八日目の蝉 第2話

1999年
希和子は刑務所内で「薫」に手紙を書いていた。

いつあなたに会えるのかわからない。

でも、あなたに手紙を書ける事が今の私を支えています。

迷いもありました。

あなたを警察に渡して
自首しようと思った事も。


でも、もうちょっと。

もうちょっと

あなたともう少しだけ一緒にいたい。

二人で生きる道を。

二人でギリギリまで歩いていこう。

そう思ったのです―――――。





なぁるほど、こういう宗教施設に逃げ込んだ訳ですか。



でもって、宗教施設ってラジオとかテレビとか新聞がなくて
世間と隔離されているのが希和子にとっては都合がよかったって
とこですね。

たしかにそれが結構いい隠れ蓑になるのかもしれませんね。


でもって、偽名を名乗り
子供を誘拐した事は嘘をついて

自分の幼少時代の境遇

そして不倫していた事とか

真実を織り交ぜながら語った事で
彼女はどうにかこの場所に住むことが出来たようですね。


ただ、彼女が未来が欲しいと思ったのは真実なんでしょうね。


それにしても


誘拐した子供でも

子供といればお金はいらないと考える希和子に


金がないから子供の親権を取られた事で

金があれば子供と一緒にいれると考える久美と


ちょっと対照的なようですが
子供に対する思いは同じですね。


もう自分の事はどうでもよくなってるんでしょうね。




それから1999年の希和子は刑務所にいた訳ですが
薫が二十歳の頃にはおそらく出所してるんでしょうね。


となると、今の希和子がどんな暮らしをしてるのか
気になりますね。



で、今の薫=恵理菜に関しては

父親が不倫していた事で
自分がこんな人生を歩んでしまったので

そうした自身の経験が

不倫をして妊娠をしても
相手には「冗談」といい

父親にはなれない彼とは別れを選んだんでしょうね。





ちなみにあの宗教施設の朝の体操

みんなでジャイアント馬場の真似をしてるのかなと
思ったのは私だけでしょうか(; ̄∀ ̄)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

2010年04月07日 00:46
壇れいさんの切ない演技に引き込まれて、ついつい見入っちゃいますね。
エンジェルホームはマスコミ遮断だから、5才まで育てて来れた
って事でしょうか。
こうなると「なぜバレなかったのか」とか、「病気の時は?」とか
そういう矛盾が解消された。。。ような気はします。

>みんなでジャイアント馬場の真似をしてるのかなと
思ったのは私だけでしょうか(; ̄∀ ̄)ゞ

私は「エンジェルホーム」を見た瞬間から「TRICK」を
連想してしまいました~(^^;ゞ
「TRICK」にあり勝ちな情景。。。
2010年04月07日 15:46
>となると、今の希和子がどんな暮らしをしてるのか
気になりますね。
そうですよね~あの刑務所で書いていた薫への手紙も届いたのかどうかわからないし・・
一人でひっそりと薫たちと関わりを絶って生きているんでしょうか・・
こういう宗教施設に隠れるって説得力ありますよね。
確かに、こういう隔絶された場所なら世間から逃れられますもんね・・
何も事件がなければ・・・
>みんなでジャイアント馬場の真似をしてるのかなと
思ったのは私だけでしょうか(; ̄∀ ̄)ゞ
(^Д^)ハハハ・・・
あの声がね~こわかったですわ~
ホームとか結構りっぱだったし、制服代とかもお金かかるのに、どっからお金が出てるんだろう~?(移動販売なんて大した利益ないだろうし~)とか思っちゃいました・・(´д`;)
ikasama4
2010年04月07日 23:55
くう様
こういう施設って
罪を犯した者にとっては絶好の隠れ蓑だったんでしょうね。
でもって、ラジオもテレビも新聞もないのが好都合。

というか、この施設の者達の中に
既に希和子と同じような境遇の人達がいるような気がします。

>私は「エンジェルホーム」を見た瞬間から「TRICK」を
>連想してしまいました~(^^;ゞ

ああ、ホントですね。
ありがち、ありがち。

ちなみに檀さんは
土へんの壇ではなく木へんの壇でございます。
ikasama4
2010年04月07日 23:55
きこり様
仮に希和子が無期懲役だったとしても
大体10~15年で出所しますから

希和子は出所しているか
それともまだ刑務所にいるけど近々出所するのか
といったとこでしょうか。

>こういう宗教施設に隠れるって説得力ありますよね。
全くもって同感です。

>ホームとか結構りっぱだったし、制服代とかもお金かかるのに、どっからお金が出てるんだろう~?(移動販売なんて大した利益ないだろうし~)とか思っちゃいました・・(´д`;)
入居する方からの財産を共同に分けるって言ってましたからね。

