不毛地帯 最終話

大門社長の綿花相場で
49億円もの赤字をしてしまった事で
壱岐は大門社長に勇退を迫る訳ですが

大門社長は壱岐が自分を退陣させて
社長の座を奪うものだと思い

自分の座を守るために
他社に出向させた里井さんを呼び戻し
そのために壱岐を関連会社に出向させようとして
役員会議でその発表をしようとした矢先に


待ちに待った石油がようやく発掘されたみたいで。


この朗報に感涙する壱岐の姿が印象的でした。

兵頭君の長年の夢だった石油の安定供給が出来るようになった。
本当にありがとうございました。

この言葉の重み


それが後に繋がっていく訳ですね。



さて、そうして石油事業を成功させた壱岐は
記者会見で大門社長のリーダーシップを褒め称え
それと共にこの成功で社長業を勇退する事を迫る訳ですね。

それでも応じようとしない大門社長に対して

壱岐は田原を使って大門社長が
綿花相場で49億円もの大損をしている記事を書かせ
強硬手段に出る訳ですね。


で、里井さんはというと
近畿商事は壱岐の強さが大門社長を上回っている状況に
里井さんは大門社長を見放す訳で。


そうして自分が社長に留まる策も尽きた事で
大門社長は社長業を勇退する決意をしたんですが

ここでようやく壱岐の心中を知る訳ですね。


今の私があるのは16年間
大門社長が重用して下さったこそです。

社長、一企業を率いるリーダーとして
充実した力を持っておりました。

しかし、あれから長い年月が流れたのです。
後は大きな栄光を得たものが誰もが妄執する
権力を捨て、いつ見事に退陣するかです。

どうか、ご決断下さい。



これから、会社はどないなるねん。


次の世代が育っております。
組織です。これからは組織で動く時代です。



なるほどね。組織か。


社長・・・・・


壱岐君。退陣や。


はい。


そうして大門社長と壱岐副社長は共に退陣。
次の世代に自分達が築いた会社を任せていく。


そうして会社を去る時
壱岐の中でこの会社で過ごした時間が巡っていく訳ですね。


二度と過ちを犯さないよう発展させていく事
そして次の世代へ繋げていく事。

それが私の使命です。


戦争という過ちを繰り返さないために

武力というカタチではなく
商売というカタチで石油を得ようとしているのです。



その中で谷川さんが壱岐にこの石油事業に対して


是非ともやり遂げて下さい。


と語った言葉が壱岐の中で重くのしかかっていた気がします。




それから会社を辞めた後

彼が向かったのは舞鶴にある慰霊碑の前。

私はこの国のために少しは役に立てたのでしょうか。

と、語りかける壱岐。


その後、彼は谷川さんの遺志を継いで
作風会の活動を続ける事を決意する訳で。



そこでまず彼が向かったのはシベリア

異国の地に眠る同胞達の遺骨をなんとしても日本に届けたい。



そしてシベリアの地に眠る同胞達の前に立った時

壱岐はこの地で亡くなった同胞の言葉を思い出す。


生きて祖国の地を踏むことが出来たなら伝えて下さい
生きて親孝行がしたかったと。



あれから十数年もこのままにしてしまっていた

それだけに涙が止まらない。

このラストでの締めくくりは胸打つものがありました。




やはり壱岐の思いが前面に出ると物語に深みが出てきますね。



こういうトコロがこの作品の面白さなんでしょうけど


一方で、突然出てきた息子の存在とか
唐突な感じは否めないかなと思うと共に


個人的には壱岐がシベリアで過ごした時間は
この19話のうち、前半の10話でもいいので

分断して見せてもよかったのかなと思いました。


それと部分部分で数年後の展開によって
その人の心境がガラリと変わってしまう。

それは大門社長なんですが
それに関してはどうして彼が変わってしまったのか
ナレーションではなく、映像としてその変化を見せて欲しかったところです。


でもって、全体的にのんべんだらりと
TBSであった「官僚たちの夏」みたいにダラダラと本筋を追ってるだけみたいな
雰囲気もあって、それが単調に見えて面白さに繋がってこないとこがあるかなと
思ったりもしてます。


