フリーター、家を買う。 第3話

土木の仕事はきついだけじゃない
続けた者にしかわからないものがある


誠治はバイト先の従業員と仲良く話し
大分、今の仕事に慣れてきているとこがある



でも、これで一人前になれたかなと思った矢先、社長に釘を刺された


自分を一人前だと思っている奴に一人前っていねぇんだよ


こうして毎日、くたくたになって家に帰る


休みの日、姉さんが甥っ子を連れて遊びに来てた。
甥っ子は将来、ヒーローになるんだと言ってた。



ふと、思う


自分も子供の頃は夢はあった

でも、今更子供の頃の夢もない
いつから自分の夢を思い描くなったんだろ?







子供の頃の自分の夢を通して
誠治が色々と自分を見つめ
母のために一念発起する、という回でしたね。



自分もどちらかというと夢がなかった方で
最近になって出来た夢というのが

父親の借金を清算する

ということなんで、誠治の気持ちがよく分かります ̄▽ ̄;



それと、千葉と誠治は偶然にもあの橋の見える港で出会い
そこで思わず、誰にも言えなかった事を口にしたようですね。


千葉は子供の頃から橋が好きだった
子供の時から描いてた夢をひたすら追いかけて
それが今、現実になろうとしてる

誠治が思っているほど、千葉の道も順調ではないけれど

2年前に起きた事故というのが関係しているのでしょうね。



一方の誠治は
夢とかいって、そんな能天気な事、言ってる場合じゃないんだわ
就職できねぇし、だから再スタートもできねぇし

それに俺の母親はうつ病だし



この瞬間、ちょいと気まずい空気が出てましたね ̄▽ ̄





一方、母親が10年も前からご近所の隣人・西本さんに
いじめられた事実を知った誠治と姉が

父にこの状況を打破するために
今、住んでいる場所から引越しをする事を相談するも


当の父は

ただ、心が弱いだけだ
心の弱さを治さない限り、どこにいったっておんなじだ

挙句には

嫁いで家を出ていった女が口を出すな
どうしても口を出したいならお前が口を出せ


母の病気に全く理解を示さない



こんな親父みたいなのが父親だと思うと情けなくて仕方がない



でも、小学生の頃に書いた「ぼくのゆめ」



ぼくのゆめ

1年2組 たけ せいじ

ぼくは大きくなったら経理主任になりたいです
経理は会社の中でお金を計算する大切な仕事です
主任は班長さんです
ぼくはお父さんのような経理主任になりたいです
あの頃はあんな親父でも俺のヒーローだった

僕はお母さんの夢を聞きました

家族全員が元気でいること
元気でいてくれるだけでいいとお母さんは言いました


あの頃から母さんが俺の手を握ってくれた



これが実によく分かるとこです。


子供の頃は父親の言ってることが全部正しいと思えてきて
正にヒーローなんですけどね。

年をとって分別が分かると、父親の言葉を鵜呑みに出来なくなる

特に父親の言動によって母親が泣かされている姿なんか見ると



でも、父親をやり込めてしまうと
その瞬間から父親が小さくなってしまうんで
それはそれで悲しいとこでもあるんですがね。



そして、母は誠治の手をいつも引いてくれた

家族みんなが元気なことが母の夢だった。

その母が今は元気をなくしている


この時、誠治は自分が母の手をひく事を決意したんでしょうね。





ここから誠治が改めて
母に家を買ってやると決意し
父と母にもそう切り出した次第ですが

次回、いきなり壁にぶち当たるみたいですね。


普通ならば父親が手を差し伸べるべきなんですが
当の父親があれでは・・・・・ねぇ┐(´ー`)┌


ああいう父親を見るとホント、嫌ですね。
自分が正しいと信じて譲らない。

特に息子だから、子供だから余計に反発してしまう。

そういうのは改めて嫌だなと思います。



さて、これから年賀状の作成をばε≡≡ヘ( ゚∀゚)ノ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年11月03日 00:44
>でも、父親をやり込めてしまうと
その瞬間から父親が小さくなってしまうんで
それはそれで悲しいとこでもあるんですがね。

それって何か解る気がします。。。
私の父の場合は絶対にやり込められたりしないわけなんで
憎らしさも倍増なんですけどね( ̄∇ ̄;)
誠治の場合は、やり込めなくても父に情けない思いを
目いっぱい覚えたようでしたね。
あれってある意味、もう父の思想は切り捨てたって事ですよね。
でも、そんな父でも母から無理やり引き離そうとはしない。
優しい息子ですね。

