宿命1969-2010 第5話

宣子にあんな事をするように仕向けたのは
母さんではないかと詰め寄る崇を三奈はかわしていく。

そんな崇に対して弟・透は
政治家を止めて病院を継げばいいじゃないかと兄を非難するが

崇は語る。



病院を継いでも母さんは喜ばないよ。

僕はあなたの夢の体現者です。

世の中がみんなお前みたいに真っ直ぐだったらいいのに

けどな、愛がエゴだったり
打算が無垢だったりするんだよ。

見極めるのは難しいですね、母さん。





兄の言葉の意味が分からない弟に対して父が崇と母の関係を語り始める。


かつて母さんは学生運動に身を置いていた。

世の中の矛盾や不正と戦う女性だった。

お父さんもその中で戦った。

でも、結局その戦いには負けた。

お父さんにとってもそれは大きな挫折だったが
お母さんにとってもそれは大きな挫折だった。


お母さんは憎んでいたはずの国家権力を自らに引き寄せる夢を見た。

それはあの敗北への復讐かもしれない。

だが、お母さんには自らが国家権力の中枢に立つ力はない。


だから――――――。


崇君は父親を亡くし
生まれ故郷を出て、更に孤独だった。

そんな少年が求めたのは母親の思いだった。

だから、母親の期待に応えようとしてきた。

母親の望む高みに登るのは必然だろ。

それが彼の宿命かもしれない。

彼のまっすぐな性格がお父さんは大好きだよ。


お前はまだ知らない。
世の中の矛盾も、孤独も。

少なくともお前は崇君よりは幸せな成長をしてきたと思っている。
そういうお前が声高に崇君を非難するのはアンフェアだ。





今回の秘書さんの噂話


最近の有川家:崇さんは透さんと喧嘩したらしい。




相変わらずほんわかした感じの秘書さんの会話です ̄▽ ̄




でも、今回はここがメインではなくて

最初は打算や目的があって勧められた縁談だったのだけれども
互いに接していく中で本当に相手の事が好きになってしまった

崇と尚子

この二人の思い

これに尽きますね。







宣子の存在に自分が彼女に勝てるのか、思い悩む尚子。

彼が私を好きになったのは、彼の目的のため。

自信をなくている尚子に妹は言う。



お姉さんは本当に崇さんの事が好きになったのね。



その時、崇からの電話。



ずっとまいってた。
宣子の事を気にするなと言っても無理かもしれないけど
僕を信用してほしい。

やっぱり今でもお父様のためにこの縁談をするって考えてる?
それなら、それでいいんだ。
でも、僕は君じゃなきゃこの縁談は勧めなかった。
もう一度会ってくれないか?

明日、馬に乗ろうと思ってる。
一緒にどうかな?待ってるよ。




翌日、崇の前に現われた尚子。

崇は彼女に語りかける。



来てくれてうれしいよ。

今日は君に僕の本当の気持ちを伝えたかった。
僕たちは目的のために出会った

けど、今は君が好きだ。

僕の妻になって欲しい。




目に涙を浮かべながら無言で頷く尚子。




そして、宣子が山瀬を脅して奪った
ニューヨークの留学時代に興味本位とはいえ
マリファナを吸っているトコロを隠し撮りしたDVDが
崇の下に送りつけられる。


それを見た崇は驚きうろたえた。

これでは自分の政治家人生が終わってしまう。


あまりにも憔悴している彼を後ろから抱きしめる尚子。




すまない。僕は全てをなくすかもしれない。

君は白井家の人間だ。
ここにいちゃいけない。



そんな崇を優しく見つめる尚子。

どんな事があっても私だけはあなたの味方よ。




そんな時に三奈が登場。

どうも彼女のトコロにもあのDVDが届いたらしい。




こういう事になった以上
縁談はこちらから辞退するしかないわね。




私はそんなつもりはありません。

崇さんは悪いお友達に勧められただけなんです。

父には申しません。

だからお母様も心に閉まって下さい。

崇さんへの私の気持ちは変わりません。
もう何があっても。

お母様。
この件は私達でなんとか致します。
崇さんの将来を潰す事は致しません。



息子の事を思う気持ちは嬉しく思います。
ですが、あなたは白井家の御長女ではありませんか。

この問題は有川家の問題です。
白井家の問題ではありません。

この縁談は白紙に戻しましょう。




そう言って帰っていく母親を追いかける崇。



彼女の何が気に入らないんですか?!


白井家の御嬢様が問題なの!

どうしても彼女と一緒になるというなら親子の縁を切るわ。

その事が言いたくてここに来たの。



本当の理由は何ですか?
白井国土建設が破綻するというのは初めから分かっていたはずです。

有川会の財産がそれで揺らぐ事はありません。



この結婚は有川家にも白井家にもいい結果を生まない。

どうしても結婚をするというのなら、有川家と縁を切りなさい。

でも、有川家と離れたあなたを白井家は相手にしないわよ。
相手が欲しいのはうちの財力だから。




それでも彼女を選ぶと言ったらどうしますか?



政治家の娘ではなく一人の女性として
尚子さんを選ぶと言ったら?



政界への進出を諦めるつもりなの?


官僚としての人生も悪くないです。


息子の言葉にひどく狼狽する三奈。

冷静になりなさい!
あなたは官僚で終わるようなオトコじゃないのよ!!



僕の人生は僕が決めます。



そう言って母親の下から去っていく崇



私は何もしないわよ!いいのね!!


三奈の叫びが虚しく響く。





そんな二人の様子をこっそり見ていた尚子は
急いで崇の部屋に戻っていた。




そして、彼女を強く抱きしめる


もう大丈夫だ。


彼女は何も語らない。


どうした?尚子?