ちなみに最後に自分が一番気になったのは
近畿商事の社長って誰がなったの?ってとこでした ̄▽ ̄ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2010年03月12日 17:40
う・・・画伯がピックアップされてる
壹岐と大門のやりとりを拝読してたら
またも目頭が熱くなってきましたわー。
最後にやっと壹岐が素晴らしい人物であったと
実感出来たのが良かった♪
原作では長年に渡る息子との確執も描かれてたんですが
ドラマではある時期からすっかり息子の
存在が無くなってましたよねぇ
鮫島とも、今後は孫の進路を巡っての
意見の対立等も描かれてたけど、あくまでも
商社マンとしてのライバル関係で終わっちゃった。
まぁ、色々端折った部分もあったけど
この最終回には一応満足できましたわー。
次期社長は誰なんでしょ?里井と敵対してた
一丸@山田明郷さんはいづこへ?
武蔵@中原丈雄さん辺りなら、良心的な
会社になりそうかな~。
まさか兵頭さんが大抜擢!!!はさすがに無いか
ikasama4
2010年03月14日 00:56
まこ様
本当に壱岐と大門のやりとりは
書いた自分が読んでも思わず目頭が
熱くなります。

最後まで壱岐は壱岐でしたね。
彼の信念は最後まで変わる事はありませんでした。

>原作では長年に渡る息子との確執も描かれてたんですが
なるほどですねぇ。
息子さんはいるのか、いないのか
よう分からんようになってましたね。

鮫島にとっては壱岐は
商社マンとして宿敵というか
目指す存在だったのでしょうね。

まぁ見ていて、色々と足りない部分は感じましたが
私もこの最終回には満足でした。

>武蔵@中原丈雄さん辺りなら、良心的な
>会社になりそうかな~。
それが一番妥当な線ですかね ̄▽ ̄ゞ

この記事へのトラックバック

  • 「不毛地帯」最終回☆☆☆☆

    Excerpt: エンディング最後、亡霊の様だった雪の中のイキがコート姿に変わっていました。仕事中でも恋をしても、心はいつも背広姿であの収容所に残されていたけれど、やっとそこに戻って1つ�.... Weblog: ドラマでポン racked: 2010-03-12 00:57
  • 不毛地帯 #19 最終回

    Excerpt: もう最終回だなんて寂しいです@ 壹岐と大門のやりとりに泣けた… マスコミにリークとはなんて黒い・・・・ 相談役をお勧めとかなんてことを言うんだ! 記者の前では社長を立てて落とす… 怖いなあ…って思.. Weblog: なんでもあり~な日記(カープ中心?) racked: 2010-03-12 01:07
  • 「不毛地帯」を含むニュースと関連グッズの紹介

    Excerpt: イマナビでは「不毛地帯」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「不毛地帯」に興味があれば是非ご覧ください! Weblog: イマナビ!News&Shopping racked: 2010-03-12 10:42
  • 不毛地帯 最終話:約束の地

    Excerpt: 終わった・・・(● ̄  ̄●)ボォ-- 2クールはやっぱ長かったわ~{/face_ase2/} 原作が思いのほか面白かったので、ドラマの開始をめっちゃ楽しみにしてたのに、 陰気臭いわ、キャストも何だ.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2010-03-12 14:45
  • 【不毛地帯】最終話 簡単統括

    Excerpt: いつものようにセリフレビューしようと思って、一応拾ってはいたのですが。。。半年間書いてなかったし、簡単感想で。。。(すっかりサボリぐせが~)「完」です。長かったなぁ。。。半年。昨年は、あまり入り込めず.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-03-12 21:26
  • 不毛地帯 最終回 (原田芳雄さん)

    Excerpt: ◆原田芳雄さん(のつもり) 原田芳雄さんは、フジテレビ系列で毎週木曜よる10時から放送されていたフジテレビ開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』に大門一三 役で出演しました。一昨日は第19話(最終回)が放.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2010-03-13 00:25