曲げられない女 第6話

色々なものを失ったけど
手に入れたものがある。

それは友だ。

これで心置きなく
勉強出来ると思ったのに―――――



お医者さん「おめでたかもしれません」


早紀「え(゚Д゚)?」


お医者さん「妊娠してる可能性があります」



ラストで今までの余韻が全部とんでっちゃいましたねぇ; ̄▽ ̄ゞ





さて、まずは冒頭から遡ると

睡眠時間を削って勉強していた事がたたって過労で倒れた早紀



あんた、もしかして注射怖いんじゃないの ̄▽ ̄


璃子の予想通り、注射が嫌いなんですねぇ。

多分、針が刺されて血が取られてるのが嫌なんでしょうね。

いますいます(_ _(- -(_ _(- - ウンウン



でもって、長部家は
徹底的に璃子を追い出すために
彼女の私物を全部早紀に送りつけ

正登んとこの事務所に代理人になってもらい
親権を自分のものにしようと考えてたみたいですね。


そのために璃子は職探しを考えるのですが


早紀「昔、なりたかった仕事は(゚Д゚)?」

璃子「仕事は結婚するまでの腰掛だったからねぇ ̄▽ ̄ゞ」

光輝「これからやりたいと思う仕事は(゚Д゚)?」

璃子「そんなもん、この年になってやれるもんなんてないわよ┐(´▽`)┌」

光輝「大丈夫、あんなに人のために情熱を注げるんだから。」

早紀「そうそう、あんたに向いてる仕事は絶対あるわよ。」

璃子「例えば?」

早紀&光輝「・・・・・ご馳走様でした(-人-)(-人-)」

璃子「・・・・・; ̄▽ ̄」


でも、まぁ
どうにかこうにか
コンビニのバイト:時給800円をする事を決めたみたいですね。


1分800円です?

・・・・・

冗談です。楽しんでいただけました ̄▽ ̄



って光輝の口癖を真似たりしたの面白かったが
この冗談がなんとも璃子っぽかったですね。



それと離婚の事でお話い合いの最中に
旦那さんのお母さんから電話がかかって


もしもし?

ちゃんと言いたい事は言った?
あの嘘つき女
何にもできやしないんだから



冗談じゃないわよ!
裁判でも何だってやるわよ!
覚悟しとけよ!このクソババァ ̄▽ ̄!!



この笑顔でキレるのがいいですねぇ ̄▽ ̄b


それにしても
あの旦那さんが未練タラタラなのにはちと驚きです。




それから、正登が代理人になるのは予想通りでしたが


早紀が光輝と話してるのを見て

なんであんなヤツと話してるの?

友達だから。

なんで友達なんだよ?

なんでだよ。俺の方が早紀の事、知ってるのに。

友達なんて偽善だよ。自己満足だよ。



どうみても正登が
とってもイ~~~ヤなヤツに見えてきますねぇ。



まぁこの作品では
間違いなくそういうキャラにしたいんですね。



さて、今回はその「イ~~~ヤなヤツ」といわれた藍田さん。


藍田がキャリアとなって警察署長になると

事件が起きてもやる事がない警察署長
出世して退職金をガッポリもらうのが警察官僚の生きる道



でも、早紀と出会った事で
そんな自分の生き方に疑問を持っていた。


この間起きた通り魔事件は実はストーカー事件で
被害者の女性は何度もうちの署に助けを求めていた

でも、自分が署員にいくら事情を聞いても
こっちに落ち度はないと一点張り

警察にそれ以上介入出来ない。

市民よりも組織を守る事に躍起になってる。


そんな警察に自分は守られている。


藍田は高校時代
好きだった彼女と初めてデートした時
カツアゲされた事があった。

その時、自分は有り金を全部出して許してもらった。

その時、彼女がこう言った。

「見掛け倒し」って。

それからは臆病な自分を隠すのに必死だった。

警察官僚になったのも
制服を着てればそれがバレないと思ったから。

いざとなったら外に出て戦う勇気もない。
さっさと逃げるしかない。



そんな自分が嫌になったから
あの時、襲われても自分が警察官だと言わなかったみたいですね。



で、そんな藍田にシャッター全開∩ ̄Д ̄∩トゥー

私だって本当は暴力は怖いわよ。
注射だって怖いわよ。

けど、私達が本当に戦わないといけないのは
そういう弱い自分じゃないの。

イチイチ自分の事を説明するのが
面倒だからシャッターを閉めてた

私だってなんで9年も司法試験に落ちてるのかまだ分からない

将来の事を不安に思ってくよくよしても何も変わらない


『いいじゃない。少々失敗したって
何も失わないし負けるもんないんだから。』

って何かの本で夏木マリさんが言ってた(゚Д゚)


