくり聞いてたのが印象的でしたね。

それは平太がここにいる証でもあり
家族が平太を守ってきた証でもありますからね。



でもって、クラスみんなの心臓の音

あれはまた新鮮でしたね。


みんな、ここに生きている

言葉にならなくても
みんな、そうやって生きていることを主張してる

ロボットの昨日を生かして
それを分からせる面白い展開でした。



それから、影山と河合、そして藤丘

この三人が「これから」どうなっていくのか気になりますね

特に影山は河合と共に過ごすことよりも自分の夢を優先した

そのことで、昔の自分に戻りたいと思う河合

なんとも複雑な乙女心です。


それとQ10は富士野のバックにいるところで
開発されたもののようですねぇ。


一体彼女の目的は何なのか
平太に何をしようとしてるのか

それと共に平太とQ10に訪れる「いつか」はどういう形なのか

そこがとても気になります。



ちなみに「私はロボットなり」と
誰がQ10にキテレツ大百科を見せたんでしょうかね ̄▽ ̄ゞ


でも、あのガビーンが許されるのはQ10だけだな≧∇≦b

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2010年11月14日 11:50
ガビーンに目の下の線が可愛かったデス
キテレツは、同じく人間界で生活したロボットの
先輩として、Q10自身が検索したのかも~

年代的に、ほしいものやなりたいものに向って
一生懸命な彼らより、平太が欲するのならと
必死で高いトマトを買い求める平太父の話にじーん・・・

この先の人生、何かを望んだとしても
今更大逆転は無いとわかってるだけに
ささやかな幸せを大事にしなきゃとしみじみ感じたりして
2010年11月15日 02:40
今回もウルウルしながら見た1時間でした。。。
何かが欲しいと強烈に思ったり、自分の居場所が不安だったり、
そういう事って若いからってわけではないんですよね。
平太のお父さんの言葉も心に染みたし、みんなの気持ちが
解る気がするドラマですわ。

ただ月子の立ち位置が解らないので。。。
「スペック」翌日に見るだけに、何かしらのスペックの持ち主では
と思ってしまいます^^;

そうそう。
しゅてきな画像をありがとうございました(*^^*)
そういや、親子だったな~。。。と改めて。。。
ikasama4
2010年11月18日 20:54
まこ様
あれはリアルにやってたら
それはそれでシュールかもしれませんが
やっぱり許される人だからいいですね。

もしかしたらQ10がキテレツを
見てた可能性もありそうですけど ̄▽ ̄ゞ

あのトマトの話はよかったですね。

平太のために奔走する父が
あの頃を懐かしむように語る姿
あれが実によかったです。

ささやかな幸せとは
そうした苦難を乗り越えた日々を振り返って
今という時間を噛み締める事にあるんでしょうね。
ikasama4
2010年11月18日 20:54
くう様
ホント、毎回やられますね。
たしかに若いからってだけじゃないですよね。

みんな、それぞれに思い悩むことがあり
それは分かっていても

また再び似たような状況で悩んでしまう

そういう時、友達とかお母さんとか
見知らぬ人であろうとも

自分に救いの手を差し伸べてくれる人の存在は
ありがたいですね。

たしかに月子のポジションは怪しいですよね
彼女はもしかしたら時を撒き戻すSPECが
あるのかもしれませんね。

うちにこの本があるんですが
こうしてみても、あんまり親子って感じが
してこないです; ̄▽ ̄ゞ

この記事へのトラックバック

  • Q10 第5話

    Excerpt: Q10の第5話を見ました。Q10の正体に気付いた中尾が、自分にQ10をくれれば秘密を守ると平太に持ち掛けてくる。焦った平太が岸本らに相談すると、彼らは中尾の条件を受け入れ、Q10のリセ... Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2010-11-14 07:00
  • Q10(キュート)「正体がバレタ!!ずっと一緒にいたいのに・・別れの時」

    Excerpt: 思えば、初回と2回目が、(山場が)レトロソング。そして、3回目が中原中也の詩。そして、今回は心臓の鼓動をベースにくる、とは思いませんでした。やるなぁ… 冒頭の、「Q10はロボットだけど、今の仮の.. Weblog: のほほん便り racked: 2010-11-14 08:15
  • Q10 第5話:正体がバレた!!ずっと一緒にいたいのに…別れの時

    Excerpt: 生きてる・・・(〃∀〃;) ドクンドクン 自分やクラスメート達を鉄塔に例える平太・・・Q10作成のそれぞれの心音も 場面場面でめっちゃ効果的で、今回もキュンとしたまま、その余韻に浸っち... Weblog: あるがまま・・・ racked: 2010-11-14 11:08
  • 「Q10」 第5話 正体がバレた!! ずっと一緒にいたいのに…別れの時

    Excerpt:  さて・・・『自分とは何ものなのか?』そんな疑問がQ10にも湧き上がっております。 「ワタシはナンデスカ?→自転車屋!→高校教師!」Q10(前田敦子) 「そりゃロボットなんじゃないの?」しげ(白石加代.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2010-11-14 14:10
  • 【Q10】第5話と視聴率「正体がバレた!!ずっと...

    Excerpt: 【第5話の視聴率は11/15(月)追加予定】中尾、卑怯でしたね。中尾にQ10がロボットだとばれてしまい、口止めのために、Q10をよこせと。最初は、中尾に渡してしまいそうになった平太でし... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-11-14 14:46
  • 【Q10(キュート)】第5話

    Excerpt: 失いたくないと思った。夕焼けもQ10のちょっとダサい制服も。その変な喋り方も。どこからか聞こえてくる吹奏楽部の音も。今、偶然ここにある何もかも失いたくないと思った。Q10がロボ... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-11-14 15:45
  • 『Q10(キュート)』 第5話

    Excerpt: 平太の音。。。3年B組の音。。。それぞれの鼓動。「止まったことないんだよ。ずっと動きっぱなんだよ。すごいよ」  by下の娘娘の言葉に、そうだよな~、80年も動き続けるって驚異だわぁと思った。こんなにあ.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2010-11-14 16:59
  • ALWAYS鉄塔の夕日・タイムマシンは地球儀型(Q10#4・5)

    Excerpt: 『Q10(キュート)』ロボットとABCマデハデキテモ Dはムリ・・・カナ? 独立騒動が勃発したバード羽鳥と一緒に写真を撮った深井家に激震か不倫ではなく、武ちゃん@光石研が家計の為に働き始めたのか。見た.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2010-11-15 17:12
  • 「Q10」(第5話:「正体がバレた!! ずっと一緒にいたいのに…別れの時」)

    Excerpt: 11/13に放送された「Q10」は、平太(佐藤 健)が中尾君(細田よしひこ)に「Q10(前田敦子)をくれ!」とお願いされる、というのが主な内容であった。今回のエピソードの後半には、中尾君がQ10を手に.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2010-11-20 08:14