君たちに明日はない 第4話「旧友」

今回の依頼主は

世間からの信用を何より大事にしている企業であり
村上の会社にとって念願の依頼主―――――銀行。

わかば銀行

この銀行は
帝都銀行にあかつき銀行が吸収合併されて出来た
世界一のメガバンク


当然、ふたつの銀行がひとつになれば
それぞれの部署もひとつになる。

そうして、あぶれた人間が集まった御荷物の部署
そこがリストラの対象になるという。


だが、これくらいの大手の銀行であれば
自分のトコロにも人事部署があるはず


なぜ、うちの会社に頼むのだろうか。


その答えは簡単に出た。



それはわかば銀行が
合併直後にやったリストラでのトラウマが原因だった。

どうも、そのリストラでは
出身銀行での派閥争いが激化し能力無視の左遷が横行していた。

そのためにあかつき銀行出身ってだけで
冷遇されている方がたくさんいるらしい。


そして、今回の希望退職のリストの中に
村上の高校時代の同級生・池田がいた―――――。






今回は高校時代の同級生というトコロと
村上の友達・山下がかつて帝都銀行で働いていた事で

池田のあかつき銀行時代の働きぶりとか
何故、彼がわかば銀行であのような閑職に追いやられていたのか
そういう情報を把握する事が出来たみたいですね。


で、その山下情報によると

池田は成績優秀で
その後、企業調査部に栄転していた。


企業調査部は融資案件に対して企業を調査して企業の再構築を提案するトコロ
そこで彼が手がけた企業はどこも経営がよかった。

それほどまでに成績優秀で
あかつき銀行での幹部候補だったのだが

ある仕事で上司に楯突いた。

その上司が帝都銀行出身だったため
あかつき銀行が帝都銀行に吸収合併された際に
はらいせのような形で池田は左遷され閑職に追いやられていた。


で、彼がそのような閑職においやられながら
辞める事が出来ないのは今、妻と結婚した時に

「本当にやりたい仕事がやれる事」

これを条件に結婚した。

たしかに結婚当初は今の仕事が本当にやりたい仕事だった。


でも、閑職に追いやられ
やりたくない仕事をやっているのを妻に知られたら
妻と別れてしまわなくてはいけない。

それが怖くて仕事を辞める事も出来なかったみたいですね。


だから、今の仕事に必死にしがみついていた池田でしたが


村上はそんなに優秀な池田だったら
もっと働き甲斐のある職場があるから
辞めた方がいいと考えていたみたいですね。


そこで今は不動産投資会社に働いている山下が
池田をヘッドハンティングするんですね。


とっても忙しい仕事で
成績が悪いとすぐにクビを切られるけど
きっちり結果を出せば、きっちり報酬を得られる仕事で
その業務内容がかつて企業調査部でやっていた事と類似しているので
とても興味を持つと共にその仕事をやりたいと思ってはいるものの


