コード・ブルー Season2 最終話

医療の現場に奇跡はない。
それも分かっている。
奇跡を願わない医者はいない
それも分かっている。

間違いを正してくれる上司もいたり
負けたくないと思える相手がいる事

そういうささやかな幸せを奇跡と言うのだろう。

俺達が生きている世界は奇跡と言うのかもしれない。

ただ、それに気付かないだけで。

そうすぐ傍にあるのだ。
たくさんの奇跡が―――――。






今回は色んなものがフェロー達
それぞれの状況と重ねてきてましたねぇ。



まずはトップバッターは藤川+冴島

かつて共に災害現場で患者を救った救命隊員・細井と出会うも
今回の現場で金属片が首に刺さって負傷していた。

こんな時に怪我して何のためにここにいるのか
先生も知ってるでしょ。びびってた俺。
でも、最後には助けたじゃんか、俺達。



その言葉にちょっとホッとする細井。

幸い、細井の容態は金属片が
大動脈を傷つけていないため
動かなければ危険はないらしい。


搬送、後にしてもらってもいいですか。
輸血してもらえれば、とりあえず俺、大丈夫なんですよね。
だったら、もっと重症な患者に。
せめてそれくらいやらせて下さい。


分かった。絶対動くなよ。

1ミクロンも。


そうして藤川は重症の患者を担当し
診た事もない症状の患者に対して
黒田の指示を得てどうにか対処し

そして最後にようやく細井をヘリで運ぶ訳ですが
その際に細井の容態が急変。

心停止を起こし、懸命に藤川は細井を救おうとしたものの
亡くなってしまった。


ニュースで細井さんの名前が『死亡』と出ているのを見ながら
患者さんを診ている藤川の姿が印象に残りました。


その後、梶さんと冴島さんが
藤川が看取った細井の事について話します。


突然死ぬってどんな感じなんだろうな。

私と彼とはまだよかったのかもしれません。

死んでしまうと分かったから
生きていく時間が愛しいと思った。


ちゃんとそれはここに閉まっておけ。



それから、冴島は
亡き恋人が語っていた桜の花を見に行き
そして彼のメッセージを消去する事で

彼の言葉を胸にしまい込んだってとこですかね。



そして、藤川はフライトドクターになり

その事を一番に報告?したのはどうも黒田先生のようでしたね。




まさか、お前がなるとはな。

これまで、フライトドクターになる事が
どんなに嬉しいかと思ってました。
いざもらうとあまり嬉しくないです。


フライトドクターは楽しい仕事だと思ってたのか?

救えるよりも死なせる事の方が多いかもしれない。
それがこの仕事だ。それが嫌なら辞めろ。


でも、救える人もいるんですよね。
だから、辞めません。


相変わらず最低だ、お前は。


黒田の言葉に藤川は笑みを浮かべたのは
そうして、自分を叱ってくれる黒田の存在が
嬉しいからなんでしょうね。




次は緋山+橘&三井。

子供の患者のエコーを撮ると
見たこともない状態になっていた。

それを橘先生に報告すると
どうも横隔膜が破裂して
それにより内臓が上に上がってきて
肺を圧迫しているらしい。


子供を救うには子供の腹を開くしかない。


その事を患者の母親に伝える緋山。



でも、いざ腹を切ろうとした時
これまでのトラウマが蘇って手が震え
メスがもてない。


私・・・・・何週間もちゃんとした
手術をしていないんです。


だから?

