Q10 第4話

今回は「次」そして「いつか」

言葉遣いの悪さを指摘されたQ10は
言葉遣いを直すために落語を聞いて学習に励む


Q10には次に進もうとする目標がある


一方の自分達はどうだろう?


ここが今回の焦点でしたね。


平太も中尾も影山も河合も近藤も山本も
みんな、次どうするかを悩んでいる

簡単には決められない
ましてや1日で答えが出るようなものでもない



そして、「次」ってのは
とても不確かなもので不安なもので

だから、そのために相手を巻き込んでしまいかねない



この先、何がしたいのか全く分からない平太


「どうでもいい」って言葉に
まさか、涙機能装着済であるQ10が泣き出すとはね

でもって、ハンカチもらって涙を拭くまで
その機能が止まらないというのは笑えた・・・ぱふ ̄▽ ̄b


でもって、涙を流した理由というのが

若旦那がごむたいな事を
若旦那は超人の情けの分からないお方です



ですからねぇ≧∇≦




影山は河合と付き合えるようになったけれど
大学の進路で影山より成績のいい河合は
もっといい大学にいけるのに影山のレベルに
合わせた大学に行くという

影山と一緒にいたいのが理由なんだけど
影山にとっては、それで

「俺のせいでいい大学行けたのに」って言われるのが怖い

「いつか」そう言われるかも知れない

「いつか」河合に嫌われてしまうのが怖くて

そんな「いつか」を気にして

その結果、「今」河合に嫌われてしまう影山


近藤は親が出て行ってしまい
弟や妹の面倒をみる今の生活から
以前のような「いつか」が来ることなんて想像が出来ない


山本はロックがしたいけど
そんな「いつか」なれるかどうかも分からない

他人にも分からないし自分にだって分からない

それになりたいと思っていても
誰にも本当のことなんか分かってもらえない



そうした者達に言葉をかける方がいる



山本の場合は久保

焦ってるとか悔しいとか
この先どうなってしまうかなんて
思ってる事吐き出したいけど

言われたほうも困るだろうし大丈夫だろうとか
何根拠のないことで励まされてもさ
何を頑張ればいいのかなんて分からないのに
何かうっとうしいよな

こう言われて、ふと思ったんでしょうね

自分だけじゃないって






近藤の場合は校長先生


一度手放してしまったらおしまいだぞ

昔、好きな女の子がいたんだけど
絶交したら好きなアンパン食わせてやるって友達に言われて
その時、俺は金がなかったのでアンパンを選んだ

そのうち、アンパン買えるようになって
しばらくして好きな女の子が車の事故で亡くなった

それでアンパンをヤケ買いしたんだが
全然食べれなかった

なくなるって分かっていたらなんだって出来たのに

だから、どうせなんか言うな

とりあえず、やれることからやろうよ




必ず「いつか」は来る



そして平太は富士野から

彼女は言う


この世界に永遠なんかない

この世界にあるものの大半は暗黒物質

私達が物質と呼んでいるものはわずか4%

いずれはその物質もなくなる

そうしていずれは「永遠」という言葉もなくなる

つまり「いつか」は全部終わるの




この言葉が平太には衝撃的だったみたいですね。



いつも当たり前にいたはずのものが「いつか」いなくなる



柳先生がいつもは小川先生相手にあれこれ話していたけれど
その話し相手がいない事の寂しさを感じていたように



平太もまたQ10がいなくなる寂しさを痛感したんでしょうね。



そうして心を入れ替えた若旦那はQ10の下へ


この世界に物質と呼ばれるものは4%しかないそうだ

どうせとか言っているうちに
どんどんふくらんでいって
ありとあらゆるものをばらばらにしてしまう

だから、大切なものは心から大切な者は
ちりぢりにならないように
しっかりと抱きしめてやる
二度となくさないよう
努力していつかはなくなると分かっていても
努力して・・・・・

