コード・ブルー Season2 第2話

まず、今回のメインのひとつが脳の手術。

腫瘍を取れば助かるんだけど
腫瘍のある位置が言語中枢に近い場所にあるために

腫瘍を取れば言語障害が起きたり
性格が変わってしまったり記憶にまで障害が残るかもしれない。


そういう部分がドラマでは描かれてましたが

その「脳障害」というのもピンキリですからねぇ。





以前に何度かここで書いた事がありますが

うちの父親が5年くらい前に脳内出血で倒れ
脳に溜まった血腫を取り除いたのですが

血腫の出来た場所が言語中枢だったため
父親には障害が残りました。


うちの父親の場合

身体には障害はありませんでしたが

以前と比べて
記憶としては計算能力が幼稚園児以下で

漢字がほとんど読めないし

右と左が分からなくなったり

地図が読めなくなったり

家族の名前が言えなくなったり

5分以上の会話は自分が何を言ってるか分からなくなるし

また、父親には妹が二人いたんですが
その妹の名前はおろか、何人いたのかさえ
分かってませんでしたからね。


性格に関しては
ガサツな性格だったんですが

病気以降はすごく神経質で
服に毛玉がついてしまった瞬間にその服を着なくなったり

潔癖症になってしまったり



確実に以前の父親ではありませんでした。


そのため家族は皆、戸惑いました。



ドラマでは一瞬ですが
家族は生涯向き合わなければなりませんからねぇ ̄▽ ̄♪


それから脳の障害は大体半年で固定されるそうで
それから父親の障害を障害者として認定できるか
判断されるそうです。


ちなみに我が家は半年後
父親を精神障害者に認定してもらい、介護施設に入れました。


一緒に住む生活も試みたんですが
それは到底無理な話でした。

一緒にいたらこっちが精神障害者になりそうでしたので
まぁこういう結果にはなりましたが


父親にとっても家族にとっても
それで今が安定しております ̄▽ ̄ゞ






さて、ドラマとしてもうひとつのメインは
「医者」と「ほんとうの自分」




藤川は自分が担当した患者が
肺を損傷し、更に大量の血胸があり
藍沢の支援があり、懸命に出血を止めたものの

大血管の損傷もあり、藤川では既に処置のしようもなく
患者を死なせてしまった。


前回の患者を救った時の喜びと
褒められた嬉しさがふっとんでしまうような自分の無力さ



そして、もしかしたら
藍沢だったら救えたかもしれないと。



それから緋山の方でも
整形の後遺症により入院した患者の身体にシミらしきものが
出来ていたのをシミだと思っていたのだが

それが実は人食いバクテリアで
既に手のほどこしようがなく、患者は死んでしまった。



もし、自分がもっと早く気付いていたら



しかし、先輩医師達はこう答える。



「これは仕方がなかったんだ」


自分が自分で嫌になる。




それから緋山は患者には
もっと最善を尽くすべきだと思うものの
自分の病気と向き合う勇気がなかなか持てないでいる



そして白石はかつて恩師の腕を切断するきっかけを
つくった事から、少しでも頑張ろうと

以前は患者への告知も躊躇する甘さがあったのに
そういう動揺を見せないようにして

医者が考える最善の方向に患者を誘導していきます。


西条先生はそんな白石の行動を褒め

藍沢は「医者」らしかったよと語る訳ですが


ここで藍沢が言う「医者」と
白石が目指す「医者」

そして白石が歩んでいる「医者」では

全く意味が異なってきているように思います。



白石が歩んでいる「医者」は

冴島から見れば「温かみがない」という事であり

緋山から見れば患者のことを診てるふりして
自分が思うように患者を誘導する傲慢


その事に白石自身も感じているようなところが
ありますが、かつて自分が恩師を傷つけてしまった
過去があるため、その歩みを変える事が出来ないんでしょうね。




ともあれ、そういう自分も含めて

「ほんとうの自分」に向き合うと
とにかく嫌になってしまうんでしょうね。

なんて自分は惨めだって。

でも、そんな自分と向き合って

愕然として立ち止まるのか
とにかく一歩進んでいくのか

それも自分次第。

その一歩も前なのか後ろなのか
それすらも確かではないけれど

一歩を踏み出す。


そこに意味があるというか
自分が自分と向き合う事に
そして自分を認める事に繋がっていくという事なんでしょうね。



そういう点でいけば
このフェローの中では藤川は一番
自分の分をわきまえているのかもしれませんね。


普段から自意識過剰で
全然浮いてるのに気付いてないのかなと思いきや
どうも自分自身が他のフェローと比べて実力が劣っている事を
一番よく分かっているみたいですからね。

梶さんに橘先生から褒められた事を語った事からも
そのことがうかがえます。


実は意外に空気が読めてるキャラかもしれんです ̄▽ ̄


さて、次回はなんかドキドキする展開になりそうですが
藍沢と「山田一郎」との関係は結構ひっぱる事になりそうですね。

おそらく二人の関係は白石と彼女の父親と対比させるような
形になりそうな気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