この会話の流れで
夏木マリさんって単語が出るのは予想外 ̄▽ ̄




そして早紀が藍田に心惹かれた理由

私はどうして藍田と友達になりたかったか分かる

あなたは頭ごなしに私の行き方を否定しなかった。
一番先に興味を持って理解してくれた。

あなたは誰とでも分け隔て向き合える
愛をいっぱい注げる人なの。

見掛け倒しの人じゃない。


自分を卑下したり恥ずかしいと思う事は
あなたにはもう必要ありません。



早紀って相手の本質がキッチリ見える方みたいですね。



それにしても藍田が襲われた時に
防犯ブザーを鳴らして、逃げていく相手に
キッチリ、カラーボールをぶつけて頷く早紀が
なんともツボにハマりました ̄▽ ̄b



そうして、藍田は今回の事件の事で謝罪し
責任を取って警察を辞めましたねぇ。


ボクは人を管理するよりも人を楽しませるタイプだと。


ボクには警察は役不足だった。


すみません。
「役不足」というのは軽すぎるという意味なので
その使い方は間違ってます(゚Д゚∩



今日も絶好調だね ̄▽ ̄


すいません、正確に言っておきたいので(゚Д゚)


俺さ、子供の頃
自分を守ってくれる天使がいると思ってたんだ。

荻原は本当に俺の天使かもしれない。



そして、またここで菅野さんのヨガの賜物による
柔軟さが披露される訳ですね ̄▽ ̄




で、早紀は光輝と璃子の写真を撮るのですが見事なピンボケ

子供の頃から写真に関してはセンスなしですね。

でもって三人で撮った写真は
母親が最後に残した言葉と
自分が初めて撮った写真と一緒に大事にされてます。


以前と比べると大分喋り方も楽な感じになりましたが
表情に関してはまだまだ仏頂面


それが早紀が司法試験に落ちる原因なんだと指摘する璃子。



自分が裁判に巻き込まれるかもしれないと思ったら気付いたの。

あんたのその仏頂面だと自分の弁護、任せたくないもの。

弁護する人の気持ちを分かる努力した方がいいんじゃないの。

早紀に必要なのは知識じゃなくてハート ̄▽ ̄

あ、私今いい事言った。
遠慮しないで日記に書いていいわよ♪




蓮見のやつ、むかつく
でも、案外当たってるかも
..._〆( ̄_ ̄#)



とっても表情がカタイ早紀。

笑う練習をしてるとこを見ると某漫画の契約者を思い出してしまう私(; ̄∀ ̄)ゞ





で、いつもの調子でダンスを踊ってたら

あんた、何してるの ̄Д ̄?


ダンスですが(; ̄Д ̄)


それは分かるんだけど ̄Д ̄


勉強する気がないとき
こうするとやる気がでるので(; ̄Д ̄)



ほー ̄Д ̄


この間がなんともいいですね≧∇≦b





そしてラストのおめでたに繋がっていくと。



ここは今後の展開がどうなるのか読めないとこですね。



早紀のおめでた。

つまり、早紀にとって家族が出来るという訳ですからね。

予告から考えるとおそらく早紀は
自分だけで育てるとか正登に相談しないで一人で決断をして

それで正登を怒らせてしまったりするのかもしれませんね。



でも、母になるという事で
璃子のいってた仏頂面が解決するのかもしれないなと思うと共に

彼女はもしかしたら弁護士にならないかもしれないと思ったりして。

まぁ実際、早紀はこのまま司法試験を頑張り続けていいものか
今だったら司法書士という道もあるのではないかと

あれこれ思い悩んでいるみたいですからね。


まぁ今だったら司法書士でも十分法律の知識は生かせるし
何より司法書士が主人公のドラマがあるんですから
その辺で妥協しても十分なんですけどね ̄▽ ̄ゞ


ただ、一方では日記に


どうしよう。
今やってることが無駄になったら。



って書いてたように今までの努力が無になってしまう事に
抵抗を感じてるみたいですけどね。



ここにきての急展開に
早紀がどういう決断をするのか、とっても気になります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

