熱海の捜査官 第4話

今回はコネタは

・北島さんのあみだ
・北島さんの怖~い取調べ
・相変わらずの桂東さん
・俺の頭とはラベルが違う
・何があった・・・・・かしらん
・決めポーズを取る星崎×拾坂×桂東×北島
・今回、桂東さんに対して攻めに転じた星崎さん
・1564円→「ひとごろし」
・テストの最低点は88点という嫌味な星崎さん
・星崎さんが戻ってくるのが遅いのは○んこだから


新たに分かってきた謎とか展開とかがあったので
そちらの方をメインにまとめてみましょう


・校長先生と阿久根寮長との間には何かあるらしい
・敷島教頭と神宮寺さんはバスの中で何かやってるらしい
・拾坂さんは陶芸クラブのママから情報を引き出すために何かやったっぽい
・カセットテープには何も入ってなかった
・犯人は海流の流れによてあの場所にバスを沈めれば見つからないことを知っていた
・誰かがあの堤防は誰かがバスを発見させるために意図的に作った可能性がある
・堤防計画に携われるのはかなりの人物の可能性がある
・すなわち、その人物はバスがあそこにあることを知っていた
・援助交際をしてた椹木みこ(さわらぎみこ)は元彼曰く非常に頭がいいらしい
・椹木みこは20問三択のテストで0点を取っていた
・永遠の森学園では生徒で流行ってる謎の宗教がある
・その宗教の教祖は月代美波(つきよみなみ)


と、まぁ分かったのはこんなとこですね。


後は朱印さんは密入国の外国人の手引きに失敗し
その余波で神宮寺さんのバスが襲撃される事件が起きたってことですねぇ。


それから藁久保さんが陶芸クラブに通ってる姿が盗撮されたのは
今後何らかの伏線になりそうですねぇ。


それにしてもあの宗教のマーク
誰がどうみても某映画のオマージュというかパクリというか

まぁそーゆーのにしか見えないですねぇ; ̄▽ ̄



さて、この部分から分かったのは

どうも
・バスが発見されたくない派
・バスが発見されてほしい派

この二つのグループがあるようですね。


ま、一番の謎は

・何故、バスを隠す必要があったのか

ってとこなんでしょうけど

おそらく学園側の阿久根教頭は
「バスが発見されたくない派」であろうと思われます。

敷島教頭はちょいとまだ分からんですね。


それと未だ行方不明
椹木みこと月代美波と萌黄泉


これらのうち、椹木みこと月代美波は

「さわらぎみこ」→「みこ」  →「巫女」
「つきよみなみ」→「つきよみ」→「月読」→「ツクヨミ」
そして萌「黄泉」ですからねぇ。

「ツクヨミ」は日本神話に出てくる夜を統べる神ですからねぇ。

この部分で何かしら怪しい雰囲気がプンプンしてきます。


ということで
・カセットテープがバスに隠された必要性
・蛇川の行方
・陶芸クラブ
・ライン
・裸のデッサン


この辺はもうしばらく放置のようです。


それと星崎と北島っててっきり同僚だと思ってたんですが

「星崎さん、一度したくらいで
調子にのらないで下さい」


「した」ってやっぱ・・・・・あれですよねぇ。

正直、今回一番の衝撃でした; ̄▽ ̄ゞ


つまりは元カノ?それともゆきずり?


今まで同僚だと思って見てた自分は
この一言でそれ以来、星崎が北島に対する行動が
別のものに見えてきます。


というか、これは次回にもひっぱるみたいなんで
楽しみにしておきましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

Shori
2010年08月21日 19:53
私もあの「した」発言に一番衝撃を受けました。
2010年08月21日 20:56
>それにしてもあの宗教のマーク
誰がどうみても某映画のオマージュというかパクリというか
まぁそーゆーのにしか見えないですねぇ; ̄▽ ̄

狙ってやってる。。。って事ですよねぇ。。。^^;
何かこのドラマなら何でもアリな気がします~。

そうなんですよね。
居なくなった生徒はみんな神とか黄泉。。。みたいな
あつらの世界に関係するような名前ばかり。
そこら辺も「ライン」なんですかね。

>「した」ってやっぱ・・・・・あれですよねぇ。

あれも言ってみただけ。。。な気がします^^;
このドラマ的、いたずらセリフ(^▽^
SFurrow
2010年08月22日 00:28
「トランプをした」「握手をした」「業務提携した」…
いろいろあるんだけど…
そのあと、何にもフォローが入らなかったですもんねぇ。
聞かなかったことにしておこうかなぁと思ったんですけど、ikasama4さんも皆さんも、やっぱり聞き逃せなかったんですねぇ(笑)
どうも脚本家の思う壺にハマっちゃった感じですが(う~む)

ikasama4
2010年08月22日 09:36
Shori様
見るとこは同じですねぇ ̄▽ ̄
ikasama4
2010年08月22日 09:39
くう様
あれは誰がどう見ても・・・ねぇ。
それにしても金曜ロードショーの後の
これなんで余計に笑えました。

