渡る世間は愚痴ばかり

アクセスカウンタ

zoom RSS SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜 己

<<   作成日時 : 2010/11/20 01:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 4

大分、真相が見えてきましたかね

どうも、SPECの所有者であるSPECホルダーを
公安の方、つまり国家は能力者を把握している

海野さんの言うとおり

国民の安全を守るために体制による暴力支配が
行われているとしたら

そんなSPECの持ち主が体制に対抗できるのは
SPEC=能力しかない


そう語る海野の言葉の意味




全ては我々の生命を守るため

治安といっても
結局は国民の安全を守るために体制による暴力支配

体制による暴力には能力で対抗する

子供達さえも狙われる
そうして殺される




それが津田の行動に裏打ちされてるってことでしょうね。

一方で、そんな国家の体制を信じない当麻に対して



真実に辿り着けなくて何が刑事だ

人の生命を救える
たださ、僕だって生命を救うSPECがほしかった

ただ、才能は自分が望むものと一致しない

神は残酷だ

僕はただでは殺されないぞ

君たちを最も苦しい病の中に取りこんでやる





そして、今回一番のメインは野々村さんのこの台詞


私はこの町を命を賭けて守っている
命を賭けて守るだけの価値がある

死んだら全て終わり?

そんなことはない
我々に大きな意味をもたらしてくれた
魑魅魍魎が隠蔽してくれた真実を
私達が白日の下にさらすチャンスだよ

我々は一平卒にすぎない
いつもみ消されるか分からん
だからこそ心臓が息の根を止めるまで真実にひた走る
それが刑事だ






この

「心臓が息の根を止めるまで真実にひた走る」

って台詞
ケイゾクファンならば知ってますよね


柴田純が言ってた台詞ですからねぇ。


いやぁまさかここで出るとはねぇ ̄▽ ̄


それから美鈴が自分の能力に酔いしれているようですね


そして、彼女は当麻もまたSPECを持っていると言います


そんな当麻のSPECとは
紙をひきちぎることによって「真相」を見極めるって
ことなんでしょうかね。



何にしてもここからは
当麻ら未詳+SPECと津田さんら国家の人間との
対決って雰囲気が強まってきました。


なんか、またスゴイ方向に流れていきそうです ̄▽ ̄;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
SPEC ―警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿―己の回(6)
SPEC ―警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿―第6話…全10話なんでしょうか?折り返しに来ているのにまだまだ先が読めません。が、少しずつ核心に迫っているんでしょうか?メインキャストには皆SPECがあるんでしょうか?そして当麻にも…?(これでゴリさんまでもSPECだったらショックだわ!) ...続きを見る
ブルー・カフェ
2010/11/20 14:07
「SPEC ―警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿―」 第6話  己の回 病の処方箋
 里中(大森南朋)の死は、出張先の南アフリカで、ホテル火災に巻き込まれ焼死という事で処理されました。 ...続きを見る
トリ猫家族
2010/11/20 17:07
【SPEC〜警視庁公安部公安第五課未詳事件特別...
1人の人間の一生をこんなに無茶苦茶にしてまで守るべきものって何なんでしょうか。そんな当麻に係長は、警察の仕事は命を掛ける価値のある仕事だ、と魑魅魍魎が蠢く公安の闇を暴く... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2010/11/21 03:56
≪SPEC〜ミショウ≫☆06
公安の刑事が5人次々と亡くなっている。死因は病死。 瀬文の先輩里中も射殺されたことから、現役の潜入捜査官だと分かった。 死因は、キンバリーのホテル火災で、亡くなったと連絡が来て日本で葬儀を執り行ったが、警察関係は、瀬文、当麻、野々村の3人だけ。寂しいものだった ...続きを見る
まぁ、お茶でも
2010/11/21 10:39
『SPEC』 第6話
 里中先輩の通夜から始まり、最初からシリアスでした。 ...続きを見る
英の放電日記
2010/11/21 22:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>当麻ら未詳+SPECと津田さんら国家の人間との
対決

だとしたらニノマエの位置づけは何なんでしょうね。
彼の存在だけが意味不明なんですよね。
前回今回と大人しいですが。。。

>心臓が息の根を止めるまで真実にひた走る

時々ウキウキさせてくれるドラマですわ(*^^*)
今回はまた前回に比べて小ネタが多かったですね。

対決の図は何となく見えてきましたが、まだ折り返し地点なのに
話の進みが早いなって気がします。
まだまだ何か隠されていることがあるのかな、と。
くう
URL
2010/11/21 04:00
柴田純→柴田純一郎
名無し
2010/11/21 04:25
くう様
そうですねぇ
ニノマエの位置付けは今のところ不明ですね。

でもって、里中の情報を海野医師から
聞けばよかったんじゃないかと思うんですがね

同じSPECを持つ者であれば

でも、あの雰囲気だと初対面だったのでしょうか

では、何故ニノマエは里中の住所を知る必要が
あったのでしょうか?

そして、海野が公安のみならず里中の娘にまで
病を与えた

これは偶然だったのでしょうか?

まぁそれはそれとして今後の話にするとして
たしかに展開が早いですねぇ。

SPECの方々をどうにかしようとする国家の思惑が実に気になります
ikasama4
2010/11/21 13:44
名無し様
はいはい、ご指摘どうもごくろ〜さん ̄▽ ̄

あの台詞は柴田純ではなく
父・純一郎だと言いたいんですね。

でも、野々村達にこの台詞を印象付けたのは
柴田純が怪我を負いながらも事件を追おうとする

その時に言ったセリフがとても印象的だったからこそ

だと考えているので
私はこれで間違えていないと断言します。
ikasama4
2010/11/21 13:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜 己 渡る世間は愚痴ばかり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる