臨場 Season2 第10話

女子高生の変死体が発見された。
倉石の見立てではビルからの転落による自殺だった。

それから間もなく
先日、亡くなった女子高生が亡くなった場所と
同じ場所で男性の変死体が発見された。


その男性は先日自殺した女子高生の父親だった。

状況からして
娘が自殺したことを悲観しての後追い自殺かと見られた。



だが、倉石の見立てでは違った。



この男は殺されたのだと。



そして、殺害された男―――皆川の自宅を捜索した際

倉石は一ノ瀬が持っていた腕時計を見て、驚愕した。


16年前、ある大学教授の家が強盗に遭い、その大学教授は殺害された。

自宅から現金と腕時計がなくなっていた。


その腕時計が倉石の目の前にあったからだ。


すでに事件は1年前に時効が成立している。

そしてこの事件は倉石が検視官心得になって初めての事件であり
倉石の中で根こそぎ拾いきれていない事件でもあった―――――。







永嶋は16年前の事件の被害者の遺族というのも驚きでしたが

永嶋が警察官になったのは父を殺害した犯人を逮捕するという
思いを抱いていたと共に亡くなる前の父に伝えたかった
自分の思いでもあったんですね。


更に亡くなった男性が16年前の強盗殺人事件の犯人の一人と分かるんですからね。



でもって、一番の驚きは

倉石が永嶋を殴ったのはただ単にむかついただけじゃなくて
16年前に父親が殺害されたことで取り乱した永嶋を殴りつけ


悔しいのは分かる
犯人をあげたい気持ちは俺たちも一緒だ。



そう言って永嶋を制した。


あれから16年


本当は親父に警官になって自分で犯人を逮捕したい

最初はそう思ってた
けど、そう上手くいかないってすぐに気付かされた

改心組と陰口を立たれ
部署をたらい回しにされ
気がついた時には時効が成立


既に苦しみ続けた自身としては
もう終わっていたと思っていたのに


倉石は時効が成立してからも
ずっとあの事件を忘れずにいた。

だから、倉石はあの腕時計を見て
すぐさまあの時の事件のものだと分かったし

それを思って永嶋は涙を流したんですね。


人はこういう状況になると
自分が苦しみのあまり、自分が一番の被害者だと思ってしまい

他人に自分の気持ちがわかるはずがないと考えてしまったりするのかもしれんですね。




さて、事件は
亡くなった男性が生前電話をしていた相手に北川という男性が浮上

その北村という男性はかつて永嶋の父親の教え子の一人だった。



そこから北村が容疑者として浮上するんだけど

倉石の見立てにより


殺害現場付近にあった白紫陽花

それから生花店でその白紫陽花を買ったのは
北村ではなく北村の妻だった。


彼女が16年前の共犯者なのか?


ここが次回からのポイントになってくるんでしょう。



あの時の事件の手がかりとして

・2種類の足紋
・血痕
・タバコの葉

ここから犯人は二人組で

現場に残された血痕から亡くなった男性・皆川のものだと断定されたんですが

ただ、ひっかかるのはタバコの葉でしょうね。



それから今回
娘が自殺し、夫も殺され
その夫が強盗殺人事件の犯人だと知った妻

ただ、一人残され
この事実を受け止めるにはちと重いです。


そして永嶋を見て土下座して夫の罪を詫びる。




申し訳ありませんでした

主人が犯した罪は許されるものではありません
ですが、私には謝る事しかできません

私は18歳の時に子供を生みました
主人も私も意地でも親を頼らないようにしてました

理由はそれしか考えられません
だから主人はあんな事を

この16年、私は何も知りませんでした。娘も。
去年、時効が成立する一月前、娘が言ったんです。
父親が殺人を犯したのは自分の出生のせいではないかと

時効なんて関係ないんです。
私達に罰が下ったんです。

結局は娘を失う事になったんですから。




これを受けて永嶋の言葉

つらい思いをするのは俺だけで十分だ。
自殺することはなかった。
君が自殺することはなかったんだ。



そして倉石の言葉

あんた、よく本当の事を話してくれたな。
この先もきっと辛い思いをするだろう。
それでも生きてくれ。
娘さんのためにもな。




でもって倉石も前シーズンでは永嶋と
同じような立場に立たされていました。

あの時の倉石は事件関係者として
事件に関わらせてもらえなかった訳ですが

倉石はそんな永嶋の気持ちが分かると共に
彼は遺族である前に警察官だとして

事件に関わらせていくつもりのようです。

これはある意味
かつて自分が出来なかった悔しさとか苦しみを
永嶋にはさせたくないという思いがあるのかもしれませんね。

さて、今回は第1、2話に登場した
谷本さんの娘さんも登場しました。

髪が変わると大分変わるものですね。

この辺が次回、再び登場するのかどうか
その辺も楽しみでございます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