年賀状、ガバってくださいっっ(⌒▽⌒)g
SFurrow
2010年11月03日 00:53
だんだん前向きになっていく誠治に対して、いつまでも自分勝手な父親にムカつきます。確かにこの年代は、ガンとか身体の病気については心配し支えようとするけれど、心の病気は弱さのあらわれと偏見を持ってしまいやすいですが…でも子供たちが一生懸命になっているのに、あの態度はないだろうと思ってしまいます。
「家、買ってやろうじゃん!」とタンカを切るところ、昔々の映画「シコふんじゃった」でモッくんが「勝てばいいんだろ、勝てば!」とやっぱりタンカを切ってたところを彷彿とさせました。

誠治と千葉が少しずつ心を開き合っていくところもいいですね。
千葉ちゃんの先輩役で登場した眞島さん、すご~く素敵でしたけど、ニノ君の「オヤジ好み?」がドツボ直撃(^O^)

それでは年賀状がんばって下さりませ♪お忙しい中での速攻レビューUP感謝です!
2010年11月03日 14:01
母に病気に理解を示さないばかりか、
不安に思う子供達の言葉にもガンとして耳を貸さず
かわいい孫が来てるというのにカフェにお出掛け・・・
ったくあの父親ったら何なんでしょ!!!
そんな父親はもうあてにしないとばかりに
家を買うという大それた目標を立てた誠治。
壁に貼った目標。お習字ではないけど、ホタルノヒカリを
思い出しましたわー
年賀状の時期ですねぇ。今年もあとふた月・・・
今からボチボチと年賀状書きや大掃除をすれば、
年末にあわてないで済むだろうなぁ~と思いつつ、
多分ギリギリまで何もしない
2010年11月04日 14:31
年賀状&ドラマレビュー、お疲れ様です。
もうそんな時期なんですねぇ。

初回の誠治を目の当たりにし、
どうなることかと思いましたけど、
誠治の成長ぶりに安心。面白くなって来たし。
ニノを嫌いにならないで良かった(笑)

>ああいう父親を見るとホント、嫌ですね。
>自分が正しいと信じて譲らない。
こういう人間が自分の身近に居ることでそちらを思い出し、
あるある~と激しく共感。竹中さんの演技に釘付け(笑)
こういう人は年を取ると共に弱くなるだけで、
本質は変わらない。可愛くない。
父親がどう変わるのか、ギャフンとさせられるのか、
逆に父の愛に泣かされるのか…
その辺りも竹中さんに注目、期待してます。
謎の女性にお金を渡し、家族にも見せたことがない
あの笑顔に隠された真実が気になる~。
子供たちが驚くほどの「実はいい父親」だったらいいのにねぇ。
ニノの顔を見てたら、
頑張れば家を買えそうな気がして来た(笑)
2010年11月04日 16:38
誠治の前向きさと父の情けなさが対立する今週話。
過去にお父さんをヒーローだと思っていたというのが
またいいエピでした。
なら亜矢子の息子ちゃんも
お父さんのように医者になりたいでも良かったのにね。
ともあれ小学1年で「経理主任」を知ってた事に
吹いたあたしなのでした。

もう年賀状発売されたのですか?
毎年新年になってから出していますが
今年は心を入れ替えて年内に出そうと思います(決意!
イラストは無理ですがアート系で行きたいな~。
ikasama4
2010年11月08日 12:59
くう様
親ってどうも子供には負けたくないって
思いが強いみたいですね。

でも、一度負けるとそこからは
もうおんぶにだっこみたいな

そんな状況にもなりそうです。
ただ、今まで親が手をひいてくれたとこから
今度は親の手をひいていく
そういうのも悪くはないと思います。

年賀状、頑張ります ̄∇ ̄ゞ
ikasama4
2010年11月08日 12:59
SFurrow様
自分勝手、というか
自分の信念とか考えが正しくて
間違ってないと思ってるんでしょうね。

こういうのが正直一番タチが悪い

というか、自分が味わってみないと
その人の痛みが分からない方なんでしょうね。

誠治と千葉の距離感、よかったですね。

まぁ、土木の仕事してると
ほとんど周りはおやじばかりですからね ̄∇ ̄

年賀状、今日も頑張ります ̄∇ ̄ゞ
ikasama4
2010年11月08日 22:24
まこ様
父親の理屈は半分は分かるのですが
父親はもう意固地になってるとしか思えないです

それにしても経理をしてると
あんなに金に細かい人間になってまうんですかね
; ̄▽ ̄ゞ

自分も以前は紙に目標を書いて貼ったりしましたが
全て三日坊主でした; ̄▽ ̄

年賀状は土曜日から三枚目を描いてるんですが
とってもてこずっております; ̄▽ ̄ゞ
ikasama4
2010年11月08日 22:24
mana様
ええ、もうそういう季節になりました
今日は出勤前に朝からマッサージを受けました ̄▽ ̄ゞ

