SPドラマ「坂の上の雲」 第5話

今回は色々と知らなかった事が多かったです。


清国との戦に勝利した日本軍が
遼東半島を手に入れたのですが

それを快く思わないロシアが
ドイツ、フランスと手を組んだ三国干渉により
遼東半島は清国に返還される事になり

また李氏朝鮮がロシアを支持した事で
日本軍が李氏朝鮮の王妃を暗殺するのですからね。

この部分に関しては日本を支持する朝鮮人が加担したとも
言われていますが、どんな真実があったにせよ

それによって、この作品では戦争に関しては慎重派だった
伊藤博文が朝鮮の地で暗殺されるという結果に繋がっていた。


そういう伏線があったという事なんでしょうね。



ちなみに李氏朝鮮の系統は続いているそうですが
現在はどちらが正統な系統者かで争いが起きているそうです(; ̄∀ ̄)





そして秋山真之はアメリカに留学して
そこでキューバを巡ってアメリカとスペインが戦争するのを
目撃するのですが、この経験が後の日露戦争の勝利に繋がってくる訳で

ひとつには戦に対する大義
戦争となるきっかけを作りアメリカ国民を怒らせ戦争へ煽っていく

それがアメリカの艦隊が
原因不明に事故により沈没するという事件で
これがスペインの仕業だと書き立てた事で
アメリカ国民の怒りはスペインに、そして戦争へと向かっていく。

更にそれが新聞社の売り上げにも繋がっていくという
国としての「利益」=国益と会社としての「利益」が一致していく訳ですね。


アフガニスタンの時もそうでしたが
今も昔もこのやり方は変わらないという事のようですね。



で、アメリカ軍は自軍の船をサンチャゴ湾に沈めて
無敵艦隊と呼ばれたスペイン艦隊をサンチャゴ湾内で閉じ込めるという
閉塞作戦を展開する訳なんですが

陸地にあったスペイン軍の砲台からの攻撃により
この作戦は失敗してしまうと。


この時、真之は何故この閉塞作戦が失敗したのかを
研究していく訳ですね。


水雷が船から見えていた事とか
沈めるための船からの乗組員の生還率が低い事とか

その後、スペイン艦隊は自国の帰還命令によって
戻ろうとしたところを待ち構えていたアメリカ軍によって
全滅させられる訳ですが、この時のスペイン艦隊の残骸を詳細に調査した事

これらの戦争によって得られた情報を基にして
研究・考察していった事が後の日露戦争で
旅順の閉塞作戦を行ったという事に繋がっていったという展開。

こうして見ると真之がこのタイミングで
アメリカに渡ったのは何かの運命めいたようなものを感じてしまいますね。


ですが、この時のアメリカとスペインの戦争を
ロシアの方も見ていた訳で

それがあの屈強なる旅順要塞へと変貌を遂げていったとも言えます。


そのため、このアメリカとスペインの戦争は
日本とロシアにとっては今後の両軍の戦いを考える上で
重要な雛形となっていったのですね。


こうした分析が勝敗を左右していくのでしょうね。


そして、この時の真之がまとめた戦争報告が
軍の上層部に彼の戦争能力として優秀さを印象付け
それが東郷平八郎の参謀になるという展開になっていったのでしょう。



それにしてもロシアは
皇帝と一握りの貴族が権力と富を独占して
その幹部候補生はほとんどが貴族出身で
指揮官達の間では規律が緩みまくっている国ではあるものの

その戦力は日本の約4倍


「力の裏付けを持たない外交は絵に描いた餅」

ロシアとの外交に負けたのは軍事力の面で圧倒的に劣っていたから

それがために日本も更なる軍備の拡張をしなければならないという



中国が年々軍事費を増やしていく中で
中国の外交の力が強まっていく。

一方で日本はアメリカとの基地移転問題で揺れに揺れと。

今も昔もこの状況は変わってはいない訳ですね。


一方で
「武器を背景にした外交など外交ではない。」

と、語る伊藤博文の言葉は強い信念を感じさせるものがありますが
それは相手が伊藤博文のような思想の人間であったらの話

相手が陸奥のような性格であったら
相当困難というか、絶対無理かもしれません(; ̄∀ ̄)