もうどうでもいいなんて言わない

俺は今、宇宙の4%を抱きしめている

先生、決めました
この大事な4%を抱きしめて生きていきます



いやぁ、あの星空をバックにQ10を抱きしめる平太の姿
実にキレイでした



日テレは人物中心でなく
こういう背景を生かした見せ方をしてくれますからね



そして、永遠とかいつかなんて必ず終わるものだから

「今」を大事にしないといけない

そういうのが大人の言葉を通じて分かるような構成になってましたね。




一方、富士野は平太とQ10との関わりを知っているようで
でもって、Q10が充電に使っていると思われるあのコンセントに
何か仕掛けのようなものをしておりましたね。

この辺は今後何かありそうです。



後、ちょっと笑ったのは

自分の息子の電話なのに
オレオレ詐欺だと勘違いする小川先生の母


そして



何かしらいかがわしいお店でバイトしてる父

これはあくまでもいいエピソードのお話であり
お店自体、名前だけでそういういかがわしい店ではないとは分かったんですが


思わず、お店の女の子で上戸彩でも出てくるのかなと思いました; ̄▽ ̄ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2010年11月07日 01:06
次があるってことをあきらめないってお話でしたね~。
今回もなかなか染み入る物がありました。
木皿さんの世界は大人が優しいですね(。-_-。)

キュートの機能は複雑ですね。
傷つく言葉には反応しないのに「どうでもいい」には泣くんですもの。
月子はQ10の機能を全部理解しているのでしょうか。。。

お父さんのお勤め先は、上戸彩ちゃんが働いているところみたいな
いかがわしい感じじゃなかったですね^^;
光石さんの演技が全然違うのが素晴らしいですわ。
2010年11月07日 21:44
そそ!平太父は、愛獣の内部でそれこそ野獣のように
女の子達にひどい言葉を投げかけてるのかと
思いきや、普通に働いてた(笑)。
今を一生懸命に生きるって、当たり前の事ではあるけど
なかなか出来ないもんですよねぇ。
富士野さんは平太やQ10にとっての
悪なのか、善なのか・・・不思議な少女でやんす
ikasama4
2010年11月08日 22:48
くう様
そうですねぇ。
若者の苦悩と葛藤である「いつか」

そして毎回ながら
それを通り過ぎた人達の助言がとても心温まります。

この世界では大人が
子供達の道しるべになっていて
大人がちゃんとしてるって感じです。
自分達も見習わないとと思います。

でもって、平太には知らない
お母さんが悲嘆にくれてた時期があったみたいで
そんなお母さんにもお父さんはいつも
笑顔を絶やさなかったんですね。

ホント、月9とはえらい違い≧∇≦
ikasama4
2010年11月08日 22:48
まこ様
ホントですねぇ。
月9ではあんなに金にがめつくて
冷酷な人なのに

ドラマが違うとこうも違うのかというくらい
とってもいい人ですね。

ま、この辺の使い分けが
役者さんならではとこなんでしょうけどね。

たしかに「いつか」を気にして
「今」を躊躇してしまうってこと

よく分かります。未だにそうなんで; ̄▽ ̄ゞ

富士野さんはたしかに不思議ですね。
ただ、彼女はQ10のことで
何かしら知っているのは間違いないですね
2010年11月11日 10:20
>いやぁ、あの星空をバックにQ10を抱きしめる平太の姿
>実にキレイでした
このシーンも良かったですね~。
またキュートの服装が昭和っぽくて(笑)

しかし、このシーンを見て
益々平太のことが心配になってしまいましたよ。
必ず別れは来るでしょ?(・・、)

>お店の女の子で上戸彩でも出てくるのかなと
私も思いました。
で、同じ役者さんが全く正反対のタイプを演じるって、
こういうギャップが大好物です♪
一人で二度美味しい(笑)
新海社の向井社長役の段田安則さんも^^

あ~、フジもどうして土9にドラマを?
土11で良かったのにぃ。。。パフ!
ikasama4
2010年11月11日 19:49
mana様
たしかに今の時代らしさよりも
懐かしさがにじみ溢れてくる感じですね。

でもって、私も思いました
この雰囲気だと「いつか」必ず
別れがやってくるって。

そうそう、こうして同じ役者さんが
同じ時期に別のドラマに出て
こういう正反対の役を演じてるのを見てると
なんか得した感がありますね♪

段田さんもTBSの時とはまた
全然違いましたね ̄▽ ̄

それにつけてもフジはちとドラマをやりすぎ
役者だけ集めても、脚本がスカスカじゃあねぇ。

正直、今でも多過ぎだと思ってます・・・ぱふ

この記事へのトラックバック

  • 【Q10(キュート)】第4話

    Excerpt: この世の中はどうでもいい事とどうにもならない事で出来てるんだよ。この世の中にオレじゃなきゃいけない仕事なんてないし。お前らはどこまで進んでるの?と影山に聞かれた平太は答... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-11-07 00:53
  • Q10 第4話