すみません。すみません。
出来ません。私みたいなのに当たってしまって
医者は他にいるのに申し訳ありません。



それを聞いた母親は
すぐさま他の医者を呼ぼうと辺りを見回すも
どの医者も他の患者に手一杯でとてもここに来てもらえそうにない。

そして母親は緋山と向き合う。


先生、聞いて。
私も正直、他の医者を呼びたい。
でも、無理でしょ。
先生に何があったか知らないしそんなのどうでもいい。

ただ、私、運が悪いとは思わない。
だって、ここには医者に診てもらえてない人がいっぱいる。

でも、息子は先生に診てもらえた。

でも、ここで先生に諦めてもらうと可能性ゼロなんだよ。

先生、今、息子を救えるのは先生だけなんだ。
他にも医者はいるけど息子を診てくれてるの、先生だけなんだ。



患者のお母さんの言葉にやる決心をした緋山。


橘先生。開腹します。

ただの臓器だ。モノだと思えばいい。

いえ、出来ません。
モノだとは思えません。

人だと思って切ります。



そうして、応急処置により子供の命を取り留めました。


その後、自分の弱さを橘にさらけ出す緋山。


怖くてしょうがなかったんです。
あの子は、患者はもっと怖いはずなのに。
医者失格ですね、私はやっぱり。


弱いんだよ、人は。
でも、医者は強くなきゃいけない。難しいな。





その後、緋山の下に
トラウマの元になったあの子供の母親が緋山を訪ねてきました。


私のせいですよね。

あの事件だけが理由じゃないんで。

私、同意書にサインしたかった。
そうすれば、緋山先生を守れたのに。

説明会でも私は何にも
私は大切な人を二人も守れなかった。


今はサインしてもらえればよかったと思います。

見舞いも出来ずに翼君はなくなった。
サインがあれば、どれだけ
お兄さんの心のよりどころになったのか

でも、よかったです。こうして話せて。
それが何より嬉しい。
ありがとうございます。会いに来て下さって。


なんかトラウマからすっかり立ち直った緋山のようです。



でもって、あの現場で
奔走した緋山と自分を重ねた橘はその事を三井に話す。



緋山達はあの状況で頑張った。
前に進んだんだ。立派だよ。
俺は4年前に逃げ出したけどな。

君じゃない。

俺の方だ。弱かったのは。

それをずっと誤魔化しながら生きてきた。
すまなかった。


弱い、か。

あなたのいいとこはその弱いとこよ。
変わってないわ、昔から。ずっと。




それから二人の仲も以前の夫婦になった頃に戻ったみたいです ̄▽ ̄& ̄▽ ̄



でも、緋山はフライトドクターにはなれなかった。


緋山先生、残念でしたね。
フライトドクター認定の件


ちょっと遠回りする事になりました。

私と一緒ですね。


これは予想通りでした。
でもって、やっぱり緋山は田所先生と同じ道を辿るみたいです ̄▽ ̄








次は白石

父親と一緒に患者の治療に当たります。

そこで二人が担当したのは重症の老人

彼の娘が東京の彼氏と一緒になるらしく
その彼氏を見るために青森から状況してきたらしい。


でもって、娘は父親に対して暴言を言った事を後悔していた。


このまま死んだりしませんよね。

出来る限りの事はします。


この時の患者の状況が白石の状況と重なるんでしょうね。


で、その老人の患者の容態が急変。

白石では気付かなかったが
お父さんは彼が心破裂しているかもしれないと感じたみたいで。

そうなると開胸して大動脈を遮断する必要がある。

そうして開胸するとお父さんの見立て通り、心破裂していた。


あんなのが最後だなんて嫌!
お父さん!お父さん!


泣き叫ぶ娘にたいして



娘さんはあなたに伝えたい事がまだいっぱいあるんです。
嬉しい知らせや謝りたい事

いっぱいあるんですよ。だから頑張って生きて。
娘さんを見てあげて下さい、もう一度。



こう言う白石は親子揃って
その言葉を自分達と重ねてましたね。


で、患者を救った後
お父さんを診たところ

なんと右足を骨折していたようで; ̄▽ ̄オイオイ



折れてるのに気付かないって本当におかしいo(`ω´*)o

もういいだろ、母さんにも散々怒られたんだ; ̄▽ ̄ゞ


で、お父さんは怪我の具合が大分よくなると
講演のスケジュールがびっしりなので岡山へ行く事に



でもって、白石はフライトドクターに認定され
一番に報告したのはやっぱり大好きなお父さん





私、フライトドクターになった。

そう。おめでとう。

でも、まだまだ。だから、ここの救命に残る。
残って腕を磨く。お父さんにも安心してもらえるように。


安心してるよ、とっくにもう何も言う事がない。
言う事がなさすぎて寂しいくらいだ。
でも、何かあったらいつでも連絡するんだぞ。
何かなくてもな。

じゃ、あまり無理をするなよ。



お父さんも無理しないでね。
私、お父さんみたいな医者になるから
お父さんみたいに誰からも尊敬されて
一人いい人ぶって病気を隠して
怪我も忘れて患者さんを治して
それで家族に怒られて