ただ、崇の事を見つめている尚子。


もう大丈夫だよ。
君にも君のお父さんにも迷惑をかける事はしない。
全て上手くいくよ―――――。









もうねぇ崇の事を根にもってる山瀬の事とか
崇を恨んでDVDを送りつけた宣子の事とか

どうでもいい ̄▽ ̄




母の考え通りの人生を歩んできた崇
打算のために出会った尚子を心から好きになった事で

正しく打算が無垢となっていった訳ですね。

一方で、その思いが
エゴとなって崇は初めて自分の人生を歩む事を決めたようでしたね。

本当に世の中は難しいもんです。


それにひどく狼狽する母・三奈の叫びがなんとも物悲しい感じでしたね。






それだけに真相を知った時の崇達の事を思うと
これはかなりきそうですね。



とりあえず、それ以外では

白井さんはこのままだとしばらく続きそうな滝沢総理の天下に思うところがあるみたいで。


それと、三奈に関しては
もしかしたら重い病に冒されている可能性がありそうな感じがしますね。





こうなってくると山瀬と宣子に関しては




どうでもいい ̄▽ ̄

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年02月20日 22:37
宣子の方がどうでも良くなってきましたね~^^;
もう誰も何にもしなくても事は勝手に進んでいくようで。。。

>それと、三奈に関しては
もしかしたら重い病に冒されている可能性がありそうな感じがしますね。

これ、ありそうですよね!
フラっとなってましたもんね~。。。
たぶん子供は産まれないんだと思いますが、
三奈は命を賭けて2人を引き裂くって事ですかね。

来週は予告で「忌まわしいこと」と言っていましたが
崇に真実を言うのでしょうか(?_?)
ikasama4
2010年02月21日 00:38
くう様
そうですねぇ。
もう宣子の存在は完全に蚊帳の外になってきてますね。

>たぶん子供は産まれないんだと思いますが、
>三奈は命を賭けて2人を引き裂くって事ですかね。
でしょうかね。
それだけに三奈がどんな手を使うのか
考えるだけで怖くなります。

で、実は尚子が白井とは血が繋がってなかったら
更に大変な事になりそうですね。

>来週は予告で「忌まわしいこと」と言っていましたが
>崇に真実を言うのでしょうか(?_?)
言いそうな気もしますが
もしくは真実を聞いてしまうという展開も考えられますねぇ。

どちらにしても真実を知った時の崇が
今の性格を保てるのか
暗黒面に落ちていくのか
その辺りがとっても楽しみです ̄▽ ̄
2010年02月23日 12:04
崇は今更気づいたってことでしょうかね。
母親の夢の体現者だってことに。

やっぱり田中健さんは、いい人なのかぁ。。。
いいこと言ってましたね~。
普通は実の息子には甘くなりがちでしょうに。

ラブロマンスの回でした。
あのプロポーズには参るでしょう。
兄妹じゃなかったらね~。。。
南、イライラするっ(笑)

>それを見た崇は驚きうろたえた。
ここはどうしてあの演技?
と思ってたんですけど、
崇の本当の姿を見せてたってことですか?
いつも涼しげな顔で、野心家に見えてましたもん。

>それだけに真相を知った時の崇達の事を思うと
>これはかなりきそうですね。
壊れちゃうかも。
僕はそんなに強くない。。。

なるほど~。
三奈は重い病気にでもなって貰わないと、
収まらないですからね。チガウカ

>実は尚子が白井とは血が繋がってなかったら
>更に大変な事になりそうですね。
これは面白い事になりそうですね。コラ

まだまだ楽しみです♪
ikasama4
2010年02月23日 21:17
mana様
崇は今更気付いたというよりかは
弟・透が知らなかったので
教えてあげたって表現が適切かもしれません。

田中健さんは今のとこ
いい人っぽいですね。

そうそう、今回は
メロドラマってくらいの感じでしたね。
それだけにイライラするのもよく分かります。

これは早く教えてあげたいですよねぇ。

>崇の本当の姿を見せてたってことですか?
>いつも涼しげな顔で、野心家に見えてましたもん。
でしょうね。
あの映像は崇の政治家生命が絶たれるくらい
強烈なものだと彼は感じたんでしょうね。

個人的には真実を知って
三奈みたいにダークサイドに落ちていく崇を
期待してるんですけどねぇ ̄▽ ̄ゞ

そうですねぇ。
ホント、楽しみが尽きません♪

この記事へのトラックバック

  • 宿命 1969-2010 -ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京- 第5話

    Excerpt: 小切手をめぐるトラブルの背後に、縁談を破談にしようとする母・三奈(真野響子)の策略があるとにらんだ崇(北村一輝)は、三奈を激しく追及する。2人の口論を耳にした透(細田よしひこ)や和裕(田中健)は、動揺.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2010-02-20 18:09
  • 【宿命 1969-2010ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京】第5話

    Excerpt: 病院を継いでも母さんは喜ばないよ。病院は国を動かすか?政治家になるなんて止めて病院を継げばいいと言う弟・透に崇は言うのだった。国を動かす権力が欲しいのは母の方だと。否定する三奈。そこに強い憧れを持って.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-02-20 22:27
  • 『宿命 1969-2010』 第5話

    Excerpt: 政略結婚から始まった二人が、本気で愛し合い始めてしまったからさぁ大変。と同時に、崇のファッションがお坊ちゃま風になってません?こうなると、崇を演じる北村一輝さんでは合わない感じがして来て、権力の頂点、.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2010-02-20 23:41