それにしてもこの時の日本の予算のうち32%が軍事費って
これだけでもスゴイのに

これが翌年には48%に増加って




これを今の日本で考えると
民主党が打ち出した国家予算92兆円のうち
40兆円以上が軍事費

という事は日本の今年の税収が大体37兆円なので
税収と借金で軍事費を支えているという事になるのですからね。

これは凄まじいものがあります。

というか、この時代の税金がどれくらい払わなければ
ならなかったのか、想像するとちょっと怖くなりそうです(; ̄∀ ̄)





それからアメリカの歴史

イギリス人が先住民を追いやっていった歴史

そのために先住民に金を与えて先住民同士を潰し合わせる

これをアメリカ人は『インディアンの清掃』と言ったらしい。


200年前
かつて180万人いたと言われたインディアンも
今では20万人たらず

そうしてインディアンはイギリス人に便利よく利用され
そうしてイギリス人はアメリカ人へとなっていった。


こういう悲しい過去を決して忘れてはならない。


「インディアンの敗北は決して他人事ではないのだから」

この言葉がとても重いですね。




そして、イギリスやアメリカは
インディアンに使ったやり方をアジアにも使おうとしている。


そこに日本がその手先となる事にいち早く手を挙げたという事ですかね。




それから今回結構出演シーンが多かった広瀬武夫さん。

すごくカッコよかったですね。

ダンスのシーンもさる事ながら
あの柔道のシーンもなかなかでした。

これがきっかけで広瀬武夫はロシアで柔道を教える事になったとか。

それにしてもあのロシアの絢爛豪華な内装

あれ、実際のロシアの王室が使っていた歴史ある建物の内部らしいですね。


あれはホント目を奪われますね。



あ、これは今回、新たに登場した八代さん












それから子規に関しては
自身の病が年々重くなっていく事で

わしは後どんぐらい生きられるかわからん

と自分の死が間近に迫っている事を感じると共に


文学者は早熟して早世すると

自分も偉大なる文学者になると公言するとことかは
如何にも子規らしいし

「ただ、わしがしてきた事を無駄にならんようにしたい」

と真之に思いを託す姿に
子規が精一杯生きようとする姿が見られます。

また、年を越した事に喜んでいるような感じもあるんですが
この病の苦しみが続く様子に何か素直に喜んでいるようにも
見えないその姿に

妹や妻が子規を見る視線がとても切なそうなのが印象的でした。




一方で戦争を見てない子規が
真之から戦争を目をランランと輝かせながら
聞いていたのは如何にも子規らしいものです ̄▽ ̄



ちなみに夏目さんは道後温泉が好きで通っていたみたいですが

どうも自分としては道後温泉の湯を夏目さんが好きだったというよりかは
道後温泉の近くにある風俗店が目当てだったとしか
私には思えないんですけどね(; ̄∀ ̄)ゞ




さて、続きは来年の12月という事で
とても楽しみではありますね。


それにしても日露戦争での奇跡を

後の日本は「食い散らかした」という表現は

最後のナレーションはなかなか皮肉が利いていました ̄▽ ̄b





それにしても来年の、しかも12月かぁ。

1年とはいえど何があるか分かりませんから
それまで長生きしないと; ̄▽ ̄ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年12月28日 00:20
>現在はどちらが正統な系統者かで争いが起きているそうです

ひぇ~。。。そうなんですか~。。。
李氏も様々な恐い歴史を抱える系図ですが、今だに争って
どうするんでしょ。。。^^;

豪華な映像は目に楽しく、役者さんの演技に笑わされたり
泣かされたりする良いドラマでした。。。
1年も先って。。。まさに鬼が笑う話^^;
ほんと、長生きしなくては~!

