龍馬伝 第44話「雨の逃亡者」

京で薩土盟約を結んだ後、後藤象二郎は土佐に戻り
大殿様に大政奉還の建白書を書いてもらうよう意見していたが
場合によっては戦も辞さないという言葉が容堂公の逆鱗に触れた

山内家は大恩ある徳川家に戦を仕掛けることなど未来永劫あり得んと



その頃、龍馬は長崎に戻っていた

薩摩と土佐は手を結んだ

だが、大政奉還が出来なかった場合には戦になってしまう
その時に土佐に武器がなくなっては自分達も含めて親兄弟が殺されてはたまらない。

そのために龍馬は土佐でもミニエー銃を揃えておくように弥太郎に勧めた。



それから2日後、事件は起きた。



長崎に入港していたイギリス船の水夫が
何者かに殺害されるという事件が起きた。



目撃者の証言によると水夫を斬ったのは白い着物を着た侍だと言う。
現場には幕府の密偵・お元もいた



そのことから普段から白い着物を着てる海援隊の人間が疑われた



それを受けてイギリス大使は土佐藩に圧力をかけてきた


犯人を出せ
さもなければ砲撃を行う、と



それは土佐藩とエゲレスとの戦争を意味していた




それから間もなくイギリス大使館の意向もあり
長崎奉行が水夫殺しの犯人を捜し始めていた




海援隊では龍馬の代わりに沢村が長崎奉行の事情聴取に応じた

だが、長崎奉行が尋ねる事は
下手人の事ではなく坂本龍馬のことばかり


長崎奉行にとってこの事件は坂本龍馬を捕まえる格好の口実

長崎奉行にとって下手人は誰でもよかった
ただ、幕府に逆らう坂本龍馬を捕まえたかっただけだった。



沢村は龍馬のことは知らないと応えた

そして自分達海援隊は異国から日本を守るために
命懸けで働いていると長崎奉行に説いた。


長崎奉行は言う

お前らはこう思っておるのであろう

自分達は正しいと

わしはそういうふざけた奴らが大嫌いだ

坂本龍馬はお前達の英雄かもしれないが
わしに言わせたら始末に負えない謀反人にすぎん




沢村の取調べを終えた後

長崎奉行は密偵・お元を呼んだ。




逃げた男は白い着物やったか?

はい

顔は見なかったか?

見えませんでした

坂本ではなかったか?

違います

・・・・・顔を見ていないというのに何故そう言い切れる?

お元は何も語らない

いつから奴の味方になった?


お元は奉行から目を逸らした


わしの目を見ろ!

お元は奉行の目が見れない

長崎を治めているのはこのわしだ!

で、坂本龍馬はどこにいる?



お元は唾を飲み込んだ


存じません





それから、幕府によってお元の自宅が捜索された


お元が坂本龍馬と通じていると奉行は考えたのだろう


そうして、お元が隠れキリシタンだと幕府に知られることとなった




それと同じくして海援隊の調べにより
エゲレス人の水夫を殺したのは福岡藩士だと判明した。



そのことを受けて、岩崎弥太郎は長崎奉行に報告した。



岩崎弥太郎はありのままの事実を述べた。


だが、奉行にとってその報告はただただ
龍馬を庇いたいための嘘にしか思えなかった。


怒り狂う奉行は土佐商会に長崎での商売の禁止を命じた。



それは商人として大成する夢を見ていた
弥太郎にとって夢を奪われる事に等しかった。




その日、弥太郎はお元を探す龍馬を責めた。




おまんが奉行に捕まったらええがじゃ
おまんのせいでわしの土佐商会
お元の人生もわやくちゃになったがじゃ!

お元はの、当たり前の幸せを望んじょっただけぜよ
それを壊したのはおまんぜよ、龍馬!

長崎奉行は誰がエゲレス人を殺したのはどうでもええという
幕府に歯向かうおまんを捕まえたいだけぜよ

お元は、そしてわしも
おまんのとばっちりを受けてしもうたがじゃ!

龍馬

おまんはの、おまんは疫病神ぜよ
折角、わしの商売が上手くいきかけたち
いろは丸を沈めただの、エゲレス人が殺されただの
いっつもおまんに邪魔されて

龍馬、わしの前から消えてくれや

もう消えてしまえや!