そんな医者になるから


頑張れ。

親子で患者を診た時間は

白石にとっては食事をするよりも
貴重な経験だったのかもしれませんね。







さて、最後は藍沢。

機内で右足を挟まれている青年。

父親は怪我をしている子供を見捨てて逃げ出したらしい。

で、その青年の右足は死んでいる状態らしい。

患者にその事を告げる藍沢。



君の右足は死んでいる状態だ。
これをほっておくと君は助からない。

だから、今から右足を切断しなければならない。

このままだと命に関わるんだ。


もういいよ、先生。
この上、足切るって

足切られるのは痛いの?もう嫌だよ。
もうほっといて、先生。



で、意識が混濁していく青年。

それから藍沢は冴島にその患者の父親を
ここに連れてくるようにお願いして

やってきた父親に今の息子さんの状況を説明。




今から右足を切断します。
命を優先します。

息子さんは諦めかけている。
そこで声を掛け続けて下さい。
人は一人では命を大切にしない。

一緒にいたい。
悲しませたくない人がいるから人は自分の命を大切にする。

俺に会って最初に聞いた事はあなたの事です。

自分の事じゃない。あなたの事を聞いた。
無事だって聞くと笑顔を見せた。

こんな状況であなたみたいな親でも
この子にとっては大切な父親なんだ。



そうしてお父さんは息子さんのために傍にいて
自分の息子を励まし続けるんですね。


そうして藍沢は青年の右足を切断し
どうにか一命はとりとめる事が出来たが

右足以外にも色んな部位を負傷しているらしく
これから長いリハビリが待っていると語る藍沢は

だからこそ、父親に息子さんの傍にいてあげて欲しいと思う訳で。


この時の藍沢の言動もまた
確実に自分の置かれていた状況と重ねていました。



で、藍沢は自分の都合がつかなかった事で
祖母と一緒に母親の命日の翌日に墓参りに行く事になりました。



その道すがら、幼い頃の記憶を振り返る藍沢。


いつもこの辺でダダこねてたな。
疲れたって。大変だったろ、俺。


そうだね。
ごめんよ、耕作。

あの頃からずっとついてきたんだよ、嘘を。
小さい何も知らないあんたに。

寂しい思いを散々させた。
ごめんよ。ごめん。


ばあちゃん、疲れたろ。
今度は俺がおんぶする番だ。


一人でも強く生きていけるように随分厳しくした
あんたは強くて優しい子に育ってくれた。
ありがとう。


俺、よかったと思ってる。
危険な目に遭わないと人はいつか死ぬって事に気付けないだろ。

それと一緒だ。
当たり前に親に大切にされてるとそれに気付けない。
でも、俺は気付けた。

両親のいない20年間があったから
それに俺は孤独じゃなかった。

礼を言うのは俺の方だ。
ありがとう、ばあちゃん。

ばあちゃん、ちょっと痩せたな。





で、お母さんのお墓に行くと父親がいた。

毎年、母親の命日の次の日に墓参りに来ていたらしい。


顔を会わせたらやだろ。


そして、藍沢が自分がフライトドクターになった事を
一番に報告したのは亡き母の墓前と図らずも父親の前。

俺、フライトドクターになったよ。
6歳の頃と比べれば少しはマシになったのかな。
でも、まだまだだ。



やっぱりお母さんに似てるな。
立ち止まらず前に進み続ける。
お母さんもそうだった。

俺はもう進歩がなくて。

今でもそうだ。
毎年毎年塾で学生相手に同じ参考書の同じページを教えている。
変わらんのかな、人は。



・・・・・手を診せてもらえますか。

そして藍沢は父親の手と自分の手を比べる。

俺、病院の若手の中で誰より手が器用なんです。
この手は俺にとって一番の誇りです。

他は分からない。
ただこの手だけはあなたに似たんです。


そう。だといいけど。


来年は命日に来て下さい。


こうして藍沢は患者を通して
父を許す事が出来たようですね。





で、藍沢は西条さんとこの脳外科医のチームに参加するんですねぇ。



で、
いつのまにか
田所先生の手術が成功したのと同じくらい

いつのまにか
森本先生と轟木さんは復縁したみたいですが
結婚式場って既にキャンセルしたんでしょうかね ̄▽ ̄ゞ





さて、今回も色んなところを重ねてきました。


正直、ここまでやるのか(; ̄Д ̄)