rino
2010年02月18日 13:39
こんにちは。
3人の友情、いい雰囲気ですね~。
とてもあの部屋が、元殺人部屋だとは思えないf(^^;

こないだ、レビューサイトで書かれているほど悪くは思わないと弁護した正登ですが、今回の光輝への態度や発言はさすがにいただけませんでしたね。
弁護士以外に司法書士を目指しては? という提案は、確かにそれも一つの道かもと思うのですが。
早紀は弁護士への応援を欲しそうだけど、その夢を理解して応援して、その結果何年後かに諦める結果になったりしたら、応援するだけの方が無責任? とも考えてしまったので。
正登が本当に男をあげるのは、最初のプロポーズを断られた段階で「そうか、そこまでの想いなら弁護士を諦めろとは言わない。だから自分の妻となって、弁護士を目指してくれ。万が一最終的に諦めることになっても、生活の心配はするな」と言うセリフがあればよかったんでしょうけどね。

それから光ちゃん、警察を辞めてしまうとはびっくりです。
弱虫の自分を脱するためにも、警察の中にいて、内側から警察を本当に人々を守る組織に変えていく・・・って手もあったかと思うのですが。

それにしても鏡に向かって不器用に笑う早紀、コワイ笑顔でしたね~_(__´Д)ノ彡☆
菅野ちゃん、本当は素敵な笑顔なのにあの笑顔をするとは、さすがです(笑)
rino
2010年02月18日 13:41
あ、毎回、すみません。。。
司法書士が主役のドラマもあったんですか?
「カバチ」で行政書士が主役のドラマができるのかーと感心していた(弁護士と違って司法書士や、さらに行政書士は地味でドラマにはならないと思っていた)ところなので・・・。
2010年02月18日 14:18
私も「オメデタ」で全部吹っ飛んでしまいましたわ~。
本当にびっくりでした。
でも早紀がママになるってすごく不思議な気がします。
なんとなく光輝がパパだったらお似合いのようにも感じますが。
どんな決断をするのか心配だけど楽しみでもありますね。
あとタイトルが「曲げられない」だから
やっぱり弁護士の道は諦めないでほしいような^^;
ikasama4
2010年02月18日 21:07
rino様
こんばんはです。
ホント、この三人の雰囲気はいいですね ̄▽ ̄

>とてもあの部屋が、元殺人部屋だとは思えないf(^^;
住めば都ですね ̄▽ ̄

そうですねぇ。
今回の正登の発言はカチンときますねぇ。

親しくしてたとはいえ
自分の友達をどうこう言われる筋合いはないですし
自分の仕事を決め付けるような事はイヤですねぇ。

何にしても早紀と結婚する場合には
正登は早紀に家庭に入って欲しいんでしょうね。

そうそう、光りんの展開は意外でしたが
彼もまた自分の生き方に疑問を持っていて
今の生き方は自分が必要とされてないと
感じてたみたいですね。

>それにしても鏡に向かって不器用に笑う早紀
あれは傑作でしたね≧∇≦
ikasama4
2010年02月18日 21:07
rino様
司法書士に関してですが
いつだったか忘れましたが2時間モノのドラマで見た事があります。
中村玉緒さんが主人公だったかと。

まぁ、それ以外では見た事がないですけど(; ̄∀ ̄)ゞ
ikasama4
2010年02月18日 21:07
エリ様
びっくりでしたねぇ。
でも、早紀がママになれば
それによって孤独だと思っていた自分に
新たな家族が生まれる訳ですから
それに表情も柔らかくなって
そう考えると今後の司法試験に
マイナスにはならないかなと思うんですけどね。
もうすでに弁護士への道と子供との両立という
前提で考えてますけど(; ̄∀ ̄)ゞ

たしかに光輝がパパだと御似合いですねぇ。
結婚しちゃえばいいのに≧∇≦
2010年02月20日 23:40
「かもしれません」「可能性があります」って、
違うかもしれないってことですよね?
まさかこう来るとは思いませんでしたわ!
私は妊娠が間違ってて欲しいんですけど…
だって~、正登の子でしょ~。。。
一発命中?(笑)ヾ(゚∇゚*)オイオイ
藍田が父親になるって言ってくれても納得できない。
となるとやっぱりシングルマザー?

