不毛地帯 第14話

どうにかしてイランが売りに出す鉱区の場所を知った
壱岐でしたが、完全に鮫島にしてやられましたねぇ。


近畿商事が石油事業に乗り出すと分かるや
石油事業では大手の企業と連携を組んで、その鉱区を奪い
更にはその収益まで独占されてましたからね。



やっぱ貝塚は貝塚でしたね

大門社長の言うとおり、アテには出来ませんでしたね ̄▽ ̄



こういう展開を流石の壱岐も読めてなかった程
鮫島が鮮やかだったというのがありますが


ともあれ、どこの会社よりも早く
イランの優良な鉱区が売りに出される情報を
必死になって掴んだのに

その結果がこれですからね。

兵頭達のこれまでの努力は一体何だったのか

壱岐があれほどまでに憤るのもよく分かります。

あまりにも理不尽ですからねぇ。



でも、理不尽といえば
今回、千里に取った壱岐の対応もちょっと理不尽ですよねぇ。


だって、あんな朝早くに
千里が朝食を作って食べていた状況下で

やってきた娘に対して

「私と彼女とはやましい関係はないんだ」って
必死に弁明する壱岐ってどうよ(゚Д゚)


個人的にはバレてるような気がするんですがねぇ。



それに千里に対してはこの期に及んで
実に理不尽な事をしてるのかなと思ったりしますねぇ。



ともあれ、ここからは
壱岐がどんな作戦を使ってくるのか

そこが一番の楽しみですね ̄▽ ̄





ちなみに竹野内さんのあのヒゲ

私はツケヒゲと見ましたがいかがなもんでしょうか ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

2010年02月06日 13:53
兵頭さんの苦労がぁぁぁぁ
てか、いつも近畿商事が先行して事を始めるのに
横から鮫島にかっさらわれるパターンが定着してるような…
いい加減学習して、慎重に策を練らないと、今度も
おいしいとこを全部持ってかれそうな勢いですねぇ。
貝塚も金さえ積めば何でもやってくれそうな相手なので
鮫島ってそうゆうとこを突くの上手いからなぁ
で、千里との事ですが・・・
直子ももう子どもじゃないんだから、あんな時間に
朝食を共にしてるって事で二人がどんな関係かは
察した筈。いっそ、お付き合いしてるって
言っちゃえばいいのに・・・
それもこれもあの部屋に仏壇なんか持ってくるから
ぎくしゃくしちゃってる気が・・・
長年家族で過ごした住み慣れた家に居た方が
佳子さんも安らかに眠れると思うのになぁ
ikasama4
2010年02月07日 18:41
まこ様
里井副社長の時には
いい気味だというのもあって
鮫島の謀略を褒め称えていましたが

相手変わって、これが壱岐・兵頭となると
鮫島が憎らしくてたまりません ̄▽ ̄凸

相変わらず貝塚は利権・権威には
弱い男みたいでしたねぇ。


それから、直子もいい年齢ですから
やっぱ気付いてもおかしくないですよねぇ。

>長年家族で過ごした住み慣れた家に居た方が
たしかにその方がよさそうですね。

千里との仲もぎくしゃくしないで
すみますからね ̄▽ ̄

この記事へのトラックバック

  • 不毛地帯 第14話:百億の賭け

    Excerpt: 貝塚めぇ~!!!ヽ(@`⌒´)ノムキィ でも鮫島にすれば、丸め込むには簡単な相手だったろうなぁ{/face_ase2/} 打倒、壹岐{/ee_3/}その為ならライバル会社とも手を組んじゃうわけね… 近.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2010-02-05 22:37