と思うくらいガンガンに重ねてきました。


ドラマの骨格は分かるんですが
その原型がわからんなりそうなくらい
色んなものが複雑に重なってきていて

それが時にいいのか悪いのか
分からんようになっていたようなとこが感じられます。



重ねるのもいいですが、ほどほどがいいですかね。



あまり相手と自分を重ねる展開って
ここまで続くとちょっと飽きてしまうとこがあります。


ともあれ、人物描写に関しては
今期の中ではかなりよかったと思います。







さて、次回のドラマですが
この時点でまだキャスティングがかなり難航してると聞きます。

どうなりますかねぇ ̄▽ ̄ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年03月23日 14:59
田所先生が助かったのがとにかく嬉しかったですわ~。
予定通りでしたけど、ふふふ。
そして白石はお父さんと一緒に診療できたのも良かった。
これはどちらかというとお父さんの方が特別幸せだったのではと思います。
こんな親孝行してもらえる父親はそんなにいないですよねぇ。
藍沢先生もお父さんを認めてあげたし来年は一緒におまいりできるし
許すことを覚えてよかったですわ~。
いないよりもいたほうがいいと
北村父に言った通りのことを自分も実践したんですね。
>この時点でまだキャスティングがかなり難航
あれぇ~そうなんだ・・!初回が遅れるのかな?
面白いものであることを祈ります・・
2010年03月23日 15:27
この作品て、番組発表の際から、ポスター撮りにせよ
何にせよ、5人を同等にてな制約があったとか
なかったとか・・・
なので藍沢が主役でありながらも、各人の
エピもかなり濃厚に押し込んでありましたもんねー。
それが見応えあったと同時に確かに
ごちゃついた感もあったかも~。あちこちの
現場で緊迫した状況が続いて、見てるこっちも
肩に力が入って疲れた~(笑)。
今回、フェローを卒業し、ましてや主役の
藍沢が脳外科に移ったので、続編は無理かな~と
思いつつ、もしも次があったとしても
森本先生と轟木さんはまだ結婚してなさそうな
気がします(笑)。
2010年03月23日 23:05
>正直、ここまでやるのか(; ̄Д ̄)
と思うくらいガンガンに重ねてきました。

そ~なんですよね~。。。^^;
ちょっと1話に全員のトラウマを入れようと言う動きが
しつこく感じる回が後半何回か。。。
シーズン2は、フェローサイドのストーリーが多すぎた感じはします。

それでも、胸を突かれるエピソードやセリフも多く、
秀逸だと思う回も多かったです。
とりあえず、今期一番のドラマだった事は間違いないでしょうね。
(もっとも、今期は対抗馬のいない状態でしたが^^;)

みんなが各々の壁を克服した最後は清々しかったです。

来期は難航しているのはキャスティングだけなんでしょうか。
スタッフも発表されていないみたいだけど~^^;
大人の事情で視聴率落とすわけにはいかないから
色々準備も大変でしょうね。
魅力ある脚本家さんにお願いして貰いたいもんです。
2010年03月23日 23:32
現場の大変さには本当に混乱しましたが、フェローのみんなは本当に頑張ったと思います。
そして、なんだかんだと言っても4人とも道を外すことなく進んでくれてよかったです!!
ikasama4
2010年03月24日 23:45
エリ様
ホント、白石はお父さんと一緒に仕事が出来たし
藍沢もお父さんを許す事が出来たみたいだし
緋山もトラウマをどうにか克服出来たみたいだし
藤川も今回の現場での厳しい現場をまたひとつ
乗り越えたみたいだし

みんな前に進めて、自分の思いを果たせたみたいで
よかったですね。

口ではナンダカンダ言っても
やっぱり親は親です。


とりあえず、放送日はおろか
公式HPが出来てない状態ですから
まだクランクインもしてないんでしょうね。

とりあえず、どうなるかは待つしかないってとこですね。
ikasama4
2010年03月24日 23:46
まこ様
>何にせよ、5人を同等にてな制約があったとか
>なかったとか・・・
へぇ、そうなんですかぁ。
まぁフェローはともかく
冴島までスポットが当たるのは
個人的にどうかなって思いました。

見応えはたしかにあったんですが
仰るように回によっては詰め込みすぎて
ゴチャゴチャした印象がぬぐえないですねぇ。

まぁ藍沢もフライトドクターの認定を受けたんで
場合によっては出動とかもかかるかもしれません。

>森本先生と轟木さんはまだ結婚してなさそうな
>気がします(笑)。
それ、いいですね ̄▽ ̄

じゃあ、私は結婚したけどスピード離婚したって
とこを予想してみます。
ikasama4
2010年03月24日 23:46
くう様
そうですよねぇ。

今回はフェロー達のメンタルに焦点を当てたのは
よく分かるんですが、それがためにそのフェローの
トラウマとバンバン重ねてきたがために
時折それがくどいと思う部分が
何度かありましたからねぇ。