SFurrow
2010年06月16日 23:49
臨場Season2は、Season1に比べてちょっと今いちかな~という印象でしたが、最終回については、もしかしたらこっちのほうがいいかも?と期待を持たせる前篇でした。後篇で腰くだけにならないことを願いますが、北村妻の実家メンバーが豪華キャストなので、そもそも北村夫妻の結婚についてもかなりの謎とストーリーがありそうですね。

ところで、大河ドラマとワイド版「新参者」最終回だけでも忙しい20日日曜日ですが、オジサン俳優たちの女装で(!)演じられる「やっとかめ探偵団」(原作者の清水義範さんのファンなので見逃せない!)、以前にこちらでも話題になりましたNHKの古~いドラマ「極楽家族」をアーカイブス再放送、などなど昼間から大変なことになっています! 録画容量がパンクしないといいんですが…
2010年06月17日 01:04
>人はこういう状況になると
自分が苦しみのあまり、自分が一番の被害者だと思ってしまい
他人に自分の気持ちがわかるはずがないと考えてしまったりするのかもしれんですね。

まあ人間なんて勝手なモンですもんね。。。
不幸だと思う人は誰よりも自分が不幸だと思っているし。
自分は誰よりも幸せだと感じて生きている人って逆に少なそうですよね。。

で、涙を流した永嶋は、自分の父を殺した男の妻に
「娘は悪くない」と言って上げることが出来て。。。
上出来だと思ったんですが、予告で小坂が永嶋に
「何て事をしたのよ」とか言ってたような~^^;

犯人もまだ二転三転しそうだし。
来週は楽しみです^^
2010年06月17日 14:00
谷本の娘さん、ちゃんと学校に行ってるんだね~と(笑)。
若き頃の倉石さんも、今のぶっきらぼうな雰囲気とは
ちょっと違ってて新鮮でしたわ~
永嶋も倉石同様、家族を殺された経験があったとは…
それを知ってた上で永嶋を引っ張った倉石。
あの事件が拾えなかった後悔で、倉石は今のような
人物になったんだろうし、永嶋も警察官になったと…
不思議なご縁だったのですねぇ。
次週、この事件がどのような結末を
迎えるのか、見当もつかないけど
とにかく後悔がないように根こそぎ拾える事を
祈りますわー
2010年06月17日 17:58
なんだか、最終回へ自然と期待が高まるような回でしたね。
第一回目で登場した谷本の娘がすっかり健康的に変わって登場したのも嬉しかった。
皆川の奥さんが、「時効なんて関係ないんです。私達に罰が下ったんです。」って言ってたのが印象的でした。時効が過ぎて逃げ切ったと思っても
その報いが大切な娘にくるとは・・・人生のつけは必ず回ってくるんですね。
そして、倉石もずっと心に引っかかっていた最初の事件を解決するために動いている。時間がかかっても、そうやって片付けていくしかないんでしょうね。
来週、すっきりした顔で「かくれんぼ」で飲む倉石の姿が見られるのを楽しみにしています。

ikasama4
2010年06月18日 00:29
SFurrow様
個人的にSeason2は前シーズンと比べると
話の趣が大分重くなった感じがします。

女性陣の出演が少ないというのもあるんですが
結構時事ネタを入れたりすると共に

事件の陰に隠れた暗部を見せているとこが
結構好きなとこではあります。

来週は勘助と甘利との対面が
どんな風になるのか、とても楽しみであります。

「やっとかめ探偵団」
情報ありがとうございます。

先程キャスティングを確認しました。

是非見てみます。
ikasama4
2010年06月18日 00:30
くう様
たしかにねぇ。
自分が不幸になればなる程
結構他人を省みることが少なくなります。

ただ、不幸って人にもよりけりですが
不幸と幸は紙一重

不幸は時に幸せの呼び水となり
幸せは時に不幸の呼び水ともなりますからね。

ま、世界から見れば
日本という国に生まれている事が
とある外国から見れば幸せな事に見え

自分達はあまりにも近くにいすぎて
そういう幸せにはなかなか気付けないもんなんでしょうね。

永嶋は何か誰かと言い争ってましたね。

それで倉石がクビになったらやだなぁ(; ̄∀ ̄)