なるほど、ラインですかぁ。

そこに東雲がどう絡んでたのかも
興味が湧くとこですね。

たしかに「した」というのも
別の意味かもしれませんが

「した」くらいで「調子のらないで」って
いう文脈を考えるとねぇ。

どうしてもそういう方向に持ってこうとしてる
自分がいるのかもしれませんが(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2010年08月22日 09:39
SFurrow様
そうですねぇ。
フォローが入らなかったのもあるんですが
あの台詞を受けて、星崎が北島に接する姿が
あの台詞を考慮しての流れになっていたかのような
感じがします。

もちろん私がダマされている可能性もあるんですけどね。

ホント、脚本家の思うツボにハマっちゃってます; ̄▽ ̄ゞ
2010年08月23日 04:38
ikasama4様、こんばんは。

基本的に北島捜査官は
殿方の紳士的態度に弱いようでございますねえ。
手作りカレーとか
シートベルトを嵌めてくれるとか
シートに腕をまわしてバックとか
そういう「月並みな感じ」にもメロメロ。
一方、たとえ容疑者相手でも
口の利き方が下種だったりすると
鉄拳制裁も辞さないようです。
今、制裁されたのに
つい同じ過ちをくりかえすバカみたいな容疑者とか
そういうのを含めて
人間描写が実に丁寧な感じに
この通俗的なレディーのキャラをのっけてくると
実に効きますなあ。

もう・・・北島捜査官が大好きな自分がいます。
今回は警察での父親に対するレミーの態度や
新也の神妙さを装った傲慢さなど・・・
細かいところまで
脚本・演出力を感じます。
すでに実際にはほとんど登場していない
椹木みこにも萌えを感じるのも
ジャブが効いている感じです。

もちろん、レミーにはいたいけなくて
目に入れても痛くない
親バカ的な愛を感じております。

まだ、二人の美少女のプロフィールが
隠されているので・・・
もう期待で胸がいっぱいです。(・o・)ゞ
ikasama4
2010年08月23日 09:17
キッド様
おはようございます。

たしかに北島さんはルックスもありますが
そういう男性の仕草とか振る舞いに弱そうですもんね。

あれを見ると1回くらいしたのかなって気もします。

それでいて容疑者・犯罪者を前にすると
容赦のない捜査官になる

こういう北島さんに限らず
他の登場人物のキャラ設定が実にいいですねぇ。

だからこそ、突飛な展開があってもこの作品の世界観が
崩れることはないのでしょうねぇ。

私もまだ出てきてない三人の女生徒が気になってねぇ。

美少女と陶芸クラブと謎の宗教と
こういうミステリアスなとこが出てくると
魅力に繋がってくるのですから不思議なものです。

この記事へのトラックバック

  • 取調べ室では想像を絶するような出来事が起きていたと言っても過言ではないのだ(熱海の捜査官#4)

    Excerpt: 本日公開相武紗季、溝端淳平、栗山千明、平岡祐太。「NECK」舞台挨拶付プレミア試写会~恋!恐怖?ドキドキ・ナイト★~@スペースFS汐留&Piper#8「THE LEFT STUFF」DVD『熱海の捜査.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2010-08-21 20:10
  • 【熱海の捜査官】第4話

    Excerpt: なんじゃ、この。。。「ともだち」みたいな目は~~       宗教です。宗教?ウチの学校で流行っている、インターネット上で入れる宗教です。教祖がウチの学校にいるとか。月... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-08-21 20:43
  • 「熱海の捜査官」 第4話 北島紗英と邪悪な者たち

    Excerpt:  今回は、『やりっ放し追放の週』ということで、いままでわかったことを 整理してみる南熱海警察署のメンバー&広域捜査官。 ・カセットテープ ・倒れていた老人 ・ビデオテープ ・陶芸クラブ ・『ライン』.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2010-08-22 19:11
  • ≪熱海の捜査官≫★04

    Excerpt: 校長と、敷島が話をしていた。阿久根のことは内密にと言っていた。 署では、やり残したことは徹底的にやろうと言うことであみだで決まった。 四十万と話をした星崎は、なぜ皆の前でヌードのモデルになったのか.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-08-23 07:13