フリーター、家を買う。 第4話

人生には思いもかけない出来事がふりかかる
逃れたくても逃れられない出来事がふりかかる


まるっきりあてにならない父親
姉には既に家庭がある

だから、母の世話は僕がやるしかないんです


そして、就職にバイトに奔走しなければならない


そういう誠治の必死さが周囲にも痛い程伝わります


一方で、次第に依存していく母親が
自分の中で重荷になっていく


そうして、母のために
就職しようとしていたはずなのに

その母のために
就職を諦めざるを得なくなってしまう


母のために頑張っていたはずが
母のために自分の人生を犠牲にしなければならない


こういうのはたまらんですね。



「チッ」っていう舌打ちとか

「頼むから今だけ邪魔しないでくれよ」とか

「うんざりだよ」とか


嫌になるのもよく分かります


最初は親の事をどうにかしたいと思っていたのに
日に日にその親が自分の中で重荷になっていく


そうなってくると邪魔なんですよね。


そうして、どうにでもいいと思ったか
今まで家族に言えなかったことを全部吐き出す


笑っちゃうかもしれないんですけど
アホな親父が余計なことばかりやって
頼りになんねぇし
俺がやるしかないんで
お袋、俺のこと、頼ってるんで
俺が、俺がやるしかないんで
俺しか・・・俺しか・・・もう無理だよ
お袋の面倒見るの、もう無理です・・・

もし、本当にお袋がいなくなったら
俺は・・・多分・・・ほっとすると思う




同感です。


別にそれを知ってもらったとしても
何がどう変わる訳でもない

就職に有利に働く訳でもなく
給与に響くなんてこともない

別段同情を引きたい訳でもない



ただ、知って欲しかった・・・・・てね


うちの父親が倒れて幼稚園児並の知能しかない
障害者になってしまい
家族の世話なしでは何もできない


その時、うちの母親と口を揃えてこう言ったんですよね



「どっかで転んで打ち所が悪くて死んでくれんか」



未だにぼやく事がありますよ


特に借金があるときには
今、死んでくれたら、とっとと相続放棄するのにとか
そんな事を言ってましたね。


これが母親だったらまだ違ったかもしれませんが
うちの父親は性格的にこのドラマの竹中直人さんに
近いとこがあるので; ̄▽ ̄ゞ


それから、どうもお母さんがいじめを受けていた原因は
この辺の住人はみな高いローンを組んで大変なのに
武の家は会社が買い上げてくれてるので
月5万の家賃でやっていけるっていう
周囲から見ればなんともいいお話

それをどうもお父さんが自慢げに周辺に話してしまったことが
原因のようですねぇ。


それでも自分に非がないと責任逃れをしたかったみたいでしたが
そんな父親でも責めないでほしいと懇願するお母さん

今の自分から見たら悪いとこしか見えない父親
結婚する資格も家庭を持つ資格もないようなこんな男と
どうしてお母さんは一緒になったのか

つくづく思う誠治のようですね。



それでも母の前では

母さん、ハンドクリーム塗ろ

そう言って母の喜ぶことをやってあげる

そうして日々が続いていく訳ですね。




ちなみにうちはお見合いだったそうです(  ̄ノ∇ ̄)




それから千葉については
2年前に起きた事故の事をずっと悔やんでたみたいで
その時、事故に遭った作業員の下に足を運んでいるみたいです。


忘れるってことは自分が楽になることみたいで


その千葉の主張も分かるのですが、結局
それは相手が忘れたくても忘れさせない事でもあり


それはお前の自己満足にすぎないんだよ


って言葉が実に響きます。



後は西本さんとこの息子さん
ドライというか、むしろ母親を侮蔑してるようなとこがありますね。

だから、人をいじめることに執着するんでしょうかね。

やれやれです。




そして、次回は自殺未遂・・・ですかね。


まだ、未遂ならいいですけどね


何にしてもたまらないのは
そこまで親を追い詰めてしまったかもしれないという事実ですね。



この現実を前にすると流石の父親も動いてくれるのではないかと思うのですが
果たして武家はどうなるのか、気になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年11月10日 01:22
>母のために頑張っていたはずが
母のために自分の人生を犠牲にしなければならない