妻にどう説明しようか迷っていたみたいですね。


でも、妻は最初から見抜いていたみたいで。


夫は家に帰るといつも仕事の自慢話をしていた。

でも、わかば銀行になってからは一切そんな話もしないし
溜息をつく事が多くなっていた。


妻は夫が切り出すのをずっと待ってたんですね。



そして池田は銀行を辞め
山下にヘッドハンティングされたようで


それにしても、いつもキャバクラのお姉ちゃんの話ばっかしてる
山下さんが不動産投資会社で銀行時代のスキルを生かして
そんなに仕事がバリバリ出来るとは ̄▽ ̄




で、村上の会社の社長・高橋は
村上と池田の関係は知っていたようですね。


手心を加えなかった事を評価していましたが

この仕事をしている以上
かつて面接を担当した人間との接触や付き合いは言語道断だと言われてましたが




村上「その面接を担当した方が好きなんですけどσ( ̄▽ ̄;」



それにしても
仕事をしてる時の村上さんは素敵な人
口説いている時の村上さんはうすっぺらい人


って言われちゃった村上でしたが
前の彼女の話をすると、ちょっとヤキモチを焼いた陽子さんを見ると
脈アリってとこですかね ̄▽ ̄




それと今回のポイントは


本当にやりたい仕事
やりがいのある仕事




池田にはそこを目指して欲しいと思うものの

村上にとって今の仕事は
本当にやりたい仕事なのか
やりがいのある仕事なのか

迷っているみたいですね。


たしかに自分のやりたい仕事ってのもピンキリで
やはり、それはそれ

仕事にはある程度の割り切りが必要ですからね。

ただ、それは世間一般の考え方であり
自分自身はどうなんですか?という問いかけは意外で

そういうトコロはあまり考えてこないとこかもしれませんね。





で、陽子さんは勢いで会社を辞めてしまったものの
やはり46歳の再就職は厳しかったみたいですね。


それで、一緒にご飯を食べに行った中華料理店で

村上との面接で仕事を辞め
それによって奥さんと離婚して
今、バイトで年下の店員さんに怒られて

とってもやり切れない思いをしてる平山さんと遭遇する訳ですね。


あの状況で村上と陽子さんと会うと

絶対、平山さんは二人が付き合っていて
だから陽子さんは会社を辞めなかったんだと
うがった見方をしてしまう事でしょうねぇ(; ̄∀ ̄)




ここから次回はなんか急展開するようですね。


さて、その次回ですが
来週はお休みで次回放送は2月20日になります(  ̄ノ∇ ̄)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2010年02月07日 17:17
ここにきて、めっちゃ先の展開が気になるというのに
2週間先でないと続きが見れないだなんて・・・
陽子さんの両親、なかなか手強そうな雰囲気で
更に面白くなりそうなのに(笑)。
そして平山が何をしでかしてくれるやら…
村上自身、今の仕事に迷いがあるようだし、
リストラの危機となるのかなぁ。

>仕事をしてる時の村上さんは素敵な人
>口説いている時の村上さんはうすっぺらい人
このセリフには思わず「上手いっ!」と膝ポンでしたわー。
視聴者が感じてたそのままの印象を代弁してくれました
そして、山下さんが意外にデキる男だってーのにも
びっくり~
それ以上に池田は優秀な男との設定だったようですが、
どうもそんな風には・・・(笑)
ただ、ブザビの印象そのままに、家庭を大事にする
夫という雰囲気はバッチリでした
2010年02月07日 18:35
なんだかあちこちで遭遇してしまう平山が気になりますね。
あのつけ麺屋も長く続かないような・・
陽子さんもなかなか再就職が決まらないし・・・
何度も出てくる前田吟さんがなんとかしてくれるかと思ってるんですが・・・(笑
毎回、飲みの場面にしか出てこない北村さんが今回は活躍してて、しかもデキる男の雰囲気も出てて、ほっとしました~
ikasama4
2010年02月07日 19:15
まこ様
ホントですよねぇ。
2週間先ってちょっとつらいですねぇ。

次回の予告を見ると
急展開の連続みたいですから
すごく気になりますね。

そうそう、この陽子さんの喩え
サイコーにツボでした≧∇≦b

私も村上と飲み屋で会う度に
キャバ嬢の話しかしてなかったんで
そんなにデキル男とは思いませんでした。

この辺のギャップが
「(n ̄▽ ̄)ηほれてまうやろー」
ってとこなんでしょうかね。

とりあえず池田は個人的に
熱血派って感じの方でした。

それもブザビと一緒ですね ̄▽ ̄
ikasama4
2010年02月07日 19:20
きこり様
そうですねぇ。
あの感じだとたしかに長続き
しそうにないですね(; ̄∀ ̄)

>何度も出てくる前田吟さん
私もそう思ってるんですけどねぇ。

そうそう、今回の陰の主役は
北村さんと言っても過言ではないでしょう。

プライベートでは仕事の部分を見せないのも
仕事のデキル男ってトコロかもしれんですね
 ̄▽ ̄b

この記事へのトラックバック

  • 君たちに明日はない 第4話:旧友

    Excerpt: 次の放送は20日!?工エェ━━( ̄ェ ̄;ノ)ノ━━… オリンピックもそりゃ見たいけど、そんなに間があくなんて興味が削がれるじゃんかー{/hiyo_shock2/} 去年、【行列48時間】の際もめちゃく.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2010-02-07 11:39
  • 「君たちに明日はない」 第4回 旧友

    Excerpt:  さて、公衆の面前で真介を殴り続けた平山は警官に連れて行かれ、 真介も事情聴取のため警察へ。 一部始終を見ていた陽子は、あら~~という顔で見送るしかありませんでした。  真介(坂口憲二)はや.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2010-02-07 18:46
  • 《君たちに明日はない》#04

    Excerpt: 陽子に呼び出されて待ち合わせの場所に居た真介は、元陽子の上司平山が、すぐ横に居るのに気付かなかった。 平山は真介の襟首を持って道路に引き倒した Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-02-10 07:05