たしかに初回と比べると
今の誠治は目に見えて見違えてますね。


でもって、自分の父親も似たようなもんです。
何言っても子供や母親の意見は聞かないんです。

正直、父親が病気になって
何も出来なくなった事については
もう家の事に口を出されなくてすむので
それはそれでとっても助かっております(爆)

そこで父親がどうなっていくのかが
それが心から変わるのか
何か、ある出来事を受けて変わるのか

この辺はたしかに期待があります。

謎の女性、どうなんでしょうねぇ。
誠治の妹だったらびっくりです; ̄▽ ̄ゞ
ikasama4
2010年11月08日 22:25
エリ様
子供の頃って父親は
やっぱりヒーローだと思うんですよね。

自分もそうでしたし
尊敬もしてましたからね。

できるならば、最後まで
尊敬できる父親であってほしかったんですがね

たしかに1年生で経理主任って
多分、父親が自慢したんじゃないかって
気もするんですけどね ̄▽ ̄ゞ

そして、また今年もこの時期がやってきました。
アート系ですか。

もし、よかったら見せて下さい ̄▽ ̄
2019年05月12日 04:43
Pretty portion of content. I just stumbled upon your blog and in accession capital to
claim that I get actually loved account your blog posts.
Anyway I'll be subscribing on your augment or even I achievement you access persistently rapidly.

この記事へのトラックバック

  • 【フリーター、家を買う。】第3話

    Excerpt: 今さら子供の頃の夢もない。いつから自分の人生を思い描かなくなったんだろう。亜矢子の息子、智也は授業参観で将来の夢を「世界を救うヒーローになりたい」と言った。「医師になり... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-11-03 00:38
  • かなりむかついています

    Excerpt: ニノ主演のドラマ「フリーター家を買う」 ですが、みていればみているほどあの親父に頭にきます だって自分が食べさせてあげているんだオーラ全開で 妻がどのくらい追い込まれていたのかも知らずに Weblog: のんびりまったりおばばな毎日 racked: 2010-11-03 01:15
  • フリーター、家を買う。 第3話 感想

    Excerpt: フジ系ドラマ「フリーター、家を買う。」第3話の感想などを。父親の武誠一(竹中直人さん)が、スターバックスコーヒーみたいな店で女性と会い、「服でもカバンでも買えばいいから」と言ってお金を渡していましたね.. Weblog: オタクと呼ばないで racked: 2010-11-03 10:01
  • フリーター、家を買う。 第3話:あんなオヤジでもヒーローだった

    Excerpt: くそオヤジめっ!(○`ε´○)プンプン!! あの若いおねーちゃんに渡す金があるんなら、引越し代出しやがれってーんだ だけど、あのおねーちゃんとは不倫って感... Weblog: あるがまま・・・ racked: 2010-11-03 11:47
  • 『フリーター、家を買う。』3話感想

    Excerpt: ダンナは先程スポーツジムに出かけてしまいました~~~1号は塾のテスト対策授業へ夕方帰って来て夜にまた通常授業で塾に行く・・・大変だ・・・2号は家でまったりゲーム義父も今... Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-11-03 15:30
  • フリーター、家を買う。 第3話

    Excerpt: ついに、家を買う宣言をし、誠治の人生に大きな目標ができました。 Weblog: エリのささやき racked: 2010-11-04 15:59
  • フリーター、家を買う。 テレビドラマまとめ

    Excerpt: フリーター、家を買う。(フジテレビ系) 2010年10月~12月期(秋)火曜日21:00~ 2010年10月19日放送開始 フリーター、家を買う。 サブタイトル   第1話「明るかった母さん.. Weblog: テレビドラマまとめてみました racked: 2010-11-04 18:08
  • ≪フリーター、家を買う。≫☆03

    Excerpt: <どんなにダメな俺でも、  どんない情けない俺でも  認めてくれる人がいる> 土木のバイトを始めて、顔つきもシャープになり、ハローワークの人にも少し褒められた。 職場では、仕事のペースを早めてすぐに.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-11-04 22:11
  • 「フリーター、家を買う」(第3話:「あんなオヤジでもヒーローだった」)

    Excerpt: 11/2に放送された「フリーター、家を買う」は、誠治(二宮和也)がラストであることをする、という回である。誠治があることをしたのを見ていると、鉄火丼は一言声をかけてあげたくなった。その「一言」とは…?.. Weblog: 鉄火丼のつれづれ日記 racked: 2010-11-09 00:18