古代史ドラマスペシャル 大仏開眼

NHK大阪放送局が制作した「古代史ドラマSP」
なかなかに見応えがありました。

この作品の登場人物で目をひいたのが

高貴な雰囲気を漂わせる
孝謙天皇を演じる石原さとみさんと
聖武天皇を演じる國村隼さん

惹き付けられる雰囲気をもつ
行基を演じる笈田ヨシさん

怪しさ満天の
玄昉を演じる市川亀治郎さん

悪相に染まっていく
藤原仲麻呂を演じる高橋克典さん

この5人でした。



笈田ヨシさんはこの作品で初めて知った
役者さんでしたがWikipediaによると
パリを拠点に各国で活躍している役者&演出家だそうで
今年で77歳になるそうです。

全然そんな風に見えなかったです。


物語全般では奈良時代にあった風俗や衣装を
調査に基づいて忠実に再現していたとこに目をひきます。


特に皇族の方々の衣装&化粧は凄いの一言に尽きます。


ただ、物語としては正直、前後半全部で3時間では
ちと物足りなかったかなと思ったりもした点と

後年の吉備真備の変化が
ちと乏しいかなという点が気になりました。

藤原仲麻呂は恵美押勝と改名後
764年に乱に敗れて斬首されるのですが
706年生まれなので、この時58歳

これに関しては別段問題がないかなとも思ったんですが
吉備真備に関しては695年生まれなので
764年ではこの時、69歳なんですよねぇ。


ま、ともあれ
自分の願いをより大きなものにお願いしたいという思いは
理屈じゃないというとこには得心出来ます。


奈良の大仏は高校時代に修学旅行で一度だけ行ったきりでしたが
今度(いつになるかは全く分かりませんが)行ってみたいもんです。


ちなみに753年に吉備真備が唐から帰国した際に
あの鑑真を伴った事とか

760年に病に臥せった孝謙上皇が
看病に当たったあの僧・道鏡を寵愛して

藤原氏に成り代わって道鏡がのし上がっていく話とかが
ありますが、それはまた別の話ですかね。


ちなみにもし、道鏡の作品が出来る時には
市川亀治郎さんに是非演じてほしいものです ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キッド
2010年04月12日 01:16
ikasama4様、こんばんは。

思い出したように作られる古代史ドラマ。
まあ・・・あくまでサラッとなんですよね。

笈田ヨシは別名・笈田勝弘で
息の長い俳優ですな。
宮沢りえの「豪姫」(1992)で
豊臣秀吉を演じたりしています。

キッドは裏の笠智衆と呼んでいます。

まあ、とにかくお茶の間に馴染みのない時代ものなので
制限が多いのですな。
聖武天皇の立場とかを語るだけでも
ものすごく大変。
白村江の戦いから半世紀~一世紀経過していますが
唐・新羅・倭の関係も微妙ですしね。
仲麻呂が対新羅戦争を計画していたなども
本来はこの乱の遠因になっているはずですし。
天皇家と各豪族の力関係を描くだけでも
ものすごく時間が必要となります・・・。

そういう意味ではダイジェストはどこまでも
ダイジェストなのですな。
だからやってくれただけで感謝という気持ちでございます。

そして・・・高野姫天皇が乙女な感じで萌えますし。
欲を言えば
吉備真備は最後は白髪将軍黄忠な感じが欲しかったのです。
一部じいやの原型なので・・・。

ikasama4
2010年04月12日 20:12
キッド様
こんばんはです。

>思い出したように作られる古代史ドラマ。
そうですねぇ ̄▽ ̄

聖徳太子とか大化の改新とか
思い出したように出来てきますね。

そういえば宮沢りえさんは来年の大河で
淀殿を演じるそうで。

さて脱線しましたが
なるほど、裏の笠智衆さんですか。

ちょっと見た記憶がありますが
なるほど、外見は正反対のようですが
雰囲気に関してはどことなく似ているものがあります。

たしかに制限は多いですねぇ。

皇族と藤原派と反藤原派
そこに坊さんも入り混じっての権力争いが
主体になるんでしょうけど

みなさん因縁がありすぎて
ホント、背景を語るだけでも大変です。

まぁたしかに掘り下げても
数字は望めそうにないですが

こういう作品を作ってくれただけで
私も感謝でございます-人-


ちなみに私も吉備真備に関しては
白髪頭がよかったです ̄▽ ̄
2010年04月18日 01:04
前後編とも録画したままで、今日一気に見ました。

面白かったですが、どうも吉備真備が迫力不足って言うか。。。
吉岡さんって、あのフニャっとした話し方が
権力者には合わない感じなんですよね^^;
私にとっては、いつまで経ってもコトー先生です(^^;ゞ
まぁ、最も吉備真備に権力者のイメージは元々あまり無いんですが。。。

道鏡なしで仲麻呂の乱をやっちゃうのかよ、とか
色々ツッコミ所はありますが、キッドじいやも仰るとおり
やってくれただけで満足でございます♪
この辺の時代は、衣装などの時代考証が正確ではないために
大河ドラマでは扱わないらしいので、こんな単発ドラマを
時々やってくれると嬉しいです(*^^*)
ikasama4
2010年04月19日 20:53
くう様
>面白かったですが、どうも吉備真備が迫力不足って言うか。。。
そうですねぇ。
雰囲気的には吉岡さんは穏やかなんで
権力にあまり固執していないのは分かるんですが

どうも権謀術数の手練というとこまでの
雰囲気は感じられにくかったですかね ̄▽ ̄ゞ

仲麻呂の乱とくれば
やっぱ道鏡が欲しいとこですが
こういう時代のドラマってなかなか
民放ではつくらんですからねぇ。

こうして作って頂くだけで
私もありがたいと思います。

>大河ドラマでは扱わないらしいので
たしかに古い時代でも平安までですからねぇ。

でも、正直なところ
1回くらいはやって欲しいもんですね

自分が生きている間に(; ̄∀ ̄)ゞ
2019年05月02日 19:32
Very descriptive article, I enjoyed that a lot.
Will there be a part 2?

この記事へのトラックバック

  • 大仏開眼・2

    Excerpt: 前後篇だったようですが・・・、 Weblog: 朝凪、夕凪 racked: 2010-04-12 06:22