>針が刺されて血が取られてるのが嫌なんでしょうね。
ikasama4さんもだ~(^▽^;)
採決ってたくさん抜き取りますよね。勿体無い。
ありゃ絶対に他の目的に使ってますぜ。チガウカ

>この笑顔でキレるのがいいですねぇ ̄▽ ̄b
そうなの~。璃子が言うと憎めない。
私が言ったらきっと…
心に傷を負わしちゃうかも(≧∇≦)ノ彡バンバン!

>どうみても正登が
>とってもイ~~~ヤなヤツに見えてきますねぇ。
正登はどこまで落ちて行くんでしょうね。
で、次回は俺の子を産んでくれって。

>この会話の流れで
>夏木マリさんって単語が出るのは予想外 ̄▽ ̄
そうなのよ~。こういうの好き(≧∇≦)ノ彡バンバン!
ホントに言ってたの?

璃子と藍田にシャッターも開いた訳ですし、
友達の絆も深まったことですし、
後半に入って流れがどうなるのか見ものですね。
ikasama4
2010年02月21日 00:47
mana様
う~ん、この展開は
全く予想してませんでしたからねぇ。
あのベットで見た限りでは服装が
乱れてなかったので(; ̄∀ ̄)ゞ

とりあえずイッパツ命中ってとこですね。

まぁ早紀のお母さんは父親が亡くなってから
一人で早紀を育ててきたので

そのままシングルマザーになるという
道もありそうですかね。


ちなみに私は注射とかは大丈夫なんです。
むしろ血を見るのが好きなタイプでσ ̄▽ ̄
自分の身体に注射される瞬間とか
血を採られてるところとか見るのが結構好きなんです。

会社の先輩が早紀みたいに
注射とか採血がダメみたいで
針が刺さる瞬間とか血が採られるとことか
絶対見ないようにしてたんでそれを思い出しました。

自分も基本、天然で毒を吐くタイプらしく
知らない間に相手を傷つけてる事が多いので
普段は下手なことは言わないように気をつけてます。


それにしてもこの会話のテンポとか
夏木マリさんとかフレーズの使い方が面白いですよねぇ。

この会話の雰囲気はこの三人ならではなんでしょうね
≧∇≦b

この記事へのトラックバック

  • 曲げられない女 第6話

    Excerpt: 五輪実況アナ「わずかな僅差」って早紀ならすかさずチェックが入るぞ。そういう早紀がオメデタ@@@@ Weblog: エリのささやき racked: 2010-02-18 14:21
  • 曲げられない女 六話

    Excerpt: 前回が、リコで・・今回は藍田の回でした。 藍田がなーんで警察署長なんてやってるんだろう? と思っていたんですけども、 弱い自分を隠すための隠れ蓑だったわけですね。 でもそんなことで弱さが隠れるはず.. Weblog: Simple*Life ドラマ感 racked: 2010-02-18 21:30
  • 曲げられない女 (谷原章介さん)

    Excerpt: ◆谷原章介さん(のつもり) 谷原章介さんは、毎週水曜よる10時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『曲げられない女』に藍田光輝 役で出演しています。一昨日は第6話が放送されました。●あらすじと感.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2010-02-19 00:11
  • 『曲げられない女』 第6話

    Excerpt: 「覚悟しとけよ、このクソババァ!」(≧∇≦)ノ彡バンバン!な~んかスッキリするわ~このセリフ♪初回では絶対に友達にはなれないタイプだった璃子のことが、どんどん好きになってる自分が居るかも~(笑)た.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2010-02-19 09:44