後はあの辺の土地がかなり広大でしたから
教祖の方はかなりの資産家なのかもしれませんね。
2010年04月08日 16:47
宗教施設っていうと某新興宗教を想像しちゃいますが
修行中の様子が映されなかったんで
ソフトなホームに感じられて何か安心しちゃいました。
唯一体操が気持ち悪かったですけど^^;
ともかく親子で過ごせる場所がみつかり良かったというべきか?
誘拐している希和子をつい応援してしまうのがドラマの見せ方ですね。
子供を連れ去られた津田さんたちの様子も見てみたいものです。
ikasama4
2010年04月09日 00:10
エリ様
たしかに宗教施設と聞くと
真っ先にマスコミで報道されるような
新興宗教が想像されますね。

といってもみんなでただ共同で
住んでいる以外は特に普通な感じでしたかね。

>唯一体操が気持ち悪かったですけど^^;
たしかに(; ̄∀ ̄)ゞ
今更ながらに振り返ってみると
TRICKっぽかったです。

道徳や倫理には反している感じがするんですが
この親子を見守りたいと思えってしまう

たしかにそういう見せ方をしてますね。

こうして希和子が子供の成長を楽しんでいる中で

その成長を楽しめない津田さんたちは
どう思っているのか、私も気になります。
2010年04月09日 02:21
お久しぶりです。
ドラマの感想を書くのも久々なんですが、
このドラマ、面白いですね。

>なぁるほど、こういう宗教施設に逃げ込んだ訳ですか。

そうそう、どうやったらバレずに、一緒に入れるんだろう?と
思ってたんですが、こういう展開とは。
どこまでこの赤ん坊と一緒に居れたんでしょうね。

キャストも豪華ですし、
役者陣もなんか互いに、演ずる事を楽しんでるような気がします。
見ごたえあるわ~。。。
ところで「八日目の蝉「ってタイトル、ikasama4さんは
どう解釈してます?
ikasama4
2010年04月09日 07:45
SHINGO。様
お久しぶりでございます。

このドラマはなかなかに面白いですね。

ここでこういう施設が出てくるとは意外でした。

一見すると狂人にも取られかねない
希和子の心境が見る者に同調を与えてくれる

そういうところもまた見応えのある
とこなんでしょうね。

>ところで「八日目の蝉「ってタイトル、ikasama4さんは
>どう解釈してます?

蝉は7日までしか生きられないけど
もし8日目まで生きられたのなら―――――

自分は絶対に母親になれないのだけれども
もし、自分が母親になれたのなら―――――

それを考える人にとっては
「8日目の蝉」はとても切なく小さな希望なんだと思います。
2010年04月13日 02:28
>「8日目の蝉」はとても切なく小さな希望なんだと思います。

あぁ、それいい!いい解釈だわ。
説得力のある解説、これからも期待しています!

春ドラ、どれに期待しています?
僕はまったく予備知識がないんですが、
上戸さんの「絶対零度」が、面白いといいなと思っています。
ikasama4
2010年04月14日 19:12
SHINGO。様
見ていて思ったのは
そういう願いというか
祈りに近いものだったのかもしれません。

春ドラマに関しては
今週の土曜にあるNHKドラマ
「チェイス~国税査察官~」と
日曜9時のTBSドラマ「新参者」が
今のところ楽しみにしております。

始まった作品で楽しいのはこの作品と「臨場」です
 ̄▽ ̄

この記事へのトラックバック

  • 【八日目の蝉】第2話

    Excerpt: 行くとこないの?ウチ来る?逃げ続けて疲れ果て、公園で休む希和子に女が声を掛けてきた。他に行く所のない希和子は、女の後をついていく。そこはゴミ溜めのような家だった。与えられた部屋には古い母子手帳があり、.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-04-07 00:41
  • 「八日目の蝉」 第2回 エンジェルの家

    Excerpt:  希和子(檀れい)は、やはり捕まって、服役したのですね・・ 1999年の彼女は、関東北刑務所の中から、薫へ向けて手紙を書いておりました。 その側らには、蝉のぬけがらが・・・  小田原の康枝(京野こと.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2010-04-07 15:52
  • 八日目の蝉 第2話

    Excerpt: 逃げ込んだのは宗教施設!女性の逃げ込むシェルターみたいな雰囲気ですね。宗教色があっても守ってもらえそう。 Weblog: エリのささやき racked: 2010-04-08 07:46