まさにこんな感じですよね。。。
自分の目標が達成できず、しかも足を引っ張っている
誰も助けてくれない。

でも、本当は助けてくれるべき父親がいるはずなんですよね。
今回は父親にも戸惑っている姿が多少は見れたし、
このまま助けてくれるようにならないでしょうかね~(>_<)

私は介護経験って今はないのですが、いずれはこの身に
降りかかってくるだろうと思っています。
ウチの父も誠治のオヤジに近い人なんで。。。
私は師匠のように優しくはなれないかも~^^;
2010年11月10日 15:20
あれだけ母の為に一生懸命な誠治なのに、
何も報われないってーのが気の毒で・・・
母に対してそっけなくなるのも、酒飲んで
鬱憤晴らししたい気持ちになるのも仕方無いわー。
本当はこうゆう時に女手があればいいんだろうけど
姉の嫁ぎ先の姑さんがあれだし、子供がまだまだ
手がかかる年頃ってーのも良くできた脚本だわと
感心(笑)。
それにしてもお父さん!余計な事を・・・
SFurrow
2010年11月10日 16:18
ここしばらくは少し辛い展開になりますね~
隣の息子も登場しましたね(見たことのある人ですが、何に出ていたんだろう?)
誠治がいろいろな事を犠牲にして母親の面倒を見ているのは、父親への反発心が原動力になっていた、それなのに母親は父親を責めるなというばかりで、誠治の心が折れてしまうという成り行きはとても納得できる展開ですね。これが娘だと「お母さんはあれでもお父さんの事が嫌いじゃないんだな」みたいに多少は冷静に見られるのでしょうが、父と息子の場合は…
こういう場合、医師は患者だけでなく、患者をサポートする家族のケアも必要ではないのでしょうか。少なくともカウンセラーなどとコンビを組んで対応するのが普通じゃないかなと思うのですが(友人にカウンセリングをしている人が何人かいるので)。
あと薬については、わざわざケースとか買わないでも、日付と時間を書いた小さい封筒をたくさん用意して、1回ぶんずつ入れてファイルしておけばいいんじゃないかと思うけど…
2010年11月11日 10:26
ニノの涙にヤラレました。・゚・(*ノД`*)・゚・。

母親が父親を庇う理由が何かあるんですかね?

遣り甲斐がなくてもまだ頑張れる。
報われないってことには耐えられない。
2010年11月11日 12:28
亜矢子もママ友とのつきあいに神経使ってるように
お母さんも苦労しただろうと想像がついたのですね。
日本人は横並びが大好きというのが笑っちゃいました。
この誠一にはきっとわからない感覚なんでしょう。
でも今週は少し奥さんに対して気遣いが見られましたよね。
裏目にでたのが残念ですが諦めずに理解する気持ちだけでも
持ってほしいですよねえ。
それにしてもニノの涙は上手すぎました。
ikasama4
2010年11月14日 12:01
くう様
ホント、そうですね。
こうしたいのにそれが出来ないもどかしさ
そうして、自分を責めてしまう

こういうのは家族の協力が不可欠です。
実際に経験してつくづくそう思います。

うちの母親は亡き祖父母の世話を
ほぼ一人でやっていたので
改めて母の凄さを思い知っております。

その点では私よりも
母親の方が二枚も三枚も上です ̄▽ ̄;
ikasama4
2010年11月14日 12:02
まこ様
そうですね。
報われないってことが実に大変です。
こういうのは終わりが見えないのですからね。

時には羽目を外したくなるのも分かります。

一方で、こういう家庭の実情があると
ついつい自分の将来を悲観したくなる気持ちも
分かります。

ホントならば姉に頼りたいところでも
彼女には家庭がある訳ですからね。
母の問題に巻き込むと
彼女の家庭さえも壊しかねない状況になる

だから強く言えない

そういうところも見事なものです。

でもって、子供の視点だとつくづく思います。
うちの母親はどうしてこんな人と結婚したのかって
 ̄▽ ̄;
ikasama4
2010年11月14日 12:03
SFurrow様
そうですねぇ。
人生って80~90%くらいは
辛い展開ばかりですからねぇ ̄▽ ̄