    Excerpt: Q10の第4話を見ました。平太ら3年生に今後の進路を学校に提出する時期がやってくるのだが、白紙状態の平太は、Q10ですら目標を持って行動していることを知る。一方、Q10がロボットでは... Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2010-11-07 07:27
  • Q10(キュート)「どうでもいい、なんて言うな!!涙のQ10に愛の告白!? 」

    Excerpt: また、キュート喋りが進化しました?ね。言葉が変だと言われ、なぜか落語を学習しはじめた、Q10(前田敦子)、シリアスな場面で落語調が出てくるのが、なんとも不思議でユーモラス 中尾(細田よしひこ)が.. Weblog: のほほん便り racked: 2010-11-07 09:42
  • Q10 第4話:どうでもいい、なんて言うな!!涙のQ10に愛の告白!?

    Excerpt: 愛獣って何屋さんデスカ?( ̄∇ ̄?)ハテ お父さん、焼きうどん作れるんだ 愛獣という怪しげな店名から、風俗系の店かなと思い、思わず【流れ星】で光石さんが やってる... Weblog: あるがまま・・・ racked: 2010-11-07 09:44
  •  「Q10」 第4話 どうでもいい、なんて言うな!!涙のQ10に愛の告白!?

    Excerpt:  『進路希望調査』が配られ、平太達3年生は『次』に進む決断を迫られております。 Q10(前田敦子)ですら、第一希望に『努力する』と書き込んでおり、 実行すべく落語のテープを聞きながら、喋り方の勉強をし.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2010-11-07 13:19
  • 『Q10(キュート)』 第4話

    Excerpt: 今回もまた心にグッと来るお話に上手く絡めて来ましたね。面白く見せてくれたのが、キュートのべらんめぇ調喋り♪こういう変化の見せ方もあるんですねぇ。ホント飽きさせないわぁ。ロボなのに健気で可愛いし、平太が.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2010-11-07 17:56
  • 【Q10(キュート)】第4話と視聴率「どうでも...

    Excerpt: 【第4話の視聴率は、11/8(月)追加予定】富士野月子(福田麻由子)、とても頭が良かったですね。彼女がQ10を作ったのでは?それに、「2016年このことが証明されて、2025年、国語の教科... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-11-07 19:28
  • Q10 4話

    Excerpt: 今回は進路の話。 思えば高校で、18年しか生きていないのに、 もう自分の将来を考えて何かを選択しなくてはいけないって 結構大変。 もちろん大人になれば、修正することは可能だってことも わかってくるけ.. Weblog: Simple*Life ドラマ感 racked: 2010-11-08 08:38
  • Q10(キュート) テレビドラマまとめ

    Excerpt: Q10(日本テレビ系) 2010年10月~12月期(秋)土曜日21:00~ 2010年10月16日放送開始 Q10 サブタイトル   第1話「この地球上に自分より大切に思える人なんているんだ.. Weblog: テレビドラマまとめてみました racked: 2010-11-08 17:14
  • Q10 第4話 感想

    Excerpt: 日テレ系ドラマ「Q10」第4話の感想を。何度も同じこと書いていますが、この「Q10」には全く期待していなかったんですよ。Q10(前田敦子さんAKB48)というロボットが巻き起こす、ドタバタ劇みたいなも.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2010-11-09 05:23
  • ≪Q10≫#04

    Excerpt: Q10も努力していた。しゃべり方が、変だと言われたので、落語で勉強しています。イヤホンで聞いていてのは落語だった。 若旦那は、進路をどうするのかと聞かれ、答えられない平太 Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-11-11 06:51
  • 「Q10」(第4話:「どうでもいい、なんて言うな!! 涙のQ10に愛の告白!?」)

    Excerpt: 11/6に放送された「Q10」(第4話)は、平太(佐藤 健)が進路希望調査で悩む、というのが軸となって話は進んでいく。今回のエピソードを見ていて、鉄火丼が「全く異論はない。」と返したくなったフレーズが.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2010-11-12 23:25