龍馬は一人、弥太郎の悔しさを思い苦い思いを噛み締めていた




翌日、イギリス大使の下に一人の土佐藩士がやってきた。


坂本龍馬だった。

龍馬は水夫を殺したのは福岡藩士であることを告げると共に
自分とエゲレスと海援隊の今の状況を説明した


わしは徳川幕府を倒そうとしてる謀反人じゃきにの

けんど、わしらとエゲレスは味方同士ではないかえ
エゲレスかて幕府を倒おうとする長州と薩摩の後ろ盾をし

わしら海援隊とエゲレスは同じ目的をもっちゅうという事じゃき

わしらはこの国をエゲレスのような立派な国にするために

立派に働きゆう

そのわしらが言ってる事には証拠がない
命を懸けるものがありますか


けど、わしのこの命はエゲレスにやる訳にはいかんきに
わしにはやることがまだまだあるがじゃ

どうか、どうか今は
この坂本龍馬の命を新しい日本のために使わせてはもらえませんやろか

お願いしますき




龍馬はいつものように利を説いた
そして、その言葉はイギリス大使を動かした。


今のイギリスにとって幕府が倒れること

つまり、幕府と反幕府との戦争が起きる事が
イギリスにとって有益なものに繋がるからだった。


龍馬の言葉を信じたイギリス大使は
早速、長崎奉行に此度の一件が落着したことを報告し
土佐藩に犯人はいなかった事
更に土佐紹介に長崎での商売を再開する事を報告した



そして、いまひとつ




龍馬の申し出を引き受けたイギリス側の意向により
お元はイギリスの船で異国に行く事になった。


マリア様を堂々と拝める国に。


これから異国の船に乗ろうとするお元は龍馬に尋ねた




坂本さん、坂本さんの志を成し遂げて
日本が生まれ変わった国になったら戻ってきてもよかですか?


当たり前じゃ。当たり前じゃ!

その時はの、おまんが堂々とマリア様を拝める国にしちゃるき
わしがの、みんなが笑うて暮らせる国にしちゃるき




お元は涙を流しながら笑った

ありがとうございます
ありがとうございます



そう言って異国の神にこの日の事を感謝した。



お元が異国の船に向かっていく


お元気で

達者での、お元!



龍馬は遠くに見えるお元を見送った


この時、龍馬の死はあと三ヶ月に迫っていた―――――。










今回の見せ場はお元と龍馬のとこでもありますが
一番はやはりお元と奉行とのやりとりですねぇ。



あの尋問の仕方はかなりの圧力ですね。

普段、無口で部下に尋問を任せてたのに
自らがああやってきたということは
幕府が置かれている現状に関しての焦りが感じられます。



でもって、あの奉行さんの言動を見てると

どこぞの某北○鮮とか
どこぞの某中○人民共和国のような
独裁的な思想だったように思えてきますねぇ。


こうしてみるとあの時代は
今と比べると異様だったのかなとも感じられる描写

これは今の御時世から考えると結構、挑戦的ですよね


龍馬のように日本を変えなければならないと考える者は
幕府にとっては犯罪者でしかない


それは某国でノーベル平和賞を受賞し
今、その某国で犯罪者として投獄されている方と
同じような状況なのですからねぇ



この見せ方は実にやらしいです。



それから、龍馬にことごとく自分の夢を邪魔されている事に
遂に怒りを爆発させた弥太郎

龍馬がいなくなればいいとこの時は
心底願っているようですが、これが龍馬暗殺の伏線?

になるのかなと思えてくるとこがありますが

果たしてこの作品ではどう描かれていくのか実に楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年11月01日 03:36
今回は「龍馬はすごい、すばらしい」の駄目押しのような気がして
すっかり白けてしまった私だったのですが、お余所の記事を読むと
それぞれ解釈があって、本当にお勉強になりますわ。

確かに朝比奈奉行のやり方は汚いですね。
それは現代でも何処ぞの様子に通ずるものがある。。。
と言う読みは深いです。
さすが師匠^^

>龍馬がいなくなればいいとこの時は
心底願っているようですが、これが龍馬暗殺の伏線?

弥太郎のエピは私は面白く見ていたのですが、よくよく考えたら、
たぶんこれは弥太郎と龍馬の気まずい最後の別れになるんでしょうね。
弥太郎は龍馬が本当にこの世から消えることになってしまって、
心の中では後悔が大きい人生をその後送るんだろうな、と。

そう考えたら、最終回で弥太郎が何を語るのか。。。
ちょっと泣けてきそうな気がします。
SFurrow
2010年11月01日 09:02
水夫殺害事件で海援隊の濡れ衣を晴らす!というネタは素晴らしく面白いのに、なんか片隅に追いやられていましたねぇ。確かこの事件は後藤象二郎も活躍したのでは?
やっぱり蒼井優メインでいったほうが視聴率が取れるってことでしょうか。
でも、彼女のような人間があのままいきなりイギリスに行っても、結局、色香を武器に男に関わって生きていくしかないだろうし…まぁ宗教的に自由になるのがポイントかもしれないけど、ならば、幕末の長崎のキリシタン事情とか、もう少し丁寧に描かれていてもよかったような。
お元は他の3人のヒロインと違って自由に想定できたわけで、それだけ制作側の思い入れの大きいキャラだったと思うんですが、私としては何か「天地人」の長澤まさみと共通する臭いが次第に大きくなった感じでした(笑)