予告の龍馬さんを見て、ついつい「JIN」の龍馬さんと比較してしまう
自分がいたのでした。。。。。(^^;ゞ
2009年12月28日 09:50
ikasama4センセイ、こんにちは。

>今回は色々と知らなかった事が多かったです。

ワタシは知らないことだらけです!・・・勉強になりますね。

>それは相手が伊藤博文のような思想の人間であったらの話

そう!そうなんですよ。伊藤博文のいうことは尤もだし、正論なんですが
明らかに血を吐きながら説得する陸奥の方が説得力があるのが残念ですよね。
結局伊藤の最期は、って話ですよね?

>1年とはいえど何があるか分かりませんから
それまで長生きしないと; ̄▽ ̄ゞ

仰るとおりで。今年1年お世話になりました。来年も宜しくお願いいたしますね。どうか良いお年を!
ikasama4
2009年12月29日 00:12
くう様
李氏朝鮮は結構えぐい歴史がありますからね。

>李氏も様々な恐い歴史を抱える系図ですが、今だに争って
>どうするんでしょ。。。^^;
だから同じ過ちを何度も繰り返してしまうんでしょうね。

それにしても映像もさることながら
役者さんの演技にガッツリと引き込まれました。

今回は特に広瀬さんを演じた藤本隆宏さんがいいですね。

オリンピックの水泳選手として鍛えた身体美に
引退後は劇団四季の研究生として演技を学び
舞台俳優として活躍後、今回のテレビデビュー

これは素晴らしいですね。

>予告の龍馬さんを見て、ついつい「JIN」の龍馬さんと比較してしまう
これを何ヶ月で払拭出来るかでNHKのドラマの出来栄えが
分かるかもしれませんね。
ikasama4
2009年12月29日 00:13
なおみ様
こんばんはです。

いやぁ明治維新以降はあまり興味持ってなかったので
今更ながらにちょっと勉強です(; ̄∀ ̄)ゞ

そうですねぇ。
たしかに伊藤博文の言葉は正論ですが
正論が正論として通じないのが「政」ですからね。

なんにしても「正論」よりも「国益」が
優先される世界ですからね。

それだけに伊藤さんの最期が悲しくなります。


こちらこそ
そちらに遊びに行って色々とお世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。
それではよいお年を( ̄ー ̄)/~~
rino
2009年12月29日 14:37
こんにちは。
見ごたえありましたね~。
中学や高校の日本史の授業で、ついつい飛ばし気味にされがちな明治以降の歴史がわかりやすく描かれていて、近代史を学ぶ際の補助教材に採用する先生もいるのでは? と思っています。
1つのエピにも何箇所ものロケ地で1シーン1シーン、時間とお金をふんだんに使って撮影しているそうですが、一本筋の通ったしっかりした原作、知識とエピソード作りに秀でたスタッフ(宮尾登美子さんとか関川夏央さんたちが参加されてますよね)、各分野ごとにスペシャリストを擁した歴史考証、そして知名度だけでなく演技力と存在感、オーラを備えた役者さんたちを揃えたら、ここまで見ごたえのあるドラマができ、贅沢にも自宅で好きな格好しながら見ることができるのだと思えば、NHKの受信料も安いものです(11月までは受信料返せ!って気分でした)。

個人的には遼東半島を「りゃおとんはんとう」と呼んで育ったので、「りょうとうはんとう」と言われると違和感があるのですが、どちらも正解ですしf(^^;

ところで、広瀬さんがロシアで親しくなった貴族の女性、どこかで見た顔だなーと思ったら、田畑智子さんに似ていると思うのですが、わたしだけでしょうか?
もちろん、西洋人と東洋人で彫りの深さとかは違うのですが、眼差しなどすごく似ているように思うのですが。