私も最後に関しては同感だったんですが
今までが今までだったんで
こちらもちょっとくどさを感じました。

来期はどうなりますかねぇ。
私も「大人の事情」をプンプン感じます。

当初はある女優をキャスティングしようとしたものの
その女優さんには断られ
別の女優さんをキャスティングしたために
それで脚本が大幅に変更になったとも聞いています。

いくら魅力ある脚本家さんでも
これはちょっと大変かもしれません(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2010年03月24日 23:46
芯様
ホント、フェロー達は逃げずに
よく頑張りました。

遠回りをした者もいましたが
皆、前に進んでくれて本当によかったですね。
2019年06月05日 14:25
I always spent my half an hour to read this webpage's posts everyday along with a mug
of coffee.
2019年06月06日 09:24
Heya i am for the first time here. I found this board and I find It truly useful & it helped me out a lot.
I hope to give something back and help others like you helped me.
2019年06月11日 00:44
Currently it sounds like Wordpress is the best blogging platform out there right
now. (from what I've read) Is that what you are using on your blog?

この記事へのトラックバック

  • 【コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2ndseason】...

    Excerpt: 救命の世界に奇跡はない。そんな事は解っている。奇跡を願わない医者はいない。だか、世の中には奇跡なんて言葉は存在しない絶望的な状況がある。飛行機事故の現場で、フェローたちはそれぞれ悲惨な状況に立ち会って.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-03-23 03:50
  • コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE SECOND SEASON最終話

    Excerpt: 「コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE SECOND SEASON」(最終話)を観ました。出演:山下智久 新垣結衣 戸田恵梨香 比嘉愛未 浅利陽介 児玉清(特別出演) 勝村政信 寺島進 杉本哲.. Weblog: paseri部屋 racked: 2010-03-23 07:43
  • コード・ブルー 2nd

    Excerpt: 最終回の感想  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-03-23 10:31
  • コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE SECOND SEASON 最終話:卒業~奇跡の定義

    Excerpt: 卒業おめでと~(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*) 無事に卒業出来たのは、藍沢・白石・藤川の3名。だけど藍沢は脳外科へ進んだんですねー。 その後は心臓外科にもいくつもりらしい。その優秀さ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2010-03-23 11:59
  • コードブルー2最終回 とりあえず続編あるよねー的最終回でした

    Excerpt: 志ん生人情ばなし―志ん生の噺 あーあ、とうとう終わったな。 最後の約30分ほどは少しダレたけど イイ最終回でした。 視聴率は 16.6%! 最終回としてはちょっと物.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-03-23 16:19
  • 【コード・ブルー2ndSeason】最終回と視聴率「卒業」

    Excerpt: 最終回の視聴率は、前回の16.8%より少し下がって、16.6%でした。この3連休は、ドラマの視聴率が皆低いです。全11話の平均視聴率は、16.6%でした。1stseasonの平均視聴率は15.9%だっ.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-03-23 19:51
  • コード・ブルー2 第11話(最終回)

    Excerpt: ついに父を許すことができた藍沢でした。次はしこりなしで進めますね。まだ放心状態ですがシーズン3も楽しみ!! Weblog: エリのささやき racked: 2010-03-23 23:32
  • 「コード・ブルー 2nd season最終話 卒業~奇跡の定義」

    Excerpt: 藍沢は、結局脳外科へ行きました。 脳外科は、外科の中でも一番難しく手先の器用さが求められる所、その器用さは父から受け継いだものでした。 Weblog: みょうがの芯 racked: 2010-03-23 23:32
  • コード・ブルー2 (最終回)

    Excerpt: フジテレビ系列で毎週月曜よる9時から放送されていた連続ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd season』は、今週、最終回(第11話)を迎えました。●あらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2010-03-25 17:51
  • 《コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命The 2nd season》★最終回

    Excerpt: 前回、父誠次に会った耕作。 「ずっと前を歩く、お母さんを引きずり降ろしたかった。 子供を産むことで、俺のそばに戻って来てくれるような 気がしていた。」 「自殺は俺のせいか・・・」 白石に、24日シ.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-03-26 14:08