弥太郎の龍馬暗殺への関わり方、最終回の弥太郎(彼の臨終シーンもありなのか?)には、非常に興味をそそられますね。

SPECのとこで皆さま書いておられましたが、龍馬伝から武市夫妻が揃ってSPECに転職してたのには私もビックリでした(^O^)
ikasama4
2010年11月01日 22:20
くう様
なるほどですねぇ。
自分は龍馬がそんなにすごい人ではなく
どこにでもいる人とそんな差がないって
感じで見てたのでそういう風な見方はしてませんでした。

どこぞの去年の某ドラマとは違って
それほどの露骨さは感じなかったです。

なるほど、たしかにこの時の出来事が
弥太郎の中で深い後悔となっていく、みたいな
感じですかね。

それだけに仰るように
それから後年の弥太郎がどんな言葉を語るのか
ここが最終回の見せ場になるんでしょうね。
ikasama4
2010年11月01日 22:21
SFurrow様
う~ん、後藤象二郎のキャラは
吉田東洋のようなキワモノになりましたからね。

そんな後藤を前に出すよりかは
お元の方がドラマとしては扱い易かったように
思えてきますね。

ま、イギリスだと自分が外国人になるし
黒髪の女性はかなり目立つと思いますから
そっちの方が彼女には幸せだったのかもしれませんね。

一方で、私も長崎のキリシタンについては
もうちょいと描写に一工夫あってほしかったかなと思います。

ここにきて、長崎というか幕府の異様さが目についた感じですからね。
こんな風に石橋さんを使うのであれば
もうちょいと前からでもよかったかなとも思ったりして。

弥太郎に関してはこの先の彼の変わり様が気になりますね。

SPEC
あれはホントびっくりでしたねぇ ̄▽ ̄
龍馬
2010年11月02日 18:36
開国をしたのは幕府ですよ。
外国の文化に興味を持ってたのは慶喜など幕府の人間ですよ。
長州の志士こそ攘夷派だったんじゃないですか。
龍馬に敵対する人物はことごとく悪辣に描き過ぎじゃないですか?
お元も、奉行の人間も、いってみりゃあオリジナルキャラみたいなもんでしょう。それをいいことに子供のヒーロー番組みたいな超極悪人間を設定し、龍馬かっけー、徳川最悪みたいな演出はもういい加減にしてほしいですね。坂本龍馬本人は偉大だと思いますが、龍馬伝のキャラ設定変更と勧善懲悪のストーリーはさすがに鼻についてきましたよ。
ikasama4
2010年11月03日 17:01
龍馬様
仰るように開国したのは幕府ではあるのですが
外国と対等ではなく不平等な条約を結んだことで
外国に屈した姿勢を見せてしまったのが問題なんでしょうね。

ただ、このドラマの難しいとこは
龍馬「伝」は弥太郎の主観とそれを聞いた記者の主観が
織り交ぜているところですね。

それだけに幕府=悪という形に落とし込め易く
なっているように感じられます。

なので自分の信念、計画に賛同する者は味方
それを妨害する者は敵といった感じで

それが敵=悪という風になってしまうのでしょう。

一方で龍馬の悪というか、悪いところが全く
見えてこないという描写はそれはそれで「伝」だから
そうなってしまうのかなとも思うんですが
個人的には後半から演出的に持ち上げてるとこが
結構見られてもう少し抑えてもいいかなと思うところです
MoTo
2010年11月04日 00:00
最後にコメントに書き込んだのが第2部の終わり頃でしたので、もうおよそ4ヶ月前になるのでしょうか。その頃はまだ夏真っ盛りだったのにもう冬の気配すら感じるようになりました。と同時にこのドラマも今月でもう終わろうとしているのですね。この約4ヶ月間は個人的に忙しかった事もさておき、なかなか毎週コメントをするだけの気力が沸かなかったという情けない所もありますが・・・・・・。
しかしながら去年のアレのような消化試合的なイメージは無く(去年に関しては今頃はもう消化試合ムードでした)、本作に関して言えばクライマックスに向かって盛り上がっているようにも感じていますが、ストーリーによっては不完全燃焼というかもやもや感が残るのいうのは如何なものかと思えてならなかったりもします。