続きが1年後(正確には11ヶ月後)なのが寂しいですが、「龍馬伝」、見直したNHKのままでいて欲しいものです。
それでは来年もレビューとイラストを楽しみにしています。
よいお年をお迎え下さい。
キッド
2009年12月31日 07:42
ikasama4様、こんばんは。
前回も子規の従軍記者場面の
捏造もそうでしたが
今回は
閔妃暗殺事件の一方的な解釈による
唐突な挿入。
日清戦争後についてはもっと
語ることは原作的にもたくさんあるのに
なぜ・・・それを・・・。
今回のドラマの中に思想的に偏向した人が
潜んでいるという妄想が充分に駆り立てられる展開です。
せっかくの美しいドラマを
薄汚くして・・・何の得があるのか・・・。
工作員の活動おそるべしです。
ikasama4
2009年12月31日 16:20
rino様
こんばんはです。
意外にこの辺の時代の歴史って飛ばし気味ですよね。

それもこれも戦争に触れるという事自体
教育者が避けようとしていたトコロがあるのかもしれません。

お金の使い方もどこぞの大河みたいに
無駄遣いしていないのがいいですね。

丁寧に脚本とか演出とかも作られているのが
よく分かります。

うちのおじいちゃんとか年配の方は
遼東半島を「りゃおとんはんとう」と呼んでたので
私もどちらかというと「りゃおとんはんとう」派です
 ̄▽ ̄

秋山さんもそうですが、全体的に
顔のホリが深いというか、ちょっと西洋的な
雰囲気がするのが、なんか本木さんや阿部さん達と
似てる感じがします。

続きは1年後という事でそれまでに
色々と勉強しておくのがいいかもしれませんね。

>それでは来年もレビューとイラストを楽しみにしています。
ちょっとプレッシャー(; ̄∀ ̄)

それでは、よいお年を ̄▽ ̄
ikasama4
2009年12月31日 16:21
キッド様
こんばんはです。
日清戦争以降は年表を覚える程度で
あまり学校で習った記憶がないんですが

どうも、今回の作品は仰る通り
知らないのをいい事に某国に配慮したかのような
一方的な解釈が展開されていたようにも思います。

こっちが知らないのをいい事に
某国の都合のいいようにこちらを洗脳して
「大義」はこちらにあるとでもいうかのような。

まぁ反日の方や社会党の方であれば
そう信じて疑わないのでしょうけど

ホント、恐るべしです。
通行人
2010年11月23日 18:59
1年も前の記事にいまさら恐縮ですが、当方なにぶん明治の知識が無いもので、ご教授願います。
道後温泉はもちろん古くから有名な場所ではあったんだろうけど、漱石の「坊ちゃん」以前にも、日本中の誰もが知っているような全国区の観光地で、風俗店が林立してたんでしょうか?
ikasama4
2010年11月24日 23:41
通行人様
答えになっているかどうかは分かりませんが
古来より旅の宿ではそういう風俗店に近い店が必ずあったようです

古くからは巫女とかがそういう立場に近い行動をされてたり
また、旅の宿には飯盛り女がそういう立場にあったといわれています

つまりは宿の収益をあげるために
客引きのためにそういうことがされてたとも言われてます

江戸時代から、幾つかの藩では風俗街が整備されてきたようです
それは風俗街が藩にとって収益になると考えてのことでしょうから

古来より観光地とその観光地に向かって
経由する土地を往来する旅人や商人を目当てに
旅籠や酒屋が店を構え、それにともなって
そういう店が出来ることで旅人や商人をその地に
長く滞在させようとしたことで風俗店のようなものが
出来てきたといったところでしょうか。

この記事へのトラックバック

  • 坂の上の雲 第5回「留学生」

    Excerpt: 今年最後の坂の上の雲となりました。次回は約1年も先になってしまうのでしっかりと覚えておこうとひとつひとつの場面を目に焼き付けるように見ることにします。日清戦争以降の明治、大正、昭和と続く近代史では、人.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-12-27 23:39
  • 【坂の上の雲】第5話感想と視聴率

