宿命1969-2010 第2話

今回も強烈でしたねぇ。

宣子が尚子に近付いたかと思いきや

開始10分足らずで
自分には付き合って10年になる彼氏がいて
この先、何があっても離れないと思うとか言って


これが私の彼氏なのよ(゚Д゚)
あからさまに写真を見せ付けるところも圧巻ですが



終盤で今度は尚子が
以前宣子が拒否した崇が持ってきた2千万の小切手を持って



彼の手を煩わせる事は出来ません。
これは私の役目です。

妻になる私の器量が問われるのですから。
あなたの気持ちはお察しします。
ですが、私にはあなたが分かりません。

本当に愛情があったのなら、彼を困らせるような事は出来ません。

宣子さんは後ろ向きになってらっしゃる。
自暴自棄になってらっしゃる。

あなたは彼との結婚を夢見ていた。
それは女性として分かります。

本当に結婚できると考えていたのだとしたら愚かしい事だと思います。


失礼ですがあなたのお父さんは公務員だとか。
地方公務員の暮らしは大変だった事でしょう。

ですが、有川家があなたを迎える事は決してあり得ません。

仮に私との婚約を解消したとしてもあなたとの結婚はあり得ません。

奇麗事は言いません。
事実を事実として申し上げてるんです。

その事をお認めになってご自分の未来を築いて下さい。




宣子の前では凛としていながらも

彼女の前から去った後、緊張感から解放されて
ふと一息つく尚子の姿はなんともいいですね。




それにしてもこのドラマは演出が上手いですよね。




崇の母親のケータイがマナーモードで鳴り

それでまずケータイを開いて

「Calling」の文字を見せて
それが電話だと確認して

そして目線を下におろして
相手が「崇」だと確認する。


この流れだけでもおぉ!っと思いますね。

今回のテレ朝は一味違います ̄▽ ̄b





それから淡々と仕事をこなす崇ですが

お母さんには自分の事を色々と報告するんですね。



10年来付き合っている彼女の事とか

手切れ金として2000万円が欲しいとか



なんかこの二人を見てると
親子関係というよりも主従関係のような感じがしますね。




ちなみに崇の母親の若かりし頃を演じていたのは
あれは多分、水崎綾女さんでしょうね。

着実に経験を積み重ねて頑張ってるようです。
今後も頑張ってつかあさい( ̄ー ̄)/~~





さて、ドラマは終盤で
崇の母親・三奈が白井宅で白井眞一郎の母が書いたという文字に
あの時、見ていたから知っていたんでしょうね。

それだけに自分はなんとおぞましい事を
しようとしてるのかと打ち震えていたみたいですが




ラストではその
母親が恐れていたおぞましい事態が
既に行われていたみたいで; ̄▽ ̄




また、これが美しいところでもあり
真実を知らないという部分で悲しく切ない部分を感じさせ

更にこのポルノグラフティの歌声がこのドラマの色合いを
時折見えるあの油絵のように深めてくれます。



そして予告では三奈が
この結婚を取りやめにしたいと言って
それを聞いた白井眞一郎はこの婚儀が取りやめになると

この不況で自分の資金源も危うくなってしまい
政治家生命が終わりかねないとして激昂してる部分が描かれてましたが


次回は更にその続きがある訳でしょうから

それを知った時に白井眞一郎がどんな表情をして
どんな行動を取るのか

今から想像するだけでワクワクします(゚∀゚;)ドキドキ


そして、何よりクールで立ち振る舞いがカッコいい崇が
この真相を知った時にどんな表情をしてどんな行動を取るのかも
今から想像するだけでワクワクします

間違いなくあの目がギラギラするんでしょうね(゚∀゚;)ゾクゾク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2010年01月22日 23:46
崇の父親が……という展開までは予想できていましたからね。
問題はこの後、どう話が転がっていくか、ですよね。
前回、あまり乗り気じゃなかったんですが、今回の2話目で、
俄然楽しみになってきました。

>水崎綾女
ついこないだまで散々、昼ドラで観てたんですけど、
彼女だと気づきませんでした。(^^;
そういえばこのドラマって、なんだか昼ドラっぽい
気もします。
2010年01月22日 23:55
主従のような母子ですが、今回ばかりは真相を話さなければ
崇は母の命令に納得しないでしょうね~。。。

いや~、私はこの話は、結婚して成り上がっていく
話だと思っていたので、こうなるとは思いませんでしたわ~。
この結婚が成立しないと、白井は金を得ることが出来ず、
崇は地位を得ることが出来ず。。。
どっちを向いても損ばかり。。。

もしかしたら、事実を隠して結婚を強行(?_?)
みたいな事だったら、それはそれで面白いかも。。。^^;
キッド
2010年01月23日 16:06
ikasama4様、こんにちは。
レビューはしていませんが
今回は夜明けの別離を演じたあの人に
釘付けでした。
絶妙でしたな。
秋吉久美子とか美保純の若かりし頃を
連想しましたぞ。
実に素晴らしい。
ハニー・フラッシュでございました。
ikasama4
2010年01月24日 01:32
すばる様
予想は出来ている部分は多いですが
このドラマの見せ場は真相を知るまで
そして、知ってからの登場人物の心理描写の
見せ方にありますからね。

演出も上手いし、これはレビュー決定です ̄▽ ̄b


たしかにこれは昼ドラっぽいですね。
その辺も魅力ですかね ̄▽ ̄
ikasama4
2010年01月24日 01:33
くう様
そうでしょうね。
崇は尚子とああなっちゃいましたからね。

真相を話さない限り
崇は納得しないでしょうけど

真相を知った後で
尚子が崇の子を一発で身篭ったとしたら

ゾクゾクが止まりません。

>いや~、私はこの話は、結婚して成り上がっていく
>話だと思っていたので
私も最初はてっきりそういう方向に行くんだと思ってました

それだけにこの方向性は予想外で
今後どういう方向に流れるかも全く予想出来ません。

>もしかしたら、事実を隠して結婚を強行(?_?)
>みたいな事だったら、それはそれで面白いかも。。。^^;
う~ん、結局お金が必要だからってことで
仮面夫婦ってとこで結婚するって方向はあり得そうです ̄▽ ̄;
ikasama4
2010年01月24日 01:33
キッド様
こんばんはです。
あのシーンで水崎さんの登場には驚きました。

あの後姿がまたキレイでした。

ホント絶妙です。

こうして少しずつキャリアを積み重ねて
頑張ってくれたらば、構図も増えて
描く機会が出来ると考えている今日この頃で
ございます ̄▽ ̄

この記事へのトラックバック