ここ数回におけるいろは丸事件や薩土盟約といった有名な幕末の事件の展開には惹きつけられるものもあり、今回はメインにしてもおかしくなかった英国水夫殺害事件での海援隊の濡れ衣晴らしも展開自体では爽快感がありそうにも感じられたのですが、Sfrrowさんのコメント同様お元絡みのエピソードにはちょっと・・・・・、と思う所でした。前々から彼女が売れっ子芸妓であると同時に隠れキリシタンで幕府の密偵なんていう設定自体がちょっと大丈夫か??と思えてならなかったのですが、全てがうやむやなままで終わってしまったように思えてなりません。隠れキリシタンという設定には幕末のキリシタン弾圧事件「浦上四番崩れ」の伏線でもあるのかと思っていましたが、あの描き方ではそんな感じには捉えられませんでした。私も長崎のキリシタン事情については描き方に工夫があってもよかったのではないかと思う次第です。
MoTo
2010年11月04日 00:02
続きです。

お元の顛末を見ると、あたかもこれで彼女は晴れて自由の身にというイメージかもしれませんが、果たして彼女がイギリスに渡ってもそこで幸せになれるのかとなると別問題としか感じられません。個人的には海を渡ってイギリスの修道院に入ってそこでシスターにでもなるのかと勝手に想像してしまいましたが、見ず知らずの異国の地で機用に立ち回ってやっていけるのかといらぬ心配すら残るエピソードでした。どうも虐げられる人達=清い心の持ち主、弾圧する側の国家権力や勢力=許しがたき悪のような善悪二元論的解釈が鼻についてしまいました。

そういった事は別として、私も先にコメントされた方々同様に弥太郎が龍馬を責めた台詞や長崎奉行への2度目の報告での龍馬は自分達とは無関係という発言といったものからも今後の龍馬と弥太郎の関係がどうなっていくのかとか龍馬暗殺における弥太郎の関わりといったものに関しては期待する所が大いにあります。そういえば暗殺実行犯の今井信郎が市川亀治郎さんが演じるだけあって、今からも期待が高まっていたりする所だったりします。
ikasama4
2010年11月07日 18:07
MoTo様
お久しぶりでございます。
このドラマも終わりを迎えてきました。

仰るように消化試合のような部分はないですが
個人的にひっかかるのは龍馬の見せ方

特に龍馬がいきなり世界の予備知識を
持っていた点ですかね。

イギリスとフランスがどう日本と密接しているかとか
龍馬が把握している知識というものが視聴者と
ギャップがあるとこがあって

そういうのが不完全燃焼になっているとこですかね。

つまりは物語の舞台背景の甘さです。
ikasama4
2010年11月07日 18:08
MoTo様
もうひとつはお元を蒼井優さんが演じたことで
ドラマの中でかなり前に出てしまったこと

それと後藤象二郎を吉田東洋のようなキワモノキャラに
してしまったことで後藤象二郎がこのドラマで
扱いづらいキャラになってしまい

それがために後藤の扱いがどうも
前に出てこない風にしてしまったとこがあります。

それから仰るようにお元がイギリスに渡っても
幸せになれるかどうかは分かりません。

というか、場合によっては龍馬が知らないうちに
お元は売買された可能性すらあります。

ま、何にしても幕府の追及から免れたという点では
幸せかもしれませんね。

それから弥太郎をどのように見せていくのか
この辺は実に興味深いところです。

ちなみに、今井信郎は市川さんですが
他の実行犯は龍馬の知り合いのミュージシャンらしいです。

その当たりでどう見せてくれるのか
私も気になります。

いやぁ最近のミュージシャンは芸達者です。
2019年05月03日 11:15
I am genuinely pleased to glance at this weblog posts which
contains tons of helpful facts, thanks for providing these
statistics.
2019年05月12日 08:49
At this time it looks like Drupal is the best blogging platform available right now.
(from what I've read) Is that what you're using on your blog?
2019年06月04日 03:13
Now I am going away to do my breakfast, after having my breakfast coming over again to read further news.

この記事へのトラックバック

  • 【龍馬伝】第四十四回

    Excerpt: おまんは疫病神だぜよ!龍馬、わしの前から消えてくれや。もう消えてしまえや!象二郎は土佐に戻り大政奉還論を説くが容堂に拒否されてしまう。土佐が挙兵すると言う話になり、龍馬... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-11-01 03:26
  • 【龍馬伝】第44回と視聴率&龍馬暗殺実行犯...

    Excerpt: 【第44回の視聴率は11/1(月)追加予定】注目の福山龍馬の暗殺実行犯、演じるのは歌舞伎俳優の市川亀治郎さんだそうです。役名は、京都見廻組の与力頭・今井信郎。今井と共に襲撃する... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-11-01 10:28
  • 龍馬伝 第44回「雨の逃亡者」

    Excerpt: だんだんクライマックスが近づいてきました。ここから龍馬が亡くなるまでのひとつひとつの出来事が非常に重要で大きい出来事になっていき、それぞれについて話を1回分ずつ割り振っている感じがします。そんな今回は.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-11-01 11:24