2010年01月19日 23:09
夕べ、お邪魔したらメンテ中でした(; ;)

>このフェローの中では藤川は一番
自分の分をわきまえているのかもしれませんね。

あの自意識過剰さは、弱気を隠すためのような気もするんですよね。
わざと自分を大きく見せて居るんでしょう。
そこが、ウザかったりしちゃうんだけど^^;
あの藍沢が同期だって言うんだから、誰だって弱気にもなりますよね^^;

>二人の関係は白石と彼女の父親と対比させるような
形になりそうな気がします。

そもそも「山田」は何者なんでしょうね~。
藍沢の父親。。。だとしたらちょっと似てなさすぎ。。。^^;
これは最後まで引っ張るんでしょうか。
2010年01月20日 16:49
そうそう藤川が意外にも自分を知っていたので
今週は藤川をあんまりこき下ろせませんでした^^;
褒められて喜んだところに患者の死ですから
かわいそうでしたね。
でもこういうシーンを乗り越えて本当の医者になっていくのね。
藤川はいい医者になりそうです。
本当の自分と向き合えるかどうか・・
よくよく見てみたら
嫌悪したい部分ばかりがでてきて、
それでも一歩踏み出すことにした白石は
少し吹っ切れていたみたいでした・・。
緋山は早く治したほうがいいよね。
2010年01月20日 17:20
家族に病人が出るということは本当に大変です。
無理な介護をせずにお父様も幸せだったと思います。
無理が一番いけません。
その意味で、藤川は本当に自分を分かっていました。
自分を分かるって難しいと思うのですが、他のフェローは今後そこのところを成長させていくんでしょうね。
楽しみです。
ikasama4
2010年01月20日 21:24
くう様
すっかり告知するのを忘れておりました。
申し訳ございません<(_ _)>

>あの自意識過剰さは、弱気を隠すためのような気もするんですよね。
>わざと自分を大きく見せて居るんでしょう。
おそらく、そうだと思います。

自分の弱さを悟られたくないために
ああいう行動になっているとこも
あるんでしょうね。

>そもそも「山田」は何者なんでしょうね~。
>藍沢の父親。。。だとしたらちょっと似てなさすぎ。。。^^;
たしかに ̄▽ ̄

>これは最後まで引っ張るんでしょうか。
その可能性はスゴク高いような気がしますねぇ。
ikasama4
2010年01月20日 21:25
エリ様
今回は藤川の内面を中心に描いてましたからね。
外見の彼を見た限りでは
うっとうしいキャラでしかなかったのですが

彼の内面を知ると、今後、いつもの彼の姿を見ても
彼から受ける印象は変わってきそうですね。

一方、白石はどういう自分になろうとも
歩みを止める訳にはいかなかったのでしょうね。

それだけに緋山は早く
病気を完治させて欲しいですね。
ikasama4
2010年01月20日 21:25
芯様
親族の病気はいつも突然ですが
大変なのは親族の病気に家族がどう向き合うかって
トコロでしょうね。

これはとにかく四苦八苦&試行錯誤の中で
自分の逃げ道を探しながらどうにかするしかないって
トコロに落ち着くのかもしれません。

今回、一番藤川がフェローの中で
実力はともかく「医者」として安定感のあるように思えました。

>自分を分かるって難しいと思うのですが
年を取ってくとそういうのをつくづく実感します(; ̄∀ ̄)ゞ

次回も楽しみです。
キッド
2010年01月24日 08:16
lkasama4様、おはようございます。

体の病と心の病・・・二つのコード・ブルー。
この世界では医者も患者も
いつもピンチでございます。

業務連絡としてはいつもの場所に
参考資料です。

自宅コメントの方でもお知らせしましたが
http://kid-blog.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/hc_1c98.html
コチラです。

例によって消滅します。

実は藤川もなかなかに二枚目ですな。
それをすごく三枚目に見せる藍沢は
どんだけ二枚目なのかはかりしれません。

来週は身の毛もよだつスキーヤー三兄弟ですな。
季節ネタなのか・・・。
はたして過保護の白石家・・・
超放任の藍沢家となりますかどう・・・
楽しみでございます。

ikasama4
2010年01月24日 11:41
キッド様
こんにちはでございます。

医者も患者、そしてその家族は皆
同じように傷ついているんですね。

業務連絡ありがとうございます。
こちらの構図と共々検討して
いいロイドを完成させようと思います ̄▽ ̄ゝ

藤川と藍沢
男同士だからこそ語れる話でしょうかね。

最近はスキーする人達が
大分減ったと聞いていますが

次回の内容を見ると更にスキー人口が
減りそうなトコロがあります。

白石家と藍沢家
どちらも父親に対して確執が出てきそうな
匂いがするのでホント楽しみです ̄▽ ̄
2019年05月14日 07:32
continuously i used to read smaller posts that
also clear their motive, and that is also happening with this post which I am
reading now.
2019年06月05日 03:42
all the time i used to read smaller posts that as well clear their
motive, and that is also happening with this post which I am reading here.

この記事へのトラックバック