    Excerpt: 年末なので、第5話の視聴率は、いつ追加できるか分かりません。早ければ、12/28(月)の夜、休みだと、年明けになるかもしれません。ご了承ください。尚、第2部の6~9話は、2010年12月に放送予定だそ.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2009-12-27 23:48
  • 坂の上の雲 第1部最終回「留学生」

    Excerpt:  さて皆様、5週にわたって見てまいりました「坂・雲」もいよいよ今年の分は最終回、ってことなんですが、早かったですね~。ホントあっという間でした。第1話をみて、長いこと待った期待以上の素晴らしさに興奮し.. Weblog: 遊人庵大河塾 racked: 2009-12-28 00:11
  • 【坂の上の雲】第五回

    Excerpt: 従軍記者として清国入りした帰国の途、再び喀血した子規は、松山に帰り小康を得た。戦場から帰国した真之は、松山に子規を見舞う。じゅんさんの武勇伝を聞かせてくれ。と迫る子規に真之は、自分の命令で可愛がってい.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-12-28 00:12
  • 坂の上の雲 第1部-5「留学生」

    Excerpt: 坂の上の雲 第1部―NHKスペシャルドラマ・ガイド (教養・文化シリーズ)日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 先週もちゃんと見たんですけどね、レビューを書くには・・・付いて行けませんでした(苦笑.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2009-12-28 00:20
  • 坂の上の雲 留学生

    Excerpt: 従軍記者の仕事を終え、病状が悪化しつつ帰国した子規は松山に戻ることになり、 そこには、なんと英語教師になった夏目漱石がいました。子規と一緒に下宿 ここでの経験をもとに、のちに名作「坊ちゃん」を書く.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-12-28 08:42
  • 坂の上の雲5 今週のMVPはロシア貴族のボリス君に決定?

    Excerpt: 今日が今年最後のドラマ鑑賞です。 一年間お疲れ様でした。 と言う思いで観てたけど 半分くらいは 字 幕 しかもその字幕けっこうでかい字なのだ。 やはり中高年層を意識してるのかして.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-12-28 21:00
  • 広瀬武夫 アリアズナ

    Excerpt: 広瀬武夫..... 軍神広瀬武夫の生涯..... SPドラマ「坂の上の雲」 第5話 手を挙げたという事ですかね。それから今回結構出演シーンが多かった広瀬武夫さん。すごくカッコよかったですね。ダン.. Weblog: アイスクリン強し racked: 2009-12-29 09:06
  • 広瀬武夫 Wiki

    Excerpt: 「坂の上の雲」第5話 原作もそうなのかな? ... 真之の親友・広瀬武夫(藤本隆宏)は将来の日露の衝突を予見し、ロシアへの留学を希望する。出発を前に見舞いにきた真之に、子規は命がけで俳句を作ると決意.. Weblog: ちょいガキオヤジのニュース速報 racked: 2009-12-30 15:09
  • シッカロール

    Excerpt: 広瀬武夫..... 軍神広瀬武夫の生涯..... SPドラマ「坂の上の雲」 第5話手を挙げたという事ですかね。それから今回結構出演シーンが多かった広瀬武夫さん。すごくカッコよかったですね。ダンスのシー.. Weblog: i2 racked: 2009-12-31 21:16
  • 広瀬武夫 帽子

    Excerpt: 広瀬武夫 - 何でもランキング 「広瀬武夫」の検索結果.(続きを読む) SPドラマ「坂の上の雲」 第5話 渡る世間は愚痴ばかり/ウェブリブログ 広瀬武夫..... 軍神広瀬武夫の生涯..... .. Weblog: 気合!最新情報 racked: 2010-01-01 14:10