この雰囲気だとこのドラマの流れからして
犯人探しのみならず、事件が次なる事件を生み出して
更なる犯人を生み出す事にもなりそうな気がします。

ともあれ最終回がどうなるのか楽しみです。
ikasama4
2010年06月18日 00:30
まこ様
谷本さんは立ち直っていてひと安心でした。

あれから倉石がもらった金魚を見に
二人で色々と語り合う光景が浮かんできます。

でもって、倉石は昔は結構真面目な方だったんですね。
年月は人を変えますね。

倉石が永嶋を自分の部下にしたのは
こういう理由があったって事に

倉石ってつくづく心の温かいイイ人なんだなって
思えてきます。

来週の最終回
どうなるかは分かりませんが
みんなにとって根こそぎ拾えた上で
倉石と永嶋の心にキッチリと区切りをつけれる
そんな展開を私も祈ります(-人-)
ikasama4
2010年06月18日 00:31
きこり様
そうですよねぇ。
誰が犯人なのかよく分かりませんからねぇ。

皆怪しい雰囲気が漂うので
ここからどんな展開が待っているのか
楽しみでなりません。

>時効なんて関係ないんです。私達に罰が下ったんです。
夫が罪を犯したと知った時
その瞬間から彼女は罪の重みをかみ締めると共に
罪悪感という彼女に対する罰が下されるのでしょう。

彼女がその罪を犯していないだけに
永嶋の心も痛むのでしょうね。

>来週、すっきりした顔で「かくれんぼ」で飲む倉石の姿が見られるのを楽しみにしています。
それはいいですね。私もその光景を楽しみにしてみます。
みのむし
2010年06月18日 18:44
谷本さんが久しぶりに出てきて
ああ。このドラマこんなところも全部拾ってる~~!!
って思っちゃいました。
しかも谷本さんの娘さんも出てきて
細かい仕事してまんなぁ~~。って感じで
しかも永嶋の過去ともつながってて
本当にうまいですよねぇ。この持っていきかた!
ikasama4
2010年06月19日 15:44
みのむし様
谷本さんの娘さんがまた登場された事といい
今回の事件がその谷本さん絡みでしたからね

なんか谷本さんに始まり谷本さんで締めくくる

ホント最初から最後まで根こそぎ拾ってきてますね。

こういう物語の流れ、実に上手いと思うと共に
他局にも見習ってほしいものです ̄▽ ̄

この記事へのトラックバック

  • 臨場 第10話:最終章・渾身前編

    Excerpt: すごい事件や~"ヾ(@_@ )ノ"""ウワウワウワァ 女子高生の自殺から始まった今回の話が、まさか永嶋の父@並樹史朗殺害の事件に 結びついてたとはっ{/eq_2/}{/face_sup/} てか、永.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2010-06-17 00:32
  • 【臨場】第10話

    Excerpt: 簡単感想でお送りする水曜日。「臨場」第10話です。辛い思いをするのは俺だけで充分だ。君が自殺することは無かった。よく言った。。。永嶋ビルから女子高生が飛び降り自殺。その... Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-06-17 00:55
  • 「臨場 シーズン2」 第10回 最終章 渾身~前編

    Excerpt:  う~む・・・16年前の永嶋のお父ちゃん殺しの共犯者は・・・ そして、皆川を殺したのは? 白紫陽花の謎とは・・(って、誰も謎にしてないか?)  倉石(内野聖陽)は、16年前拾い切れなかったものを見つけ.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2010-06-17 15:38
  • 臨場2 十話

    Excerpt: ええ~!永嶋っていいとこのおぼっちゃん? しかも大学教授の息子~!! びっくりした。改心組とかってたし、やさぐれてるっぽかったから (まあちょっと道を外してたようだけど) もっと何か悪いことでもやって.. Weblog: Simple*Life ドラマ感 racked: 2010-06-18 18:40
  • ≪臨場2≫★10

    Excerpt: 臨場要請があったのはビルの谷間で亡くなっていた。 後頭部に頭蓋骨骨折の疑い。両外耳孔カラ出血。 左上肢に辺縁性出血(墜落の衝撃で折れた骨が浮き出るようになりその周囲が内出血) 両大腿部,両下肢ともに.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-06-18 21:02