たしかに父親に対する反発でもあり
意地でもあるのでしょうね。

そして、一番のポイントは
息子は自分が生まれてからの父親しか
特に「今」の父親しか見ていない

でも、母親は息子が生まれる前
結婚する前から父親を知っている

そこが二人の見解の相違になっているのでしょうね。

正直、一人にするのが不安ならば
色々と施設を利用するのも大事です。

それくらい父親が金を出してほしいところです。
折角家賃が安いのですからね
ikasama4
2010年11月14日 12:03
mana様
上記でも書きましたが
息子は自分が生まれてからの父親しか
特に「今」の父親しか見ていない

でも、母親は息子が生まれる前
結婚する前から父親を知っている

だから、母は誠治の知らない
父のいいところをたくさん知ってる

この点でしょうね。

ちなみにうちの母親からは
未だに父親の愚痴しか聞いたことがありません
 ̄▽ ̄;
ikasama4
2010年11月14日 12:03
エリ様
学校でも社会でも
波風立てず生きていくには

周囲に合わせるとかして
神経使うことが多いように思います。

逆に鈍ければ、神経使うこともないでしょうけど
神経使う方は心もすり減らして
気が付くと自分が自分でどうにもならないように
なってしまっているんでしょうね。

そのことに誠一も息子と同じように
真正面から向き合う必要があります。

今回はその兆候が見えてきたのがよかったです。

>それにしてもニノの涙は上手すぎました。
同感です;▽;

この記事へのトラックバック

  • フリーター、家を買う。 第4話:お袋の、面倒みるのもう無理だ…

    Excerpt: 誠治、頑張ってた…(* T-)ヾ( ̄▽ ̄;) ヨシヨシ ニノの泣きの演技には思わずもらい泣き・・・ 精一杯、母に尽くしてた誠治だけど、そうは言っても1人じゃ限度があるよね 母... Weblog: あるがまま・・・ racked: 2010-11-09 23:49
  • 【フリーター、家を買う。】第4話

    Excerpt: 人生には思いもかけない出来事が降りかかる。逃れたくても逃れられない出来事が降りかかる。でも、人生は続いていく。父親は誠治が壁に張った「目標 家を買う」を大声で読み上げ、... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-11-10 01:00
  • フリーター、家を買う。「お袋の、面倒みるのもう無理だ…」

    Excerpt: 今回は、成長を続ける誠治(二宮和也)が、逆に、すべてを「抱え込み」すぎて挫折しかかる編… 御近所に意地悪されて、出せない家のゴミ問題。病状が思わしくなく不安がる母(浅野温子)そんな、諸々を、バイ.. Weblog: のほほん便り racked: 2010-11-10 09:25
  • 『フリーター、家を買う。』4話感想

    Excerpt: 『フリーター、家を買う。』4話の感想です~感想しか書いてませんがネタバレ注意であらすじ等は公式HPへ短め感想・・・っていうか・・・最初の15分見そびれたーーー(泣)お風... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-11-10 14:12
  • フリーター、家を買う。 テレビドラマまとめ

    Excerpt: フリーター、家を買う。(フジテレビ系) 2010年10月―12月期(秋)火曜日21:00― 2010年10月19日放送開始 フリーター、家を買う。 サブタイトル   第1話「明るかった母さん.. Weblog: テレビドラマまとめてみました racked: 2010-11-10 17:03
  • ≪フリーター、家を買う。≫☆04

    Excerpt: 誠治は、嫌がらせをする隣家の西本とトラブルを避けるために、ゴミを大悦建設の事務所に運んだ。ゴミ紛争があると少し話すと、大悦は、出しとけと言ってくれた。 真奈美は、誠治に、そんな人がいるんだと聞いてきた.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-11-11 18:02
  • フリーター、家を買う。 第4話

    Excerpt: ニノの涙に貰い泣き。グスン。そして「母さん、ハンドクリーム塗ろう」にほんわか―。 Weblog: エリのささやき racked: 2010-11-12 06:27
  • 「フリーター、家を買う」(第4話:「お袋の、面倒見るのもう無理だ…」)

    Excerpt: 11/9に放送された、「フリーター、家を買う」(第4話)は、誠治(二宮和也)が「家を買う」という目標に向かって動き始める、という内容であった。とは言っても、たった1人で母・寿美子(浅野温子)の世話から.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2010-11-16 00:38